保土ケ谷区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

区内在住八幡さん 「横浜シネマリン」を復活 経営権買い取り、再興へ

文化

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena
同館入口に立つ八幡オーナー(左)と西村さん
同館入口に立つ八幡オーナー(左)と西村さん

 60年間の歴史に幕を閉じようとしていたミニシアター「横浜シネマリン」(中区長者町6)が12月12日に再オープンを迎えた。映画をこよなく愛し、「横浜の映画文化を継承したい」とオーナーとなった区内・峰沢町在住の八幡温子さん(58)=人物風土記で紹介=が、自費で同館の再生を手がけた。

 横浜シネマリンは1954年に「花月映画劇場」として開館。1964年に「イセザキシネマ座」、オーナー変更などを経て1989年に今の名称に。「シネコン」などの台頭による経営不振で、今年3月に休館したまま、閉館の窮地に追い込まれていた。

 八幡さんは、横浜の映画サークル「横浜キネマ倶楽部」に所属。「横浜に映画ファンの思いが反映される映画館をつくる」ことを目標に活動していたところ、同館の話が舞い込んできた。閉館まで猶予がなく、倶楽部として引き受けることは困難と判断し、「個人で買い取ることを即答した」という。

 同館周辺はかつて「映画の街」といわれ、十数件の映画館が点在していたが、今は「ジャック&ベティ」や「横浜ニューテアトル」などを残すのみ。「再オープンを地元の人がとても喜んでくれて嬉しかった。映画を上映するだけでなく、地域を巻き込みながらイセザキの魅力とともに発信していきたい」と話す。

劇場も改装

 再開にあたり、老朽化していた劇場内装のリノベーション工事を行った。ゆったりと快適な時間を過ごせるようにと165席から102席まで座席数を減らし、以前より2回り大きいスクリーンを設置。さらにモノラルスピーカーからドルビーサラウンド5.1を導入し、女性トイレも増やした。

 番組編成の西村協さんは「昭和の香りが残る作品や横浜が舞台の作品など、地域性を出した映画も編成できたら」と意気込む。従来は全国ヒットした旧作を上映することが多かったが、今後は八幡さん自身が好きなドキュメンタリーやテーマ性のある作品のほか、女性の生き方を描いたものなど女性オーナーならでは視点で作品も上映していきたいと話している。

 12日のプレオープンイベントでは小津安二郎監督のサイレント映画「青春の夢いまいづこ」を柳下美恵さんのピアノ伴奏付きで上映。100人以上動員するなど、早速人気を博している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「孤立防止」に力点

区地域福祉保健計画

「孤立防止」に力点 社会

ポイントは担い手発掘

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

防火・防災の貢献称える

保土ケ谷消防署

防火・防災の貢献称える 社会

8個人・団体を表彰

5月7日号

区内3例目の市長表彰

保土ケ谷西部連合自治会

区内3例目の市長表彰 社会

4年間の無火災達成

5月7日号

全国500社に区内から2社

健康経営優良法人

全国500社に区内から2社 社会

「社員のために」が評価

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter