多摩区版 掲載号:2021年6月4日号 エリアトップへ

JR南武線稲田堤駅 南側「仮改札」 6日から 橋上化に向け、約2年間

社会

掲載号:2021年6月4日号

  • LINE
  • hatena
仮設駅舎に看板がついた稲田堤駅南側=先月
仮設駅舎に看板がついた稲田堤駅南側=先月

 橋上駅舎化等に向けた工事が進むJR南武線稲田堤駅の改札口が6月6日(日)始発から、南側(立川駅方面・下りホーム側)の仮設駅舎に移る。既存の北側(川崎駅方面・上りホーム側)の改札口は閉鎖され、解体工事が進められる。

 仮設駅舎の使用は2023年8月ごろまでを予定。仮改札口からの移動は、川崎駅方面へは仮跨線橋、立川駅方面へはスロープを通ってホームに進む。エレベーターは現状の設備を利用できる。

道路1・5m拡幅

 仮設駅舎が設けられる駅南側については、近くに駐輪場があり、道が狭く混雑が予想されることから、地域住民から安全対策を求める声が挙がっていた。昨年12月に市とJR東日本、工事業者が開いた住民説明会の段階では、道路の拡幅部分を約1メートルとしていたが、その後約1・5メートルに拡大。元の道路と合わせて約5・5メートルの幅をとり、歩行者の通り道を確保する。

 地元の菅町会では、「南側の交通量が増えて混乱するのでは」という声も。同町会の濃沼健夫会長は「交通整理について、しばらくの間は警備員を配置してもらうようJRに打診。何人か立っていただくことになった」と話す。

 川崎市による南武線アクセス向上等整備事業の一つとして、稲田堤駅の自由通路および橋上駅舎化整備は、24年春の全面利用開始を目指し進行。19年6月に解体工事着手、20年4月から本体工事が行われてきた。
 

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook