神奈川区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 駅に懐かしの伝言板 「閉塞感を和らげたい」

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
昔懐かしい伝言板が復活したJR東神奈川駅
昔懐かしい伝言板が復活したJR東神奈川駅

 新型コロナウイルスのまん延で不要不急の外出を控える日々が続く中、JR東神奈川駅では乗降客に互いの思いや希望を共有することで閉塞感を和らげてもらおうと、駅構内の改札出入口付近に「伝言板」を設置している。

 通常は旅行ポスターが掲示してある場所を活用して乗降客が元気になるような企画ができたらと、2、3年目の若手チーム8人で考案。ベテラン社員のアドバイスで、20年ほど前まで駅にあった伝言板の存在を知り、今回設置を決めた。

 伝言板に多く見られるメッセージは「出かけたい」「田舎に帰りたい」「会いたい」などの思いや、駅員に対する激励の言葉だという。終電間際には伝言板いっぱいの文字であふれる。駅長の丸智也さんは「自粛の中で少しでも明るい気持ちになってもらえるように始めましたが、皆さんのメッセージに私たちも勇気づけられています。お客様と一緒にできた取り組みです」と語る。

 伝言板は今夏まで設置予定。気軽にチョークを手に取ってもらえるよう、付近にはハンドジェルやチョークに巻いて書けるようティッシュを用意するなど、感染予防対策にも注意を払っている。

神奈川区版のローカルニュース最新6

「省プラ生活」アイデア発信

市資源循環局

「省プラ生活」アイデア発信 社会

SNSで企業の取り組みなど

7月2日号

渾身の1枚 一堂に

県民センターで写真展

渾身の1枚 一堂に 文化

7月2日号

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8%

ギャンブル依存症疑い18歳以上の0・8% 社会

県、実態調査の結果公表

7月2日号

医師が感染症対策を講話

医師が感染症対策を講話 社会

「接触・飛沫・3密避けて」

7月2日号

「家族」描く作品募集

乳がん絵画コンクール

「家族」描く作品募集 社会

7月2日号

「新しい社会の形」追求を

コロナ社会どう生きる 県医療危機対策統括官 阿南英明医師

「新しい社会の形」追求を 社会

7月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日20:15更新

  • 6月2日20:30更新

  • 5月27日12:57更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク