保土ケ谷区版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

7人の学生と作った原案 ロゴマーク制作した国大渡辺教授に聞く

社会

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
原案とロゴマークを持つ渡辺教授
原案とロゴマークを持つ渡辺教授

 区の鳥カルガモのお母さんと可愛らしい兄弟が90周年の数字の中を通りぬける保土ケ谷区制90周年の記念ロゴマークに、「保土ケ谷で暮らすって…幸せカモ!」という親しみやすいキャッチフレーズ。基本は正方形でありながら縦長にも横長にも対応できるデザインの汎用性、さらにダジャレまで効かせたコピーは、今年90周年を迎える保土ケ谷区を含めた5つの区(中区、神奈川区、鶴見区、磯子区)の中でも1番カッコいいと記者は思っている。制作した渡辺邦夫教授(横浜国立大学教育人間科学部学校教育課程美術教育講座)に話を聞いた。

 同大と区との連携協力協定に基づき、制作依頼がきたのは昨年のこと。渡辺教授は、「保土ケ谷らしさを感じるように」とカルガモを題材にすることを提案、さらに「カルガモのイラストの原案には指導学生のフレッシュな発想を入れたい」と追加の提案も。学生7人がカルガモのデザインをおこすことになった。学生たちが自ら調べたり、野鳥撮影が趣味の渡辺教授の写真を参考したりと原案を作成。渡辺教授が手を加え4案を区に示した。上の写真で右手に持つのは、生徒の原案だが決定したロゴマークにある母ガモの首のスミレはない。「スミレは他の生徒のデザイン。母ガモらしさを出すために必要なポイントを加えた」と話すように、さまざまな学生の案を盛り込んだ4案となった。

 記念ロゴを配した保土ケ谷グリーンは、「水面をイメージしているので、下にも横にも色を伸ばすこともできる」と汎用性を重視。区役所に掲げられている幟りもぜひ見てほしい記者イチオシのデザインだ。

 キャッチコピーに関しては、「ダジャレがいいよね」と笑いながら、「くどくない短いもの。言い切りはできないけど、同意を得たいという感情を組み込んだ」と一度聞いたら忘れないコピーに仕上がった。

 ロゴ、キャッチコピーにも深い愛を感じると思ったら、やはり生粋のハマっこで現在は区内在住。「緑が多いし子どもを育てるにはふさわしい環境だと思う」と話す。そんな話を聞いてロゴマークを見ると、さらに愛着が湧いてくるカモ!

記念ロゴマーク
記念ロゴマーク

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

3センチほどに成長

鮭の稚魚

3センチほどに成長 社会

3月上旬に帷子川に放流へ

1月16日号

ボードゲームで脳を活性化

ボードゲームで脳を活性化 社会

2月に講座

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

糖尿病のいろはレクチャー

保土ケ谷中央病院

糖尿病のいろはレクチャー 社会

きょう、あすの2日間

1月16日号

輸入食品との付き合い方

輸入食品との付き合い方 社会

消費生活教室、22日

1月16日号

2月に入会説明会

子育てサポートシステム

2月に入会説明会 社会

参加者を募集中

1月16日号

プロ楽団のリハ公開

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク