中区・西区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS㊲ 人材交流で技術革新へ 横浜ガジェットまつりに6千人

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
大手×ベンチャーのトークセッションの様子
大手×ベンチャーのトークセッションの様子

 富士ゼロックス(株)をはじめとしたみなとみらい21(MM)地区の企業9社と横浜市がこのほど、「横浜ガジェットまつり2019」をみなとみらい駅周辺と新高島駅周辺の合わせて9会場で開いた。今年で5回目となるが、約20のトークイベント・ワークショップや約100のブースが出展するなど、過去最大規模で開催。来場者数も約6000人が来場し最多となった。

 横浜市は企業や大学などの連携により、街全体でイノベーション人材の交流やビジネスの創出などに挑戦する「イノベーション都市・横浜」を今年1月に宣言。同宣言に即した取り組みを「YOXO(よくぞ)」と名付け、人材交流を促進している。

「YOXO」の象徴

 MM地区は、開発が9割進みグローバル企業の研究開発拠点が集積している。一方で関内地区は、ベンチャー企業やスタートアップ企業が集まっている状況だ。同まつりは、その両者の人材と学生、市民が一同に集まり「目新しいツール」という意味を持つ「ガジェット」をテーマに交流を図るもの。市経済局の高木秀昭新産業創造課長は「人材の交流を促すガジェットまつりは、まさにYOXOの象徴的なイベントです」と話す。

 同まつりの一環で10月25日には、資生堂の研究施設「S/PARK」を会場に大手企業のエンジニアなどとスタートアップ企業家が登壇し、新規事業について語り合う企画を実施。AI(人工知能)や身の回りのモノがネットに繋がるIoTを活用した新商品などについて、意見を交わし、事業のヒントを共有した。また訪れた人は、ドローンやプログラミングなど企業が開発した最先端技術を体験した。
 

中区・西区版のコラム最新6

交通事故防止へ講習

交通事故防止へ講習

置田運輸株式会社

11月26日号

MYCAL本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 39

MYCAL本牧

11月26日号

キャップ集め社会貢献

キャップ集め社会貢献 社会

エコキャップ推進協会

11月19日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

社食通じて意識啓発

社食通じて意識啓発

横浜銀行本店

11月12日号

「音楽の街・横浜の一員に」

トップインタビュー

「音楽の街・横浜の一員に」

ぴあ株式会社 アリーナ事業創造部 鈴木悠太部長 

11月5日号

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク