中区・西区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 45 『鉄道ファンが集まる神奈川臨海鉄道本牧線』

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
横浜本牧駅で大切に保管されているC56 139号機
横浜本牧駅で大切に保管されているC56 139号機

 日本が昭和30年代に高度経済成長を遂げ、京浜工業地帯での工業製品の需要がますます高まると、原料や生産された商品を全国や海外との間でより安定して流通させるために、当時の国鉄の路線と横浜・川崎臨海部を結ぶ鉄道の敷設が求められました。

 昭和38(1963)年に誕生した神奈川臨海鉄道は、翌年から営業を開始し、各地に大量の貨物を輸送して、日本の物流と経済を支えていきました。昭和40年代になると、本牧の埋立地にもたくさんの工場が作られたことから、昭和44(1969)年には神奈川臨海鉄道本牧線も誕生しました。船舶輸送が20フィート・40フィートのコンテナを使ったものが主となり、船から直接コンテナをトレーラーに積んで陸送できるようになると、鉄道貨物の需要も減少しましたが、本牧線は今も健在で、本牧と日本各地・世界各国を結んでいます。

 本牧線では、ディーゼル機関車に牽引された新型の車両が走っていることがあります。各地の車両工場で造られた車両が鉄道を使って横浜本牧駅まで運ばれ、トレーラーで首都圏の車両基地まで運ばれています。その情報を入手して本牧線沿いで撮影している鉄道ファンもかなりいるようです。また、横浜本牧駅には蒸気機関車C56 139号機も保管されておりますが、残念ながら一般公開はされておりません。運が良ければ見られるかも!?

 次回は、線路沿いを小学校の方へ歩いていこうと思います。(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

『震災と根岸の赤十字病院』

本牧 気まぐれ歴史散歩 50

『震災と根岸の赤十字病院』

10月21日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【8】

横浜とシュウマイと私

「横浜発・シウマイで街おこし」

9月30日号

「パン屋の課題を業界全体で解決」

トップインタビュー

「パン屋の課題を業界全体で解決」

株式会社ハットコネクト(中区海岸通)中島 慶 代表取締役

9月16日号

『本牧の文豪 山本周五郎』

本牧 気まぐれ歴史散歩 49

『本牧の文豪 山本周五郎』

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

8月26日号

『間門と根岸 地名のお話』

本牧 気まぐれ歴史散歩 48

『間門と根岸 地名のお話』

8月19日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook