保土ケ谷区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

県菓子工業組合 端午の節句に新たな提案 「男のかしわ餅」を開発

文化

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
男のかしわ餅
男のかしわ餅

 神奈川県菓子工業組合(北條正明理事長)がこのほど、端午の節句(こどもの日)に向けて「男のかしわ餅」を発表した。

 これは、同組合が神奈川県独自の伝統を作っていこうと仕掛けたもの。県内全域で、4月26日から5月6日まで発売するという。期間中、同組合に加盟する約400店舗で発売する。

 「男のかしわ餅」は、白い餅で男の子の無垢で純白な肉体を、赤いイチゴで将来に向け熱く燃える心を表現した。

 同企画を進めた北條理事長(区内・千丸台商店街)は「男の子の節句には『男のかしわ餅』という文化を定着させたい。これを機に、伝統行事と和菓子の関係性も知ってもらえれば」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook