中区・西区版 掲載号:2022年2月24日号 エリアトップへ

【Web限定記事】産業カウンセラー協会 防災備蓄品を大学に寄付 中区の学生ベンチャーに依頼

経済

掲載号:2022年2月24日号

  • LINE
  • hatena
寄付する備蓄品を(株)ストックベースの関代表に手渡すカウンセラー協会の職員(右)
寄付する備蓄品を(株)ストックベースの関代表に手渡すカウンセラー協会の職員(右)

 (一社)日本産業カウンセラー協会神奈川支部(桐谷佳男支部長)は、桜木町の事務所に備蓄されていた災害時用の飲料水や食料を都内などにキャンパスを持つ大学の研究室に寄付した。横浜市立大学に在籍する学生2人が昨年立ち上げた(株)ストックベース=中区相生町=に依頼することで実現した。

 2月17日には、カウンセラー協会に同社代表取締役の関芳実さん(21)と取締役の菊原美里さん(22)が訪れ、協会の職員に感謝の意を伝えた。

 今回寄付されたのは2リットルの飲料水が60本と災害用のドライカレー100食、五目御飯50食、白飯50食の計200食。カウンセラー養成を担う同協会には、講座受講者が最大で約100人集うこともあり、以前から災害備蓄品を整備してきた。一方で消費期限などの関係から定期的に入れ替えが必要になる中で、その処分に苦慮していた。そのような中、同協会とつながりのある企業の社内報で、備蓄品の寄付希望者と受け入れ希望者のマッチングを行うストックベースを知り、依頼することになった。

 同社の関代表によると、備蓄品の受け入れ需要は高いという。寄付の依頼があると、量にもよるが2、3日で受け入れ先が決まる状態だ。今回は大学の研究室が寄付先となったが、研究で夜遅くになる学生の夜食として、また貧困学生の支援などに活用される予定だ。

 カウンセラー協会では「入れ替えなければならない備蓄品が少しでも社会貢献になるならば活用して欲しい」と話していた。

寄付された飲料水や非常食
寄付された飲料水や非常食

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

横浜スカーフの魅力発信

横浜スカーフの魅力発信 社会

10日間で1600人が来場

5月12日号

市スポーツ栄誉賞に2人

市スポーツ栄誉賞に2人 スポーツ

鍵山・高木両選手が受賞

5月12日号

高齢期の安心に講座

戸部本町地域ケアプラ

高齢期の安心に講座 社会

5月23日、行政書士が講師

5月12日号

平和祈る「百万本のバラ」

平和祈る「百万本のバラ」 文化

加藤登紀子さんコンサート

5月12日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月12日号

「自然と遊ぼう」

ボーイスカウト横浜第34団

「自然と遊ぼう」 教育

5月29日、根岸森林公園で

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook