保土ケ谷区版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

保土ケ谷中新聞部 「保中タイムズ」が最優秀 県コンクール3連覇

教育

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞に選ばれ賞状とトロフィーを手にする取材・編集を手掛けた2・3年生のメンバー(写真上)、コンクールに応募した令和2年第3号(同右)
最優秀賞に選ばれ賞状とトロフィーを手にする取材・編集を手掛けた2・3年生のメンバー(写真上)、コンクールに応募した令和2年第3号(同右)

 第70回神奈川県中学校・高等学校新聞コンクールの中学・学校新聞の部で保土ケ谷中学校新聞部の「保中タイムズ」が最優秀賞に選出された。新聞部に属する19人が生徒会や部活動、学校行事などに加え、「新しい生活様式」の中での図書館の活用法など、社会的事象について掘り下げた「保中タイムズ」は一昨年、昨年も最優秀賞に選ばれており3年連の最高位獲得となる。

 保土ケ谷中学校では65年前から学校新聞を発行している。現在は「保中の応援団」をコンセプトに生徒の活躍や学校、地域の行事、季節の話題など新聞部の部員が丁寧に取材した話題をまとめ、月に1度のペースで「保中タイムズ」として発行。全校生徒に配布している。

「事実」と「想い」伝わる工夫に評価

 コロナ禍で部活動が再開されたのは7月。最優秀賞を受賞した「令和2年度第3号」では任期がわずかとなった生徒会活動を特集したほか、1年生を対象に中学校生活に関するアンケートを実施。さらに全国大会に進出した陸上競技部の活躍など、編集会議を重ね選んだネタを6ページにわたり報じた。

 審査員からは「関係者へのインタビューや写真、グラフなどを交え、事実と想いが明確に伝わるよう工夫され、多彩な記事で読み手の興味を引き、分かりやすくレイアウトされた紙面構成になっている」と評価された。

 19人の部員をまとめ編集長を務める伊藤美空さん(3年)は「素材を見極め、詳しく、正しく伝えることを大事にしてきた。色づかいや写真、見出しの位置などにもこだわった。自分たちのやってきたことが評価されて素直に嬉しい」と話した。また新部長となる田嶋伸成さん(2年)は「1、2年生はまだ未熟。学び合いながら成長し、生徒が面白いと思うような情報を届けていきたい」と新編集長としての意気込みを語った。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「トップ10入り再挑戦」

横浜FC

「トップ10入り再挑戦」 スポーツ

開幕戦は2月末

1月28日号

古来の正月飾り自宅で公開

星川在住野木さん

古来の正月飾り自宅で公開 社会

「日本の伝統 知って」

1月28日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク