保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

MM21街区NEWS 開館30周年、文化の発信地に 横浜美術館が記念展

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
約330点のコレクションが展示
約330点のコレクションが展示

 横浜美術館は開館30周年と横浜開港160周年を記念したコレクション展「東西交流160年の諸相」を行っている。2020年1月13日まで。

 今回のコレクション展は「もう一度開館時の基本に戻って考える」ことがテーマ。同館の作品収集の要である西洋と日本の繋がりを、横浜にゆかりある版画家・長谷川潔など、開港期以降の作品でたどる。「横浜浮世絵」といった開港期の展示も公開される。

初の恒久施設

 同館はみなとみらい21地区最初の恒久施設として誕生。3年に1度行われる現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」のメイン会場のひとつとなるなど、現在も最新アートの発信地としての役割を担い続けている。

 写真伝来の地のひとつとされる横浜の美術館として開館当初から写真展示室も設けている。同展示室を持つ美術館は当時としては珍しかったという。「横浜にある美術館の意義を常に考えながら作品の収集や展示を行う」と話すのは学芸員の坂本恭子さん。コレクション数は約1万2千点。

 同館が目指すのは「開かれた美術館」。「みる」「つくる」「まなぶ」を基本方針に掲げ、展覧会だけでなく美術に関連した資料を閲覧できる美術情報センターや市民が利用できるアトリエ棟も持つ。子どもや市民向けの誰でも参加できるワークショップも定期的に開催。坂本さんは「どんな人でも気軽に訪れることができる交流の場であれたら」と話す。
 

保土ケ谷区版のコラム最新6

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.433

ミルキーJr.モカのほどがや

「12月」

12月3日号

こんにちは区長です。

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出 社会

11月26日号

ミルキーJr.モカのほどがや

vol.432

ミルキーJr.モカのほどがや

「冬の花」

11月19日号

私の「横浜大空襲」

特別寄稿【1】

私の「横浜大空襲」

筆者/市村孝さん(87歳・当時旧制中学1年生)

11月12日号

無料訪問歯科検診のお知らせ

あなたの街の歯医者さんが教えます―

無料訪問歯科検診のお知らせ

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク