保土ケ谷区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

相模鉄道本線星川―天王町間 高架下空間開発に着手 スーパーやカフェなど計画

社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
高架下空間の開発イメージ
高架下空間の開発イメージ

 相鉄グループの(株)相鉄アーバンクリエイツと(株)相鉄ビルマネジメントが10月11日、星川駅―天王町駅間で進められている連続立体交差事業の高架下空間の開発計画に着手することを発表した。星川駅部にスーパーマーケットやカフェなど飲食関連の店舗が入り、天王町駅の西側エリアにはまちづくりや地域交流の拠点などが設けられる計画。2022年冬の開業を目指す。

 連続立体交差事業では17年春に下り線、18年秋に上り線の高架化が完了し、区間内にあった9カ所の踏切を撤去。踏切による交通渋滞の解消など地域交通の円滑化につながった。

 発表によると高架化により創出された全長約1・4Kmの空間を複数の区間とテーマに分けて開発する計画。第1期開発区域は星川駅部と天王町駅西側エリアで、敷地面積は約1万4千平方メートルとなる。

 「『社会・地域に働きかけ、変化を楽しむ人』がつながる 生きかたを、遊ぶまち」をコンセプトに、星川駅部には食物販店舗を中心に暮らしを支える拠点を展開。天王町駅西側エリアにはコミュニティビルダーや「変化を楽しむ人」が生活を営みながら活動し、地域の交流イベントを開催するなど、まちに変化を与え、新しい生き方を提案していく場を創出するという。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook