宮前区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

高津区の劇場で、6月に初めてマジックのソロライブを行う 佐々木 俊一さん 鷺沼在住 19歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

感謝の気持ちで臨みたい

 ○…自身初のソロライブを6月9日に行う若手マジシャン。高校卒業後、プロのマジシャンとして高津区溝口の劇場や、介護施設などでマジックの腕を披露してきた。マジックに魅せられ、中学在学中に日本を代表するマジック協会の公認パフォーマー資格を取得。2017年韓国ソウルで行われた国際コンテストでグランプリ受賞経験も持つ。言葉が通じない舞台で、技術力が高く評価された。

 ○…野川中学校卒。友人宅に集まり、流行りの携帯ゲームに熱中していた普通の中学生だった。ある時期、マジックに魅せられる出来事が3つ重なったのだという。大好きな携帯ゲーム機の水没、出張帰りの父が持ち帰ったアメリカの硬貨、そして、クラスでの空前のマジックブーム。「ゲームが壊れた時、友達がメモ帳で作ったトランプマジックを見たことが最初のきっかけかも」。父の硬貨を使ったコインマジックを夢中で練習した。「クラスのみんなが喜んでくれることが、驚きでもあり、嬉しかった。教室が沸くことって、珍しいことだから」と、当時を懐かしく振り返る。

 ○…マジックにハトなどの動物を使うのかと思いきや、まさかの「ハトアレルギー」。下積み時代に発覚したのだという。練習など多忙な日々を送るが、美容院でヘッドスパをするのが息抜き。鷺沼駅付近の美容院をよく利用するそうだ。

 ○…今回のライブでは、自分がマジックを通じて出会った人たち全てに感謝の思いを込めたいと強く話す。「いつかは大きな会場でダイナミックなマジックがしたい。見てくれる人の日々の息抜きや、明日からの力になることを目指していきたい」。インターネットテレビや、地上波への出演も視野に入れ、身近な存在になりたいと爽やかな笑顔で宣言した。

宮前区版の人物風土記最新6

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク