神奈川区版 掲載号:2017年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

朝獲れ魚を袋詰め 市場開放でイベント

経済

 「おっきい魚がいっぱいになった―」。月に2回、市場に子どもたちの声が響く。

 横浜中央卸売市場の水産物部では、毎月1週目と3週目の土曜日が市場開放日となっており、地域住民との交流や魚食の普及を進める「市場と地域住民との交流魚食普及活動実行委員会」が市場ならではのイベントを行っている。

 多くの人で賑わった1日は、金沢区の海で養殖している「ぶんこのこんぶ」が入った魚河岸汁が振る舞われたほか、まぐろの解体ショーなども行われた。この日は「朝獲れ魚の詰め放題」も開催。早朝に平塚の海で獲れたシイラやサバ、コイワシ、ワカシ(ブリ)などが大量に持ち込まれ、100人以上の参加者が袋一杯に魚を詰め込んだ。

 主催者は「魚を通して地域の人に楽しんでもらうことで、市場の活性化になれば嬉しい」と話した。

トレッサ横浜

大切な人に思いを伝えよう。ハートDays開催!

http://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

神奈川区版のローカルニュース最新6件

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「焼物を通じて何を現わせるか」

フェイアートギャラリー

「焼物を通じて何を現わせるか」

1月26日まで高垣篤 陶展

1月15日~1月26日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク