多摩区版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 岡野 敏明さん

    川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

    岡野 敏明さん

    登戸在住 60歳

    「患者を診る、それだけ」 ○…新型コロナウイルスの集団感染が起きた大型船で先月、日本医師会の医療チーム(JMAT)に川崎市...(続きを読む)

    3月27日号

  • 瀧村 治雄さん

    川崎市全町内会連合会会長に就任した

    瀧村 治雄さん

    高津区在住 82歳

    「向こう三軒両隣、大切に」 ○…近年、自治会や町会の加入率の低下が課題となる中、昨年の台風では重要性が再認識されたことに「...(続きを読む)

    3月20日号

  • 岡本 幹彦さん

    多摩区ソーシャルデザインセンター(多摩SDC)の代表を務める

    岡本 幹彦さん

    中野島在住 58歳

    新風起こす、市井の力 ○…数々の話し合いを経て、いよいよ来週開所する多摩SDC。「具体的に何をやるのかと皆に言われる。どう...(続きを読む)

    3月13日号

  • 松岡 嘉代子さん

    「向ヶ丘遊園の緑を守り、市民いこいの場を求める会」の事務局長を務める

    松岡 嘉代子さん

    東生田在住 72歳

    共に育む「遊園」愛 ○…向ヶ丘遊園の閉園を知った2001年秋、「黙って見過ごしたら一生後悔する」と決意。友人らに声をかけ、...(続きを読む)

    3月6日号

  • 草間 園子さん

    東日本旅客鉄道(JR東日本)登戸駅で、女性初の駅長に着任した

    草間 園子さん

    東京都在住 44歳

    愛される「地域の顔」に ○…鉄道会社の礎ともいえる乗客の「安定輸送」や、おもてなしの心を追求し続けて20年。「企画・サービ...(続きを読む)

    2月28日号

  • 水島 涼太さん

    俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する

    水島 涼太さん

    東生田在住 68歳

    出会い紡ぐ 役者人生 ○…5年前、稲城市で87歳の母を看取った。認知症と特養生活、急な入院と「看取り」の決断、最期に贈った...(続きを読む)

    2月21日号

  • 伊藤 栄一さん

    多摩交通安全協会の理事で、交通栄誉章「緑十字金章」を受章した

    伊藤 栄一さん

    宿河原在住 81歳

    「安全」支えるまなざし ○…多摩交通安全協会で46年。交通安全功労者に贈られる最高章「緑十字金章」を受け、静かに喜びをかみ...(続きを読む)

    2月14日号

  • 石川 雄也さん

    登戸で美化活動を行う「グリーンバード専修大学チーム」の代表を務める

    石川 雄也さん

    枡形在住 19歳

    「一度きり」今に注ぐ ○…国内外約90カ所でごみ拾い活動を行うNPO法人「グリーンバード」のチームを登戸・向ヶ丘遊園駅周辺...(続きを読む)

    2月7日号

  • 西尾 信さん

    2019年度「第32回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

    西尾 信さん

    枡形在住 78歳

    誠実に、感謝と共に ○…枡形3丁目に位置する約100世帯の町会「松本ふたば会」、近隣21町会による「東生田町会連絡協議会」...(続きを読む)

    1月31日号

  • 松平 晃さん

    阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

    松平 晃さん

    上丸子山王町在住 77歳

    音色に思い、被災地へ ○…阪神・淡路大震災が発生した1月17日。「早朝追悼のつどい」(神戸市)で1999年からトランペット...(続きを読む)

    1月24日号

  • 岸井 洋一さん

    多摩防火協会の会長として、啓発活動に取り組む

    岸井 洋一さん

    南生田在住 76歳

    「人のため」思い継ぎ ○…区民の防火意識向上を目指し、協会を率いて3年ほど。火災予防運動として区役所近隣で行っていた防火パ...(続きを読む)

    1月17日号

  • 勢津 智佳さん

    川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

    勢津 智佳さん

    幸区在住 39歳

    3カ国語操る国際派 ○…「まちをよくする人を一人でも多く生み出すのがJCの役割」という。20代から40歳までの若者がまちづ...(続きを読む)

    1月10日号

  • 成田 真由美さん

    パラリンピック競泳の金メダリストで、東京大会の日本代表入りを目指す

    成田 真由美さん

    多摩区在住 49歳

    「お迎えする心」広めたい ○…「東京2020パラリンピック」の日本代表推薦選手を決めるパラ水泳春季記録会兼選考戦(3月6日...(続きを読む)

    1月1日号

  • 草壁 悟朗さん

    川崎商工会議所の会頭に先月就任した

    草壁 悟朗さん

    県立多摩高校出身 66歳

    川崎の可能性信じ、前へ ○…川崎信用金庫(川信)で40年、理事長まで務めた経験と実績を期待され、会頭への打診を受けた。経営...(続きを読む)

    12月20日号

  • 橋本 健さん

    あす開催される「第9回たま音楽祭」の実行委員長を務める

    橋本 健さん

    登戸新町在住 53歳

    発想を力に、動かす ○…冬の一大イベントとして定着した、区民がつくる「たま音楽祭」。前回から実行委員になり、今年第9回の指...(続きを読む)

    12月6日号

  • 深城 由美子さん

    西菅小学校の創立30周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

    深城 由美子さん

    菅北浦在住 54歳

    愛情深く、恩返しを ○…「西菅」の町に愛される学校、どんなときでも帰ってきたくなる学校であってほしい――。30周年の事業を...(続きを読む)

    11月29日号

  • 井田 光一さん

    稲田小学校の創立140周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

    井田 光一さん

    宿河原在住 62歳

    心温かに、成長見つめ ○…5人の子どもたち、そして自らも卒業した稲田小。同校が121年目、長女が2年生のときPTA役員にな...(続きを読む)

    11月22日号

  • 大石 千明さん

    枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

    大石 千明さん

    生田在住 60歳

    「祭りの心」で、輪広げ ○…息子3人はみんな「枡中」の卒業生。三男が2年生だった10年前に第22代PTA会長を務め、創立3...(続きを読む)

    11月15日号

  • 武井 慎一郎さん

    川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

    武井 慎一郎さん

    高津区在住 53歳

    「歌姫」のパワー信じて  ○…「川崎の歌姫」として、市の魅力を発信し続けるプロ歌手・桜井純恵...(続きを読む)

    11月8日号

  • 北條 秀衛さん

    20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

    北條 秀衛さん

    麻生区在住 73歳

    変わりゆく文化、みつめて ○…「平成の30年間を歩み続けたのが岡本太郎美術館」。川崎市市民ミュージアムで平成元年から、岡本...(続きを読む)

    11月1日号

  • 山田 大晟さん

    専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

    山田 大晟さん

    相模原ゴルフクラブ所属 24歳

    優しきリーダー、夢の地へ ○…毎年1000人規模が複数の関門で競い、合格基準は最終テスト上位50位タイという日本プロゴルフ...(続きを読む)

    10月25日号

  • 余湖 英子さん

    多摩区文化協会の会長を務める

    余湖 英子さん

    中野島在住 66歳

    音色で継ぐ、代々の思い ○…伝統芸能やバレエ、生け花など、区内団体らが所属する設立50年の多摩区文化協会。中野島で藤本流三...(続きを読む)

    10月18日号

  • 古橋 岳也さん

    川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

    古橋 岳也さん

    枡形在住 31歳

    「好き」と「覚悟」で頂点へ ○…日本スーパーバンタム級(約55キロ以下)タイトル挑戦者決定戦で先月、判定勝ちを収めて3度目...(続きを読む)

    10月11日号

  • 櫻井 裕二さん

    多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

    櫻井 裕二さん

    宿河原在住 76歳

    頼れる町の「管理人さん」 ○…近所の人と連絡が取れなくて――。新聞でも空家問題が取り沙汰された4年前、そんな相談を受けてす...(続きを読む)

    10月4日号

  • 木村 元彦さん

    設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

    木村 元彦さん

    東三田在勤 38歳

    「探究心」胸に、思い伝え ○…設立以来280人以上が通い、そのうち半数近くが多摩区の子どもたち。7年ほど前から本格的に大会...(続きを読む)

    9月27日号

  • 海法 潤二さん

    辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

    海法 潤二さん

    菅馬場在住 71歳

    やれること、やり切る ○…「どうでもいい命なんて一つもない。人も動物も、かろうじて生きているんだから」。沖縄県名護市辺野古...(続きを読む)

    9月20日号

  • 金子 敦さん

    「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

    金子 敦さん

    菅馬場在住 57歳

    使命胸に、「舞」後世へ ○…薬師様の命日である9月12日に近い日曜日、薬師堂で勇壮な舞を魅せる「菅の獅子舞」。3頭の獅子を...(続きを読む)

    9月13日号

  • 森田 忠正さん

    「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

    森田 忠正さん

    登戸在住 74歳

    未踏の領域、探究し続け ○…戦時中に旧日本陸軍が開設し、風船爆弾や偽札の開発など秘密戦の中核を担った「登戸研究所」。明治大...(続きを読む)

    9月6日号

  • 中山 紳一さん

    公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

    中山 紳一さん

    中原区在住 58歳

    スポーツの情熱を市民に ○…市民スポーツ関連など市内40団体が加盟し、大会の主催や競技指導者の育成講習会を行う協会の新リー...(続きを読む)

    8月23日号

  • 渡邉 直美さん

    公益財団法人川崎市生涯学習財団の理事長に、6月に就任した

    渡邉 直美さん

    枡形在住 63歳

    学ぶ楽しさ、伝えたい ○…年間7千人が学ぶ講座を開く「かわさき市民アカデミー」など、各団体が活用する生涯学習プラザ(中原区...(続きを読む)

    8月9日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク