宮前区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

川崎宮前ドリームス 初陣 区内初の中学軟式野球クラブ

スポーツ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
川崎宮前ドリームスのナイン
川崎宮前ドリームスのナイン

 昨年春に誕生した、宮前区初の中学生軟式野球クラブチーム「川崎宮前ドリームス」(石倉周監督)が初の公式戦出場を果たした。

 創設後、昨年末までの部員数は5人だったが、野球の試合を行うのに必要な9人に届かず、大会に出場することができなかった。チームは小学生向けの体験会など、勧誘活動を行い今年に入り新1年生9人を迎え、初の公式戦出場を果たした。

 11日に行われた第38回全日本少年軟式野球大会川崎市予選では、麻生区の麻生ベースボールクラブと対戦。創設2年目のドリームスは2年生と1年生のみで、3年生擁する相手チームと対戦した。随所に光るプレーを見せる場面もあったが、健闘及ばず0対7で敗れた。同チームでコーチを務める高橋直樹さんは「初戦は飾れなかったが、今後も鍛錬を積んでいきたい」と今後に向けて語った。

目標は日本一

 多摩川河川敷などで行われる練習では、基礎的なトレーニングからバッティング練習などを行う。チームの目標は日本一だ。中学生の時に、全国制覇を経験している石倉監督は「野球だけに限らず、真摯に取り組み続けたら結果は出てくる。目先の結果だけにとらわれることなく、一生懸命やりたい」と前向きな姿勢をみせる。

 主将の矢島朋晃くんは大会について「試合ができる喜びと周りへの感謝を忘れないで試合をしたい。目標の日本一目指して、今後も頑張りたい」と意気込みを語った。

宮前区版のローカルニュース最新6

「不公正な社会を正し、差別をなくす」

【web限定記事】今なお続くヘイトスピーチ・デモ

「不公正な社会を正し、差別をなくす」 社会

神奈川新聞記者 石橋学さんインタビュー

5月7日号

間伐材でものづくり体験

【web限定記事】

間伐材でものづくり体験 文化

山北町で5月29日に

5月7日号

「出張所のあり方」市長へ提言

向丘地区連合自治会

「出張所のあり方」市長へ提言 社会

5月7日号

地元アイドル、改名し始動

地元アイドル、改名し始動 文化

ハニートランス「川崎を元気に」

5月7日号

地域に支えられ2周年

ティダズハウス

地域に支えられ2周年 文化

8日にイベント

5月7日号

市民館で弁当作り講座

市民館で弁当作り講座 文化

18日から申し込み開始

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter