保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS 開館30周年、文化の発信地に 横浜美術館が記念展

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
約330点のコレクションが展示
約330点のコレクションが展示

 横浜美術館は開館30周年と横浜開港160周年を記念したコレクション展「東西交流160年の諸相」を行っている。2020年1月13日まで。

 今回のコレクション展は「もう一度開館時の基本に戻って考える」ことがテーマ。同館の作品収集の要である西洋と日本の繋がりを、横浜にゆかりある版画家・長谷川潔など、開港期以降の作品でたどる。「横浜浮世絵」といった開港期の展示も公開される。

初の恒久施設

 同館はみなとみらい21地区最初の恒久施設として誕生。3年に1度行われる現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」のメイン会場のひとつとなるなど、現在も最新アートの発信地としての役割を担い続けている。

 写真伝来の地のひとつとされる横浜の美術館として開館当初から写真展示室も設けている。同展示室を持つ美術館は当時としては珍しかったという。「横浜にある美術館の意義を常に考えながら作品の収集や展示を行う」と話すのは学芸員の坂本恭子さん。コレクション数は約1万2千点。

 同館が目指すのは「開かれた美術館」。「みる」「つくる」「まなぶ」を基本方針に掲げ、展覧会だけでなく美術に関連した資料を閲覧できる美術情報センターや市民が利用できるアトリエ棟も持つ。子どもや市民向けの誰でも参加できるワークショップも定期的に開催。坂本さんは「どんな人でも気軽に訪れることができる交流の場であれたら」と話す。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。墓じまい、生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のコラム最新6

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.450

ミルキーJr.モカのほどがや

「防災訓練」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

9月9日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

9月2日号

日々の口腔ケアで新型コロナの重症化を予防しましょう

あなたの街の歯医者さんが教えます―

日々の口腔ケアで新型コロナの重症化を予防しましょう

8月26日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.449

ミルキーJr.モカのほどがや

「盆踊り【2】」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

8月26日号

法話箋 〜鹿苑〜

日蓮宗樹源寺 副住職 日比宣仁 連載5

法話箋 〜鹿苑〜

「四諦(したい)について」

8月19日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.448

ミルキーJr.モカのほどがや

「盆踊り」文/ささきやすえ(区内在住・フリーライター)

8月12日号

見学会のお知らせ

本牧の昔ながらの商店街沿いに新しくグループホームを開所します

https://www.shinkoufukushikai.com/care/grouphome/crossheart-honmoku

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook