宮前区版 掲載号:2022年5月13日号 エリアトップへ

ウクライナ支援イベント 涙ながらに130人耳傾け ソロツカさん講演

社会

掲載号:2022年5月13日号

  • LINE
  • hatena
壇上で語るソロツカさんの娘
壇上で語るソロツカさんの娘

 ウクライナを支援するチャリティイベント『つなぐ、むすぶ、とどける』が5月2日、宮前市民館で行われた。

 菅生に住むウクライナ人、ソロツカさん(50)を招き、同国の今を知り、同じまちに暮らし何ができるかを考え、支援にもつなげようと、みやまえ有志の会が企画。130人超が集まった。

「未来創る戦い」

 ソロツカさんは家族で登壇。20代の娘2人がウクライナの歴史やロシアとの関係を紹介。「戦争が始まり母国で戦いたかったが、ここでできる支援がある。自由とウクライナの存在、未来のために戦っている。正確な情報を知り、自分なりの支援をしてくれたら」と訴えた。

 質疑応答では「他人事だったが、話を聞き考えるきっかけになった」「ずっと力になりたかったが、どうすれば」「守る戦いなのに、なぜウクライナの人々はそんなに強いのか」など涙ながらに語る人も見られた。20代男性からの「戦争の後のビジョンは」との問いに、娘2人は「ウクライナは団結している。より美しい国、未来を創りたい」と答えた。

 東欧に留学経験のある中野絢斗さんは、戦争以前のウクライナやベラルーシを写真を交えて紹介。「遠い国のできごとと思われがちだが、意外と近いと感じてほしい」などと語った。

 参加者同士車座になって語り合う場も設けられ、同会の籔本亜里代表は「同じまちに住む我々で何を分かち合い、どうつながっていくのか、改めて問われているのを感じた」と話した。

 当日集まった寄付金32万3210円は、日本ウクライナ友好協会へ6日付けで全額寄付。人道支援に使われる。

宮前区版のローカルニュース最新6

星に願いを

星に願いを 文化

向丘出張所に七夕飾り

6月24日号

10年の軌跡展示で交流

10年の軌跡展示で交流 文化

大好きみやまえ展

6月24日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

川崎北は白山と

6月24日号

穢れ祓う茅の輪

穢れ祓う茅の輪 文化

野川神明社に26日から

6月24日号

シェアサイクル本格運用

女性議員割合23・3%

県内市町村アンケート

女性議員割合23・3% 政治

川崎25%、3政令市でトップ

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook