宮前区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

先月ミニアルバムの配信を開始した「THEだいじょぶズ」のベースを担当する 齋藤 正章さん 東有馬在住 40歳

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

音楽で笑顔届ける元芸人

 ○…4人組ロックバンド「THEだいじょぶズ」のベーシスト。2017年の結成以来、怒涛の勢いで活躍の幅を広げている。下北沢のライブハウスを拠点に、多数のライブを敢行。会場が一体となるパフォーマンスは圧巻だ。「ライブはみんなで作り上げるもの。自分たちの想いを込めた曲でハッピーを届けたい」。ユーチューブでMV公開や日常の様子をアプリで毎日無料配信するなど、ファンとの距離の近さも魅力のひとつだ。

 ○…元吉本芸人。ドリフターズが好きで、大学卒業後「コミックバンドをやりたい」と養成所に入所。2003年にデビューを果たした。1年目にしてテレビ東京の企画でCDデビューするなど「意外ととんとん拍子で進んでしまった」と笑う。11年続けたが、ふと立ち止まった時期があった。「本当にやりたいことってこれだっけ、と。やっぱり本気で音楽がやりたいと思った」。力が抜け、素直になれたという。

 ○…横浜市栄区出身。6歳から中学3年までピアノ、15歳からベースを弾く。当時、高校生バンドの登竜門だった「ヨコハマ・ハイスクール・ホットウェーブ」に出場し、1780組中、上位40組に残ったことも。「関内ホールで演奏したあの6分間は忘れられない。今の礎かな」と懐かしむ。大学も軽音学部に所属。ずっと音楽が近くにあった。「音楽活動をしている今が等身大の自分」と胸を張る。

 ○…2人の子どもと妻と暮らす。芸人3年目で結婚。バイトをしながらの生活で苦労も多かったという。「今はライブに家族を連れて行くことが恩返し」。イベント設営などの仕事に加え、地域イベントでMCを務めることも。「お笑いで培った経験と自分たちの音楽で地域を元気にしていきたい」。軽快な口調とはじける笑顔で語ってくれた。

宮前区版の人物風土記最新6

田村 延子さん

食生活推進員として、食のボランティア活動を行う

田村 延子さん

けやき平在住 77歳

1月22日号

田中 信司さん

職人技を駆使し、受験生や闘病者向けにカツ丼キーホルダーを製作している

田中 信司さん

水沢在住 46歳

1月15日号

谷内 颯志朗さん

関東地区代表として子ども将棋大会の全国大会に出場する

谷内 颯志朗さん

宮前平在住 13歳

12月18日号

森島 悠希さん

東急ストアフードステーション宮前平駅前店の店長に就いた

森島 悠希さん

宮前平在勤 34歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

蟻生  寛郎(ありう ひろお)さん

川崎フロンターレ算数ドリルを創刊以来製作している有馬小の総括教諭の

蟻生 寛郎(ありう ひろお)さん

有馬小学校在勤 45歳

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク