宮前区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

タウン探偵団ファイル3 宮前でそんなバナナ!?

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
バナナは上から実っていく。下部はある程度で切り落としたという=8月30日小泉さん宅で撮影
バナナは上から実っていく。下部はある程度で切り落としたという=8月30日小泉さん宅で撮影

 いよいよ夏も終わりか、と黄昏ていると、エージェントT宛に入電があった。「野川で地植えのバナナが実っている」。バナナといえば南国を想起させる果物。沖縄や宮崎あたりならわかるが、川崎で実をつけるだなんて…、そんなバナナ‼

 連絡をくれたのは、野川本町在住の小泉一郎さん(89)。ご自宅に伺うと、玄関横に高さ2・5mほどありそうな大きなバナナの木を発見した。昨年5月頃に地植えし、冬は葉をすべて落としたが、こも巻きだけしてやると越冬し、今年花をつけ実をつけたのだという。

 バナナの実は、15〜20cmほど。60本ほどが生っていた。8月30日現在、まだ実は青く固い。「気がついたら一升瓶のようなものが生っていてびっくりしたよ」と小泉さん。

 川崎市緑化センターによると、バナナは同センターでも実をつける事はあるが、とても小さいもので熟れずに枯れてしまい、川崎市内で大きく実をつけるものは珍しいという。JAセレサ川崎や区内の有名観葉植物店によると、バナナは水と日照を好み、寒さに弱く北風に当たらないようにすると良いという。小泉さん宅のバナナは南向きの壁面で北風が当たらず、日当たりも良い場所に植えられていた。「台風など風が強かったから」と添え木がされ、水はたっぷりあげていたという。

 小泉さんは「最近暑いし、温暖化のせいかね。成ったまま熟すと甘いと聞く。甘いバナナを収穫できたらいいね」と話した。バナナは実をつけると枯れてしまうというが、すぐ隣には若木が芽を出していた。
 

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円 見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

<PR>

宮前区版のコラム最新6

空手の始まりってすこしふしぎ

じもたんkids×タウンニュース

空手の始まりってすこしふしぎ

今月の記者 千晴(小4)

10月18日号

びっくり室賀校長先生のひみつ

じもたんKids×タウンニュース

びっくり室賀校長先生のひみつ

今週の記者 末波(小4)

9月27日号

宮前にスタバがない

タウン探偵団ファイル4

宮前にスタバがない 社会

9月20日号

峠茶屋はどこに?

タウン探偵団ファイル2

峠茶屋はどこに? 文化

8月30日号

平和願うお化け灯篭

タウン探偵団ファイル1

平和願うお化け灯篭 文化

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク