保土ケ谷区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 「フェア」にこだわるコーヒー店 境木商店街 fe.a coffee

文化

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 発展途上国の製品などを適正価格で購入することで、生産者の生活向上を支援する「フェアトレード」。毎年5月は「世界フェアトレード月間」、5月の第2土曜日は「世界フェアトレードデー」に指定されている。

 権太坂の「フェア・コーヒー」(関辰規代表取締役)はフェアトレードをはじめ、2つの「フェア」にこだわるコーヒー店だ。

 関代表が店を構えたのは9年前。それまで、東京で仲の良い先輩と一緒にカフェとコーヒー豆のアンテナショップを開いていた。ドミニカ共和国のコーヒー農園にも足を運び、コーヒー豆の買い付けを行った経験も。現地の農園のコーヒーに対するこだわりや、栽培方法、価格変動に対する苦労を肌で感じたという。

 独立し、妻の出身地でもある保土ケ谷区内に店舗を移すと、地域住民のニーズに合わせ、フェアトレードの商品だけにこだわらず、比較的安価で納得できる味のコーヒーも店頭に並べるようになった。それでも「生産者の顔が見える商品」にこだわり、適正な価格で仕入れている。

 同店が取り組むもう1つの「フェア」は、福祉(英語でwelfare)だ。同店で働くほとんどは、障がいのあるスタッフ。袋詰めや焙煎、接客など、ひとりひとりの能力に合わせた業務を任せ、無理なく正当な報酬で働いている。「できなかったことができるようになったり、スタッフの成長を見るのが嬉しい」と関代表。「自分の好きなことで、人の役に立てるのは幸せなこと。コーヒーのおいしさはもちろん、生産者やスタッフなど関わる全ての人がフェアでハッピーになってほしい」と話した。

関辰規代表
関辰規代表

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

事業者にステッカー

事業者にステッカー 社会

市、感染予防策後押し

10月15日号

屋根いろ総選挙

かながわアートホール

屋根いろ総選挙 社会

投票受け付け中

10月15日号

ボラでポイント

ボラでポイント 社会

30・31日、無料登録会

10月15日号

地元スポーツを応援しよう

横浜ビー・コルセアーズ×横浜GRITS 対談 ホーム開幕間近

地元スポーツを応援しよう スポーツ

10月15日号

体操で介護予防を

体操で介護予防を 社会

健康運動指導士が指南

10月15日号

運転席無人バスは国内初

市・企業など実証実験

運転席無人バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月15日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

暮らしを守る、即戦力。

衆議院議員 平和学博士 遠山きよひこ

https://toyamakiyohiko.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク