中区・西区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

地元書家高木三甫作 万葉集を一般公開 伊勢山皇大神宮奉納前に

文化

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
万葉集を広げて見せるゴールデン文具の平出会長
万葉集を広げて見せるゴールデン文具の平出会長

 横浜の書家、高木三甫(さんぽ)(本名・勝郎/1904〜1990年)が書き上げた『万葉集』全20巻がこのほど、伊勢山皇大神宮の創建150年記念事業の一環として奉納されることになった。4月22日から29日まで桜木町で開かれる遺墨展で、奉納前に一般公開される。

 三甫は中区花咲町で、耳鼻科医院の五男として生まれる。老松小、横浜商業卒、早稲田大学中退。父の勧めで書の道へ。吉田苞竹、鈴木梅渓に師事した。徐々に展覧会のあり方に疑問を持ち、中央展には出品せず、書壇とは距離を置いていた。1955年頃西区平沼に移り、書道塾で子どもたちに習字を教えながら個展を開催。一方、詩人の加島祥造らと結成した書画の会「有路会」や、武者小路実篤、小川千甕、松永耳庵、会津八一、小林勇など幅広い文人たちと交流を深めたという。

「偉業」の作品

 万葉集に詠まれた人間の心情を書くことによってもう一度読み直したいという思いから、5年の歳月をかけ73年に69歳で書き上げた。万葉集の約4500首を、原文の万葉仮名(漢字)とかな交じりの書き下し文の2通り書いているため歌の数は2倍。それだけでも大変な作業だが、染色や金箔を施した料紙も自作し、巻物にするまで全て一人で仕上げたまさに「偉業」といえる作品だ。料紙の技術はホテルオークラ東京の大壁画などを手がけた縣治朗から学んだ。

時を経て縁の神社へ

 長男の祥一さん=保土ケ谷区在住=によると、以前から万葉集の譲渡先を探していたが見つからず、今年に入り姉弟3人で話し合って県内有数の書道用品専門店であるゴールデン文具=中区=に持ち込んだところ、同社の平出揚治会長から伊勢山皇大神宮への奉納を提案されたという。実は祥一さんは九段の棋士。碁を通じて長年親交のある堀尾伸一さんが伊勢山皇大神宮の奉賛会の会長を務めていたこともあり、話が一気に進んだ。

 さらに境内にある万葉歌碑を揮毫した犬養孝と三甫に交流があったこと、万葉集が出典元となった「令和」の時代に同神宮創建150年での寄贈が決まり、関係者は「深い縁を感じる」と口を揃える。

最後の一般公開

 高木三甫遺墨展は、桜木町ぴおシティ3階のゴールデンギャラリーで開催。これまで万葉集が公開されたのは、完成後と86歳の没後に行われた2回のみで、今回の展示は30年ぶり。おそらく最後の一般公開になるという。「肩肘張らず、奇をてらわず、素朴な中に本質極めた練磨の書。心和む作品が多い」と平出さん。会場ではほかの書画作品や原三溪の睡猫硯、武者小路実篤の書など文人書家の貴重な品が多数展示される予定だ。入場無料。午前10時(初日は10時30分)から午後6時(最終日は5時)まで。(問)ゴールデン文具【電話】︎045・201・7118
 

高木三甫(親族提供)
高木三甫(親族提供)
全20巻を書き写しただけでなく、金銀などを施した料紙や装丁も自ら手がけた
全20巻を書き写しただけでなく、金銀などを施した料紙や装丁も自ら手がけた

中区・西区版のトップニュース最新6

「アロハカフェ」が復活

日本初のカフェバー

「アロハカフェ」が復活 文化

創業地・本牧への思い込め

5月13日号

西区の千葉さん 県代表に

西区の千葉さん 県代表に 社会

大会でミス・ユニバース選出

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter