神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2023年11月30日 エリアトップへ

伊勢山皇大神宮 横浜の総鎮守で「新嘗祭」 五穀豊穣に感謝

文化

公開:2023年11月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
▲本殿前で奉納された神楽「浦安の舞」
▲本殿前で奉納された神楽「浦安の舞」

 横浜の総鎮守として知られる伊勢山皇大神宮=西区宮崎町=で11月23日、新穀の収穫に感謝する「新嘗祭」が行われた。同神宮の崇敬者ら約160人が参列した。

 新嘗祭は、米などの新穀を神前に供え、その年の収穫に感謝する祭り。五穀豊穣を祈る2月の「祈年祭」と対になる重要な祭典として、全国各地の神社などで同日に行われている日本古来の伝統行事。

 神事では、参列者を代表して崇敬会会長の神田信男さんが初穂を納めた。その後、阿久津裕司宮司が本殿前で祭神に祝詞を奏上(そうじょう)し、巫女による神楽「浦安の舞」が披露された。終盤には設けられた祭壇に参列者全員が玉串を奉納していた。

 祭典後、阿久津宮司はあいさつのなかで、ウクライナやパレスチナ・ガザ地区に触れ「五穀豊穣に感謝し、安心して食事ができることはありがたい」と改めて平和の大切さを訴えていた。

 同神宮は2020年に創建150周年を迎えた。今年8月には、本殿に向かって左側にある杵築宮(きづきのみや)の新社殿を建立。杵築宮には、野毛の氏神である「子之大神(ねのおおかみ)」も祭られている。

▶参列した崇敬者たち
▶参列した崇敬者たち

中区・西区版のローカルニュース最新6

子育て世代見守る地域を

にこまちプラン

子育て世代見守る地域を

関係者ら登壇し議論

2月22日

SDGsを自分ごとに

MM駅構内

SDGsを自分ごとに

「文化祭」活動紹介の配信も

2月22日

西RCがランドセル寄贈

西RCがランドセル寄贈

ひとり親家庭を支援

2月22日

飛躍願い集う

飛躍願い集う

各団体の新年会 vol・4

2月22日

バスケの試合に招待

横浜EX

バスケの試合に招待

2月23・24日は「西区民デー」

2月22日

昭和のヒーロー足跡たどる

アントニオ猪木展

昭和のヒーロー足跡たどる

マークイズで2月25日まで

2月22日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook