中区・西区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

社食通じて意識啓発 横浜銀行本店

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena

 横浜銀行本店=西区みなとみらい=は、SDGs達成に向けた取り組みの一つとして社員食堂でサステナブル・シーフードのメニューを取り入れている。10月27日にはスケソウダラ100%のミンチを使ったキーマカレーを提供した。

 同シーフードとは「環境への影響を最小限にして育てられた養殖の水産物」と「水産資源や環境に配慮して獲られた天然の水産物」のことを指す。それぞれ水産養殖管理協議会(ASC)と海洋管理協議会(MSC)の認証が必要になる。

 横浜銀行は、行員にSDGsの達成を身近に感じてほしいと食堂を運営するグリーンホスピタリティフードサービス(株)の協力で昨年9月から月に2回、同シーフードのメニューを提供。毎回60食ほど注文があるという。同社の高橋秀徳所長は「このシーフードは、まだまだ浸透していない。継続していくことでこのメニューを選ぶ人が増えることを願っています」と話す。サステナブル・シーフードを使ったメニューを選んだ行員は「提供日には必ず食べています。スーパーでも探すようになりました。少し割高ですが、大切な取り組みなので値段でははかれないことだと思います」と話した。
 

中区・西区版のコラム最新6

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【3】

横浜とシュウマイと私 社会

「中華街は多様でシュウマイ」

4月22日号

『三溪園 文化財の修繕と費用』

本牧 気まぐれ歴史散歩 44

『三溪園 文化財の修繕と費用』

4月15日号

「みなとみらいの 発展と共に30年」

トップインタビュー

「みなとみらいの 発展と共に30年」

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル谷口 高広 総支配人

4月15日号

教育にAIロボ活用

教育にAIロボ活用

本牧南小学校

3月25日号

『小林一三と原富太郎』

本牧 気まぐれ歴史散歩 43

『小林一三と原富太郎』

3月25日号

街と若者で新たな価値を

街と若者で新たな価値を

NPO法人アクションポート横浜

3月25日号

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter