保土ケ谷区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

あなたの街の歯医者さんが教えます― 妊娠期の歯科治療について

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena

 妊娠中の歯科治療において一番気がかりなのは、治療の際に使用する麻酔薬、レントゲン撮影、服薬がお腹の中の赤ちゃんに影響を与える可能性ですね。通常の歯科治療で用いられる麻酔薬は使用量も限られていて、胎盤を通じて赤ちゃんに影響することはありません。歯科のレントゲン撮影は、撮影する部位が子宮から離れているので、防護用のエプロンを着用すれば、赤ちゃんへの影響はないと考えていいでしょう。鎮痛薬などの服用による赤ちゃんへの影響は、胎児の器官が発生・分化する妊娠初期が最も注意が必要な時期といわれています。それ以降はリスクも低下しますが、安全性の高い薬剤を選ぶ必要があるでしょう。妊娠後期になるとお腹も大きくなって治療を受けるのも大変になるので、比較的体調が安定している妊娠中期(5〜7か月)ぐらいに歯科治療されることをお勧めします。
 

保土ケ谷区版のコラム最新6

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.436

ミルキーJr.モカのほどがや

「節分」

1月21日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.435

ミルキーJr.モカのほどがや

「南天」

1月7日号

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月1日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.434

ミルキーJr.モカのほどがや

「マスクは大事」

12月17日号

休日・夜間診療のご案内

あなたの街の歯医者さんが教えます―

休日・夜間診療のご案内

12月17日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.433

ミルキーJr.モカのほどがや

「12月」

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク