保土ケ谷区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

(PR)

シニアライフの新たな選択肢「サ高住」 井戸端会議楽しむ そんな暮らしがそこにある 高齢者向け賃貸マンション「たちばな館」

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 「自宅」「老人ホーム」という選択に限られてきたシニアの生活に新たな形が誕生し話題を集めている。60歳以上であれば単身(1人)でも安心して入居できる天王町のサービス付き高齢者向け住宅「たちばな館」で入居者の暮らしぶりを取材した。

 朝8時、たちばな館のエントランスホールにはゴミ捨てや集合ポストに新聞を取りに降りてきた入居者たちが会話を楽しむ姿が見られる=写真。

 毎朝、恒例の光景。「昨日は映画を見に行ったの。恋愛もの、主人公の男性が素敵でね」「孫と一緒に買い物に行ってね」「きょうは病院に行くの。天気持つといいんだけど」――他愛もない会話だが、笑顔と笑い声が絶えない井戸端会議。長い日は2時間以上楽しまれていくこともあるという。

 ひと昔前まで高齢者というと多くの場合、介護・介助が必要だった。しかし近年は元気なお年寄り「アクティブシニア」が増加。「いまは元気だが、いざ体調を崩した場合への『安心』は確保しておきたい」――。そういったニーズに応え新たなシニアの生活スタイルとして生まれたのが同館だ。

 元気なシニアの暮らしの場となるため、従来の「老人ホーム」とは異なり、施設側がセッティングしたレクリエーションなどはあまり用意されていない。入居者は「安心」して暮らせるためのサービスを受けながら、自由な生活を送っている。そこには元気な高齢者のみが暮らすコミュニティーがしっかりと出来上がっている。施設全体が町内会のようなイメージ。毎朝恒例の井戸端会議はご近所さんが集まっているような感じだ。

 夫が他界しこれから先のことを考え高齢者向けマンションを探し求め、同館に入居したという入居者のひとりは「それまで暮らしていた地域には若い人が多くて、夫が亡くなってから話す機会が減ってしまった。家から出る機会も減ってしまって憂鬱だったが、ここへ来て同じ世代の方々とのお話しや時には一緒にお出かけするのが楽しくてね。ちょっと若返ったみたい」と、新たな暮らしを謳歌している。 

11月7日(土)に現地内覧会

 「たちばな館」では笑顔溢れた暮らしぶりを垣間見ることができる「内覧会」を毎月第1土曜日に開催。次回の開催は11月7日で、「建物や居室の見学はもちろん、入居に関する個別の相談なども大歓迎いたします。お気軽にお問い合わせください」と関係者は話している。参加費は無料で事前予約を推奨している。

たちばな館

横浜市保土ケ谷区岩間町1-7-14

TEL:050-3648-6994

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

「ガラケー電波」が順次終了

ドコモ横浜西口エキニア店

「ガラケー電波」が順次終了

「スマホにお買い換え検討の方はぜひ」

5月19日号

「補聴器のことなら何でもお気軽に」

相談会受付中「あなたのきこえに寄り添います」

「補聴器のことなら何でもお気軽に」

リケン補聴器センター横浜店

5月19日号

相続登記・相続税・遺産整理の無料相談会

横浜駅徒歩1分 毎週土日に開催

相続登記・相続税・遺産整理の無料相談会

5月12日号

駅徒歩3分の好立地

東戸塚西口

駅徒歩3分の好立地

ケアハウスゆうあい

5月12日号

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

5月12日号

注入だけの若返りシワ治療

症例6万7千件の実績 プレミアムPRP皮膚再生療法 Q&A

注入だけの若返りシワ治療

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook