神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

仏向町の山本将大さん 「ダウン症は個性の一つ」 バンド活動で地域活性化

文化

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena
ライブは盛り上がりを見せた
ライブは盛り上がりを見せた

 仏向町在住の山本将大さん(18)らによる4人組バンド「Beat Factory」が3月14日、西区の障害者支援施設「生活創造空間にし」でライブを行った。山本さんはダウン症のドラマーとして活動。母の圭子さんは「ダウン症は息子の個性でもある。音楽で皆さんに元気を届けたい」と話す。

 同バンドは山本さん、圭子さん、清水高弘さん=坂本町在住=、岡添正子さん=神奈川区在住=で編成。小学6年生からドラムを習い、「バンドを作りたい」という山本さんの要望に応えようと、圭子さんが音楽仲間の清水さんと岡添さんを勧誘して昨年結成した。これまでに同施設のほか、山本さんの母校・市立仏向小学校などでライブを開催し、地域活性化を促してきた。

 14日のライブでは、「勇気100%」「すきすきソング」「おどるポンポコリン」などのアニメソングを中心に披露。音楽大学出身の圭子さんのきれいな歌声をはじめ、山本さんたちによる楽器の力強い音色が会場に響き渡った。観客からは「歌と楽器のハーモニーが絶妙で良かった」などの感想が聞かれた。

反復練習あるのみ

 圭子さんによると、山本さんの知的レベルは5歳児と同等だといい、楽譜が読めない。そのため、習得したい曲を繰り返し聴いて体で覚えるという。圭子さんは「息子はダウン症をハンディキャップだと思っていないはず。純粋に音楽を楽しみ、努力を努力だと思わない姿勢が成長につながる」と語る。

 この春、瀬谷区の県立三ツ境支援学校を卒業し、4月から軽作業の仕事に就く。山本さんは「社会人になってもドラムの練習を続けて、いつでもライブを開催できるように準備したい」と意気込み、障害のある人に元気を届けたいと話す。

ドラマーとしてバンドを支える山本さん
ドラマーとしてバンドを支える山本さん

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

商店街舞台の演劇企画

元宝塚歌劇団大洋あゆ夢さん

商店街舞台の演劇企画

役者募集、町おこしに一手

4月11日

障害者診療「限界近い」

横浜市歯科保健医療センター

障害者診療「限界近い」

二次機関拡充求める声も

4月11日

75%が定住意向

保土ケ谷区区民意識調査

75%が定住意向

災害対策「何もしてない」3割

4月4日

4月から雇用率引上げ

障害者就労

4月から雇用率引上げ

市も企業啓発に注力

4月4日

避難所備蓄に不安も

災害時トイレ

避難所備蓄に不安も

携帯型、1日で尽きる恐れ

3月28日

「ダウン症は個性の一つ」

仏向町の山本将大さん

「ダウン症は個性の一つ」

バンド活動で地域活性化

3月28日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook