保土ケ谷区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

岩崎中女子ハンドボール部 堅守速攻で全国準V 悲願は夏へ持ち越し

スポーツ

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
写真下段左から薄田七湖さん、亀田京香さん、石田紗瑛さん、村山陽菜乃さん、池内葉月さん、森さやかさん、同上段左から西山さくらさん、高瀬こころさん、岡田那絃さん、鈴木杏那さん、松田ららさん、坂榮花音さん
写真下段左から薄田七湖さん、亀田京香さん、石田紗瑛さん、村山陽菜乃さん、池内葉月さん、森さやかさん、同上段左から西山さくらさん、高瀬こころさん、岡田那絃さん、鈴木杏那さん、松田ららさん、坂榮花音さん

 岩崎中学校の女子ハンドボール部が春休み期間中に富山県内で開かれた「第14回春の全国中学生ハンドボール選手権大会」で準優勝した。ここ数年、全国大会へ続けて出場してきた同部にとって壁となっていた「8強」を突破し、全国の頂に手をかけたものの、一歩及ばなかったメンバー12人の視線は、すでに4カ月後の夏の大会での全国制覇へ向けられている。

 全国各地から47チームが出場した今大会、同校は相手のボールを積極的に奪いに行く「攻撃的な守備」から、早いパス回しでゴールを奪う攻撃スタイル「パスアンドラン」を軸とした同校伝統の「堅守速攻」で全国制覇に挑んだ。

 中学生レベルでは難しいとされる高度な戦術で1回戦を快勝した同部だったが、2回戦以降は相手にリードを許す厳しい戦いが続いた。それでも終盤に逆転する粘りの展開を繰り広げ、第一目標だったベスト8に駒を進めた。

誓い合った先輩を越え

 同部は35年前の夏、全国制覇しているがその後は低迷。名門実業団チームで8年間、選手として活躍した経験を持つ佐藤直博教諭が赴任して以降、徐々に力を付けてきた。

 4年前の春の全国大会で16強入りし、2年前には8強に進出。今大会で主力となった新3年生のメンバーは昨春の大会で8強の壁を突破できず涙を流した先輩の姿を目にし、「先輩達の成績を超え、全国の頂に立つ」と心に誓いあったという。

 準々決勝戦では2月に1点差で敗れていた大阪のチームと対戦。この大一番を制した同部は「第一ハードル」だった「先輩越え」を果たした。

 勢いに乗ったチームは地元校との対戦となった準決勝戦も逆転で制し全国制覇への挑戦権を得たが、4日間で6試合目となった決勝戦では疲れもあり堅守速攻のスタイルがかみ合わず涙をのんだ。

初のファイナルで見えた課題

 チームの司令塔・石田紗瑛さん(新3年)と共に今大会の優秀選手に選出されたGKの薄田七湖部長(同)は「決勝戦では劣勢になりチームの雰囲気が悪くなったが切り替えることができなかった」と大会を振り返り、薄田さんとともにチームをけん引する亀田京香主将(同)は「目標は全国制覇」と力強く話す。佐藤教諭は「初めて決勝戦の舞台に立てたからこそ見えてきた課題もある。これを克服して夏には頂点に立ちたい」と話した。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

5月16日号

三ツ沢をブルーで染める

横浜FC

三ツ沢をブルーで染める スポーツ

6月29日に保土ケ谷区民デー

5月16日号

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業 社会

毎時最大4本程度

5月1日号

「日本の顔になる」

横浜FC斉藤光毅選手

「日本の顔になる」 スポーツ

令和時代の怪物候補

5月1日号

豊作願い鍬入れ式

ほどがや元気村

豊作願い鍬入れ式 社会

区内唯一の水田で児童55人

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク