保土ケ谷区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

9、10日に宿場まつり 保土ヶ谷宿に秋の訪れ

文化

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena
3万人近い人が訪れ賑わう会場
3万人近い人が訪れ賑わう会場

 東海道五十三次では日本橋から数え4番目の宿として江戸時代に栄えた保土ヶ谷宿の姿を伝えようと、1990年から始まった「宿場まつり」が今年は10月9日(日)、10日(月・祝)の2日間、JR保土ヶ谷駅周辺で開催される。両日とも午前11時から午後5時まで。

 天保12(1841)年には51軒の旅籠で賑わったという歴史遺産を活かしたこの催しでは、2日間とも旧街道沿いに位置する西口商店街を中心に800mほどの区間には宿場町としての歴史が学べる写真やジオラマが展示されるほか、各種模擬店、お笑いなどのステージイベントなど幅広い年代が楽しめる企画が用意されている。またイコットハウス会場では子どもたちを対象にした昔遊び体験コーナーも開設される。

3代目小町は

 大学生や子育て中の母親など13人がエントリーしていた第3代「宿場小町」コンテストの選考結果は、9日午後0時30分からタカオクリニック前のステージで発表される。

CFで運営費

 毎年3万人近い来場者を集める一大イベントは当初、行政からの補助金もあり潤沢な予算の中で運営されてきた。しかし、補助金が縮小されたこともあり、ここ数年は運営費の確保に苦心。周辺の企業や商店からの協賛金などで賄ってきた。

 実行委員会は今年「まつりの存続危機」とインターネットを通じ運営費を募るクラウドファンディング(CF)の仕組みを導入。9月中旬までに目標額とした30万円の確保に成功した。

 CF担当の田野口大樹さんは「多くの方々から支えていただき9月30日時点で35万6千円が集まった。ベイゴマや竹馬といった昔遊びなどを提供するイコットハウス会場の『キッズ村』とメイン会場とを結ぶ動線の安全確保などに充てていきたい」と話している。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

「安全・安心な暮らし支える」

「安全・安心な暮らし支える」 社会

出口区長に聞く

1月7日号

区内2,017人が門出

成人式

区内2,017人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク