中区・西区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

市内ファミマ33店舗 シトラスリボン運動に協力 コロナ禍の差別防止に

社会

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena
同リボン運動を広げる同団体の青木代表(右)と協力するファミマ社員
同リボン運動を広げる同団体の青木代表(右)と協力するファミマ社員

 リボンを身に付け新型コロナウイルス感染症による差別や偏見をなくそうと呼びかけるシトラスリボン運動。西区、中区、磯子区内にあるコンビニエンスストア・ファミリーマート33店舗が現在、同運動に賛同しスタッフが同リボンを身につけ、店頭でも配布することで協力している。

 シトラスリボンは、愛媛県から始まった取り組みでリボンの3つの輪には、学校・家庭・地域の結びつきを深める意味が込められている。

エリア責任者が共感

 呼びかけたのは、滝頭小学校=磯子区=の学校関係者らが中心となり活動する「シトラスリボンfrom横浜」。

 このリボンを地域に広げようと同団体が呼びかけを行うなかで今年3月、磯子区内のファミリマートにも依頼。この店舗を含め、横浜中央エリアを担当する同社の田中紳也さんが「妻が医療従事者として、コロナ過で闘っている。差別や偏見を身近で感じるなかでシトラスリボンの運動は大切なことだと思った」と取り組みに共感し社内で調整。西区、中区、磯子区の3エリアのなかで33店舗の協力に繋がった。

レジ前で千個以上

 協力している33店舗では、レジの前に紹介文とともに同リボンが置かれており、自由に持ち帰ることができる。3月〜5月にかけて千個以上配布した。この運動に協力ししているファミリマート本牧大里町店店長・竹野亮さんは「シトラスリボンの話を聞き、大切な取り組みだと思った」と話し「コロナ禍に入ってから『地域の冷蔵庫』として多くの方々に利用いただいているので、この取り組みも更に発信できれば」と話す。

 同団体の代表・青木美佳さんは「地域に身近なコンビニに協力いただけるのはとても心強い。これからもシトラスリボンを広めていきたい」と意気込みを話した。
 

レジ前に置かれているシトラスリボン
レジ前に置かれているシトラスリボン

中区・西区版のローカルニュース最新6

詐欺防止に感謝状

横浜中郵便局

詐欺防止に感謝状 社会

100万円の家賃に待った

1月20日号

中学生が公演制作に

MMホール

中学生が公演制作に 社会

5月の本番へ 活動開始

1月20日号

「ひょうちゃんルーム」登場

ホテルアソシア新横浜

「ひょうちゃんルーム」登場 社会

崎陽軒初 期間限定コラボ

1月20日号

東儀秀樹コンサート

チケット販売中

東儀秀樹コンサート 文化

タウンニュースホール

1月20日号

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

12校にレモン植樹へ

新設NPO

12校にレモン植樹へ 社会

観光資源の開発一助に

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook