保土ケ谷区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

全国初の誇り胸に 横浜レンジャーが50周年 人命救助の最前線で活動

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
東日本大震災での救助活動
東日本大震災での救助活動

 横浜市消防局には、消防隊と救急隊のほか、事故や災害時の人命救助を専門とする救助隊がある。今ではどの自治体にもある救助隊だが、50年前に全国に先駆けて発足したのは横浜市だった。

 昭和30年代は高度経済成長期であり、間近に迫った東京オリンピックに向け、インフラ整備が急速に進められた。その半面、災害は多様化し増加傾向にあり、人命救助の技術も必要に。そこで消防局は、米軍で使われていた最新機材を導入し、1963年には10人の職員が陸上自衛隊富士学校滝が原駐屯地レンジャー教育隊に1週間入校し、人命救助の知識と技術を学んだ。一般的な救助隊がレスキュー隊と言われているのに対し、横浜市が「レンジャー」と呼んでいるのはそこに由来がある。翌年22人の職員で全国初の救助隊が誕生した。

 現在は、保土ケ谷の西谷特別救助隊をはじめ18区すべてに配置し、322人が所属している。また、複雑化する災害に対応するため2009年には特別高度救助部隊が編成された。

不撓不屈の精神

 「どんな困難な場面でも屈しないレンジャー精神は、先輩たちから受けついできたもの。これを大切に受けついでいきたい」と話すのは、特別高度救助部隊の佐久間栄吉担当係長。また、激しい気象の変化による大規模災害、戦後に整備されたインフラの老朽化など、時代の変化に対応した技術の必要性も唱える。「救助隊を発足させたときは、試行錯誤の連続で、知恵と勇気を振り絞って乗り越えたはず。時代に伴って災害も変化するが、新たな分野にも果敢に挑戦していきたい」と思いを語った。

50周年ブースも

 9月20日(土)に沢渡中央公園と横浜市民防災センターで開催される「2014消防フェア」では、救助隊発足50周年記念ブースを設置。レンジャー体験や音楽隊の演奏なども企画されている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

下平監督が来期も指揮

「J1定着を目指す」 横浜FC

下平監督が来期も指揮 スポーツ

12月5日号

お掃除サンタ募集

お掃除サンタ募集 社会

きょうまで受付中

12月5日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

推進目指し独自開発

12月5日号

サウナ室でレコーディング

満天の湯

サウナ室でレコーディング 社会

お風呂アイドル「OFR48」

12月5日号

交番を身近に

交番を身近に 社会

イオンで啓発

12月5日号

「ひとつのプレーを全力で」

「ひとつのプレーを全力で」 スポーツ

桐蔭高・森選手が入団会見

12月5日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク