宮前区版 掲載号:2012年8月24日号
  • googleplus
  • LINE

サッカー五輪代表 「権ちゃん、夢をありがとう」 さぎぬまSCが応援PV

土橋「ピザハウス・モッコ」で開かれたPVの様子(写真は同店提供)
土橋「ピザハウス・モッコ」で開かれたPVの様子(写真は同店提供)

 サッカー日本チームのゴールキーパーとしてロンドン五輪に出場した権田修一選手(FC東京)を応援しようと、小学生時に在籍していた区内サッカークラブ「さぎぬまSC」が準決勝と3位決定戦の2試合で、パブリックビューイングを実施した。

 これは、土橋にある「ピザハウス・モッコ」の協力で行われたもの。保護者やOB、関係者らが準決勝で97人、韓国との3位決定戦には65人が集まった。参加者は揃いのクラブTシャツや手製のうちわを持って観戦。在籍していた頃からの「権ちゃん」コールで遠く離れたロンドンへむけて声援を送っていた。11日未明の準決勝戦には、フジテレビの情報番組「めざましテレビ」の撮影も行われた。

 権田選手は1989年生まれの現在23歳。同クラブでサッカーを始め、中学からFC東京ユースに所属。各年代の日本代表に選ばれるなど、気迫あふれるプレーと闘争心、冷静な判断力で知られる。

 さぎぬまSC代表の澤田秀治さんは「5年生から身長が伸び始め、6年生では170センチを超えていた。当時からキャプテン以上に大きな声でチームに指示を出していた」と振り返る。「惜しくもメダルは逃したが、頑張っている子どもたちにも夢と感動を与えてくれた」と、権田選手の活躍を称えていた。
 

宮前区版のローカルニュース最新6件

まちづくり繋ぐ

まちづくり繋ぐ

2月16日号

地域一体の取組が必要

万引防止

地域一体の取組が必要

2月16日号

楽しみながら創造性養う

新「直売所マップ」完成

50年の軌跡をたどる

さぎ沼商店会

50年の軌跡をたどる

2月16日号

復興支援コンサート

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク