宮前区版 掲載号:2018年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日の宮崎台ふる里さくら祭りでアクロバットパフォーマンスを披露する 島田 裕代さん 宮崎在住 34歳

笑顔生み出す異色の「クラウン」

 ○…身体を叩いて音を奏で、連続側転などアクロバティックなボディパフォーマンスで観客を魅了するマッスルミュージカル。2010年のラスベガス公演では主演のクラウン(ピエロ)を務めた。そのスキルを広く伝えたいと来月、馬絹に体操クラブを開く。「ひっこみじあんだった子どもの頃、体操で舞台に立つときだけ変われた。子どもたちが自信をもつきっかけづくりをしたい」

 ○…広島県生まれ。日体大体操競技部時代から宮前区で暮らす。「自然が残っていて地元に似てる。居心地が良くて気づいたら10年以上経っていた」と笑う。はつらつとした笑顔が印象的だが、子どもの頃は体が小さくいじめられたことも。そんな時に出会ったのが体操だった。「舞台に立つと誰よりも大きく見える」という体操教室の先生の言葉が自信に繋がった。それからは体操漬けの日々。大学卒業後は同大体操競技部アシスタントコーチを務めながら同ミュージカルのオーディションに挑戦。4回の落選を経てメンバーに選ばれた。「悔しくて学生に朝まで練習に付き合ってもらったこともあった」。負けん気は人一倍だ。

 ○…7年間携わった同ミュージカルは、11年に公演打ち切り。翌年から「りっち。」というコンビ名で芸人としての活動をスタートさせた異色の経歴を持つ。「舞台ではピエロとして観客を笑わせていた。人を笑顔にするというところは同じ」と自然な流れで芸人の世界に飛び込んだ。有名番組にも出演したが、「やっぱり体操が好き」と16年に解散。以降は各地での舞台公演に出演している。

 ○…「宮前区は第2の故郷。恩返しがしたい」と、この地での活動を決めた。さくら祭りでは当時の仲間を集め、アクロバティックなパフォーマンスも披露する。「自信をもつと表情が変わる。キラキラした笑顔が見たい」。子どもたちが輝く場を作るため、新たなスタートを切った。

宮前区版の人物風土記最新6件

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

佐藤 利枝さん

落書き戦隊ケスンジャ―の代表を務める

佐藤 利枝さん

9月7日号

山根 文男さん

宮前交通安全協会の第6代会長に就任した

山根 文男さん

8月31日号

生駒 知里さん

フューチャーデザインの代表として多様な学びプロジェクトを進める

生駒 知里さん

8月24日号

新井 良子(よしこ)さん

今年20回を迎える「響け!みやまえ太鼓ミーティング」の実行委員長を務める

新井 良子(よしこ)さん

8月17日号

山口 淑子(よしこ)さん

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける

山口 淑子(よしこ)さん

8月10日号

葉山ガーデン宮前店

24日まで秋の「テーブル、ソファ、ベッド」フェア

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク