中区・西区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS㉞ イオンモールが運営主体に 市、YWPの所有株を売却

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
新港地区の横浜ワールドポーターズ
新港地区の横浜ワールドポーターズ

 10月末に客船ターミナルを核とした新たな施設「横浜ハンマーヘッド」がオープン、それに伴い桜木町駅と同施設を結ぶバス路線が新設されるなど注目を集めている新港地区。この地の「街開き」と共に誕生したのが開業20周年を迎えた大型商業施設「横浜ワールドポーターズ(YWP)」だ。

 今年8月、YWPを運営する(株)横浜インポートマートの株式をイオンモール(株)=千葉市=が取得し、筆頭株主となった。

 そもそも横浜インポートマートは、輸入促進を目的とした国の特措法を受けて横浜市や神奈川県などの行政機関や地元経済界等の共同出資により95年に設立された会社。市が筆頭株主(持株比率約40%)で市の外郭団体だった。

 施設の延床面積は約10万平方メートルを誇り、衣類や雑貨などのショップが約100店、飲食店約40店、映画館は8スクリーンを持ち、駐車場は1千台の規模で幅広い世代に利用されてきた。

魅力アップに期待

 このほど市は行政改革の一環として民間主体の経営に移行することを決め、全株式をイオンモールに売却。同社は今回の株式取得について、重要施策である「都市部における成長機会の獲得」の一環と説明している。今後はイオングループのスケールメリットなどを活かし、商業施設としてさらなる魅力や利便性などの向上が期待される。

 YWP開業当初から運営に携わってきたスタッフは「これからも『期待感』を持って『来たい館』であり続けたい」と話している。
 

中区・西区版のコラム最新6

交通事故防止へ講習

交通事故防止へ講習

置田運輸株式会社

11月26日号

MYCAL本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 39

MYCAL本牧

11月26日号

キャップ集め社会貢献

キャップ集め社会貢献 社会

エコキャップ推進協会

11月19日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

社食通じて意識啓発

社食通じて意識啓発

横浜銀行本店

11月12日号

「音楽の街・横浜の一員に」

トップインタビュー

「音楽の街・横浜の一員に」

ぴあ株式会社 アリーナ事業創造部 鈴木悠太部長 

11月5日号

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク