宮前区版 掲載号:2018年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日の宮崎台ふる里さくら祭りでアクロバットパフォーマンスを披露する 島田 裕代さん 宮崎在住 34歳

笑顔生み出す異色の「クラウン」

 ○…身体を叩いて音を奏で、連続側転などアクロバティックなボディパフォーマンスで観客を魅了するマッスルミュージカル。2010年のラスベガス公演では主演のクラウン(ピエロ)を務めた。そのスキルを広く伝えたいと来月、馬絹に体操クラブを開く。「ひっこみじあんだった子どもの頃、体操で舞台に立つときだけ変われた。子どもたちが自信をもつきっかけづくりをしたい」

 ○…広島県生まれ。日体大体操競技部時代から宮前区で暮らす。「自然が残っていて地元に似てる。居心地が良くて気づいたら10年以上経っていた」と笑う。はつらつとした笑顔が印象的だが、子どもの頃は体が小さくいじめられたことも。そんな時に出会ったのが体操だった。「舞台に立つと誰よりも大きく見える」という体操教室の先生の言葉が自信に繋がった。それからは体操漬けの日々。大学卒業後は同大体操競技部アシスタントコーチを務めながら同ミュージカルのオーディションに挑戦。4回の落選を経てメンバーに選ばれた。「悔しくて学生に朝まで練習に付き合ってもらったこともあった」。負けん気は人一倍だ。

 ○…7年間携わった同ミュージカルは、11年に公演打ち切り。翌年から「りっち。」というコンビ名で芸人としての活動をスタートさせた異色の経歴を持つ。「舞台ではピエロとして観客を笑わせていた。人を笑顔にするというところは同じ」と自然な流れで芸人の世界に飛び込んだ。有名番組にも出演したが、「やっぱり体操が好き」と16年に解散。以降は各地での舞台公演に出演している。

 ○…「宮前区は第2の故郷。恩返しがしたい」と、この地での活動を決めた。さくら祭りでは当時の仲間を集め、アクロバティックなパフォーマンスも披露する。「自信をもつと表情が変わる。キラキラした笑顔が見たい」。子どもたちが輝く場を作るため、新たなスタートを切った。

宮前区版の人物風土記最新6件

山家 茂夫さん

川崎宮前ロータリークラブ第33代会長に就任した

山家 茂夫さん

7月13日号

川原 俊明さん

川崎鷺沼ロータリークラブの第41代会長に就任した

川原 俊明さん

7月6日号

大野 正勝さん

川崎市市民ミュージアムの館長に、今春就任した

大野 正勝さん

6月29日号

岩田 臣生さん

特定非営利活動法人かわさき自然調査団で自然保全活動を先導する

岩田 臣生さん

6月22日号

橋本 雅之さん

公益社団法人日本けん玉協会の神奈川県支部長を務め、区内でも活動する

橋本 雅之さん

6月15日号

須崎 聰さん

川崎市動物愛護センターの所長に、今春就任した

須崎 聰さん

6月8日号

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ゲリラプロレスも

ゲリラプロレスも

22日にスポーツフェス

7月22日~7月22日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク