宮前区版 掲載号:2020年12月18日号 エリアトップへ

救助用機材、扱い訓練 消防団が訓練センターで

社会

掲載号:2020年12月18日号

  • LINE
  • hatena
エンジンカッターを扱う消防団員
エンジンカッターを扱う消防団員

 宮前消防団が12月12日、「救助用資機材取扱い訓練」を川崎市消防訓練センター(犬蔵)で行った。

 全消防団員対象の実技訓練は2カ月ぶりとなった。エンジンカッターやチェーンソーなど、各分団が保有する資機材の取り扱いの習熟と、宮前消防署との連携した災害対応力の強化を目的に、消防団員と消防職員の約60人が参加。コロナ下のため、参加者はマスク着用、頻繁にアルコール消毒をするなど、感染予防を徹底しながら訓練を行った。

 職員から資機材の点検方法や使い方の指導を受けた団員たち。実際に鉄パイプを切断するなど、本番さながらの訓練を行った。

 杉田正文団長は「コロナ下でなかなか実技訓練はできないが、いざに備えて準備をしていきたい」と強調。砥石勝美署長は「災害発生は待ってくれない。訓練を通じて資機材を点検する機会にしてもらいたい」と開催意義を話した。

宮前区版のローカルニュース最新6

甘美なトンネル 今年も

県立東高根森林公園

甘美なトンネル 今年も 文化

キンモクセイが開花

9月17日号

秋のとんもり谷戸を歩く

秋のとんもり谷戸を歩く 文化

まちづくりウォーキング

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 社会

市パートナー、第2回で

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 社会

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 社会

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook