保土ケ谷区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

9、10日に宿場まつり 保土ヶ谷宿に秋の訪れ

文化

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena
3万人近い人が訪れ賑わう会場
3万人近い人が訪れ賑わう会場

 東海道五十三次では日本橋から数え4番目の宿として江戸時代に栄えた保土ヶ谷宿の姿を伝えようと、1990年から始まった「宿場まつり」が今年は10月9日(日)、10日(月・祝)の2日間、JR保土ヶ谷駅周辺で開催される。両日とも午前11時から午後5時まで。

 天保12(1841)年には51軒の旅籠で賑わったという歴史遺産を活かしたこの催しでは、2日間とも旧街道沿いに位置する西口商店街を中心に800mほどの区間には宿場町としての歴史が学べる写真やジオラマが展示されるほか、各種模擬店、お笑いなどのステージイベントなど幅広い年代が楽しめる企画が用意されている。またイコットハウス会場では子どもたちを対象にした昔遊び体験コーナーも開設される。

3代目小町は

 大学生や子育て中の母親など13人がエントリーしていた第3代「宿場小町」コンテストの選考結果は、9日午後0時30分からタカオクリニック前のステージで発表される。

CFで運営費

 毎年3万人近い来場者を集める一大イベントは当初、行政からの補助金もあり潤沢な予算の中で運営されてきた。しかし、補助金が縮小されたこともあり、ここ数年は運営費の確保に苦心。周辺の企業や商店からの協賛金などで賄ってきた。

 実行委員会は今年「まつりの存続危機」とインターネットを通じ運営費を募るクラウドファンディング(CF)の仕組みを導入。9月中旬までに目標額とした30万円の確保に成功した。

 CF担当の田野口大樹さんは「多くの方々から支えていただき9月30日時点で35万6千円が集まった。ベイゴマや竹馬といった昔遊びなどを提供するイコットハウス会場の『キッズ村』とメイン会場とを結ぶ動線の安全確保などに充てていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

救急出場が過去最多

保土ケ谷消防署

救急出場が過去最多 社会

2019年の概況まとまる

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

「飛躍するチャンスの年」

「飛躍するチャンスの年」 政治

菅井区長に聞く

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

留学生が母国の味振る舞う

あったかほどがやみんなde食堂

留学生が母国の味振る舞う 社会

ベトナム風角煮など3品

1月1日号

地域づくりで総務大臣表彰

地域づくりで総務大臣表彰 社会

岩間町の畑尻明さん

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク