宮前区版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

社会福祉法人みのり会 障がい者が彩る芸術を支援 「可能性、引き出したい」

社会

精力的に創作活動を続けるアーティストの1人の原田さん
精力的に創作活動を続けるアーティストの1人の原田さん
 ダウン症のある人が描く作品はふんわりとした優しいタッチ、自閉症のある人は圧倒的迫力の細やかなタッチが魅力―。

 社会福祉法人みのり会では、見る人に驚きや感動を与えてくれる施設に通う障がい者の芸術活動を支援している。支援をする理由は施設利用者の豊かな人生を作るため。「表現する楽しさを知ってもらい、障がい者本人が持っている可能性を引き出したいから」と同施設。

 苦労はある。創作中は絵具や筆、時にはハサミなど刃物を使こともあり、事故がないよう常に見守らなければならず、緊張の連続だという。

 それだけに、作品が完成した時は勿論、障がいの有無を問わない芸術コンペティション「ポコラート全国公募」に入選した時は何事にも代えがたい喜びだ。「大変でも、また一緒に頑張ろうと思う」とスタッフは熱を込める。

 また、みのり会では、障がい者アートへの理解と活動費を作るため一昨年からカレンダーの発売も開始した。問合せは社会福祉法人みのり会 【電話】044・855・9455へ。

※起稿 市民記者 江藤哲

宮前区版のローカルニュース最新6件

来季へ思い語る

サンダース

来季へ思い語る

6月22日号

地域の水辺を学ぼう

体験教室参加者募集

地域の水辺を学ぼう

6月22日号

みなみ倶楽部が優勝

宮前地区

みなみ倶楽部が優勝

6月22日号

特定健診のススメ

チャリティコンサート

みのり会

チャリティコンサート

6月22日号

鷺沼駅〜聖マリバス路線新設へ

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク