多摩区版 エリアトップへ

人物風土記の記事一覧

  • 橋本 健さん

    あす開催される「第9回たま音楽祭」の実行委員長を務める

    橋本 健さん

    登戸新町在住 53歳

    発想を力に、動かす ○…冬の一大イベントとして定着した、区民がつくる「たま音楽祭」。前回から実行委員になり、今年第9回の指...(続きを読む)

    12月6日号

  • 深城 由美子さん

    西菅小学校の創立30周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

    深城 由美子さん

    菅北浦在住 54歳

    愛情深く、恩返しを ○…「西菅」の町に愛される学校、どんなときでも帰ってきたくなる学校であってほしい――。30周年の事業を...(続きを読む)

    11月29日号

  • 井田 光一さん

    稲田小学校の創立140周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

    井田 光一さん

    宿河原在住 62歳

    心温かに、成長見つめ ○…5人の子どもたち、そして自らも卒業した稲田小。同校が121年目、長女が2年生のときPTA役員にな...(続きを読む)

    11月22日号

  • 大石 千明さん

    枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

    大石 千明さん

    生田在住 60歳

    「祭りの心」で、輪広げ ○…息子3人はみんな「枡中」の卒業生。三男が2年生だった10年前に第22代PTA会長を務め、創立3...(続きを読む)

    11月15日号

  • 武井 慎一郎さん

    川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

    武井 慎一郎さん

    高津区在住 53歳

    「歌姫」のパワー信じて  ○…「川崎の歌姫」として、市の魅力を発信し続けるプロ歌手・桜井純恵...(続きを読む)

    11月8日号

  • 北條 秀衛さん

    20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

    北條 秀衛さん

    麻生区在住 73歳

    変わりゆく文化、みつめて ○…「平成の30年間を歩み続けたのが岡本太郎美術館」。川崎市市民ミュージアムで平成元年から、岡本...(続きを読む)

    11月1日号

  • 山田 大晟さん

    専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

    山田 大晟さん

    相模原ゴルフクラブ所属 24歳

    優しきリーダー、夢の地へ ○…毎年1000人規模が複数の関門で競い、合格基準は最終テスト上位50位タイという日本プロゴルフ...(続きを読む)

    10月25日号

  • 余湖 英子さん

    多摩区文化協会の会長を務める

    余湖 英子さん

    中野島在住 66歳

    音色で継ぐ、代々の思い ○…伝統芸能やバレエ、生け花など、区内団体らが所属する設立50年の多摩区文化協会。中野島で藤本流三...(続きを読む)

    10月18日号

  • 古橋 岳也さん

    川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

    古橋 岳也さん

    枡形在住 31歳

    「好き」と「覚悟」で頂点へ ○…日本スーパーバンタム級(約55キロ以下)タイトル挑戦者決定戦で先月、判定勝ちを収めて3度目...(続きを読む)

    10月11日号

  • 櫻井 裕二さん

    多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

    櫻井 裕二さん

    宿河原在住 76歳

    頼れる町の「管理人さん」 ○…近所の人と連絡が取れなくて――。新聞でも空家問題が取り沙汰された4年前、そんな相談を受けてす...(続きを読む)

    10月4日号

  • 木村 元彦さん

    設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

    木村 元彦さん

    東三田在勤 38歳

    「探究心」胸に、思い伝え ○…設立以来280人以上が通い、そのうち半数近くが多摩区の子どもたち。7年ほど前から本格的に大会...(続きを読む)

    9月27日号

  • 海法 潤二さん

    辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

    海法 潤二さん

    菅馬場在住 71歳

    やれること、やり切る ○…「どうでもいい命なんて一つもない。人も動物も、かろうじて生きているんだから」。沖縄県名護市辺野古...(続きを読む)

    9月20日号

  • 金子 敦さん

    「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

    金子 敦さん

    菅馬場在住 57歳

    使命胸に、「舞」後世へ ○…薬師様の命日である9月12日に近い日曜日、薬師堂で勇壮な舞を魅せる「菅の獅子舞」。3頭の獅子を...(続きを読む)

    9月13日号

  • 森田 忠正さん

    「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

    森田 忠正さん

    登戸在住 74歳

    未踏の領域、探究し続け ○…戦時中に旧日本陸軍が開設し、風船爆弾や偽札の開発など秘密戦の中核を担った「登戸研究所」。明治大...(続きを読む)

    9月6日号

  • 中山 紳一さん

    公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

    中山 紳一さん

    中原区在住 58歳

    スポーツの情熱を市民に ○…市民スポーツ関連など市内40団体が加盟し、大会の主催や競技指導者の育成講習会を行う協会の新リー...(続きを読む)

    8月23日号

  • 渡邉 直美さん

    公益財団法人川崎市生涯学習財団の理事長に、6月に就任した

    渡邉 直美さん

    枡形在住 63歳

    学ぶ楽しさ、伝えたい ○…年間7千人が学ぶ講座を開く「かわさき市民アカデミー」など、各団体が活用する生涯学習プラザ(中原区...(続きを読む)

    8月9日号

  • 根本 星来(せいら)さん

    専修大学少年少女レスリング教室出身で、カデットの世界選手権に出場する

    根本 星来(せいら)さん スポーツ

    登戸在住 17歳

    「継続」胸に、攻めのタックル  ○…ブルガリア共和国で8月4日まで行われるカデット(16・1...(続きを読む)

    8月2日号

  • 萩坂 心一さん

    平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

    萩坂 心一さん

    登戸在住 61歳

    次代へ、演じ伝えて  ○…広島で被爆した森政忠雄さん(麻生区在住)の講演に感銘を受け、共に平...(続きを読む)

    7月26日号

  • 大庭 美代子さん

    3周年を迎えたおしゃべりサロン「あゆみ」を主宰し、母子支援活動に尽くす

    大庭 美代子さん

    中野島在住 50歳

    「夢」描ける喜び、広めたい ○…妊娠や出産、子育ての悩みを気軽に話してもらう場として中野島と生田で始めた、おしゃべりサロン...(続きを読む)

    7月19日号

  • 大杉 浩司さん

    川崎市岡本太郎美術館の学芸員で20周年記念展を担当する

    大杉 浩司さん

    宿河原在住 58歳

    忘れぬ感情、今も心に ○…あす始まる20周年記念展。これまでの歩みを振り返ろうと、開館以来の企画展をすべて集めた。およそ2...(続きを読む)

    7月12日号

  • 廣田 健一さん

    ライオンズクラブ国際協会330―B地区5R―2Zのゾーンチェアパーソンに就任した

    廣田 健一さん

    菅北浦在住 69歳

    感謝胸に、支えあう ○…市内北部の6ライオンズクラブ(LC)の統括責任者として、今月から新たな一年が始まった。同役職に推薦...(続きを読む)

    7月5日号

  • 石井 芳和さん

    登戸区画整理事務所の所長に今春就任した

    石井 芳和さん

    登戸在勤 53歳

    対話重ね、「至誠惻怛(しせいそくだつ)」 ○...3年前に登戸区画整理事務所に配属され、企画担当課長、換地担当課長を経て、...(続きを読む)

    6月21日号

  • 濃沼 健夫さん

    多摩区町会連合会の会長に今月着任した

    濃沼 健夫さん

    菅馬場在住 74歳

    「変わる時代」 見つめて ○…菅町会会長として5年目を迎え、多摩区町会連合会のリーダーに就いた。区町連には88の自治会・町...(続きを読む)

    6月14日号

  • 木村 徹さん

    多摩区PTA協議会の会長に先月就任した

    木村 徹さん

    菅在住 45歳

    親と子に寄り添って ○…区内の市立小学校14校、中学校7校のPTAが所属する「多摩区PTA協議会」で、会長としての日々が始...(続きを読む)

    6月7日号

  • 鴨志田 麻衣さん

    タッチラグビー2019W杯銅メダルの日本代表選手で、競技普及に力を注ぐ

    鴨志田 麻衣さん

    生田在住 27歳

    芝駆け「トライ」、次代へ ○…同期や後輩が出場し、5位で悔し涙を流していたワールドカップ(W杯)前回大会を動画投稿サイトで...(続きを読む)

    5月31日号

  • なとみ みわさん

    義母との生活を描いたコミックエッセー『ばあさんとの愛しき日々』を出版した

    なとみ みわさん

    東三田在住 49歳

    家族のほっこり、絵に込め ○…すっとぼけた言動と笑顔で家族を楽しく振り回す―。義母との同居と介護が始まった10年前。家族日...(続きを読む)

    5月24日号

  • 栗原 真仁さん

    小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

    栗原 真仁さん

    登戸在勤 52歳

    優しき「まちのよろず屋」に ○…副駅長として汗を流した古巣の登戸駅に帰ってきた。アルバイト約60人を含む130人近い社員の...(続きを読む)

    5月17日号

  • 秋元 良己さん

    4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

    秋元 良己さん

    川崎区在住 59歳

    「和」重んじ、一歩ずつ ○…市消防局に入庁して36年。昨年までの5年間は中原区など3署で副署長を全うし、今回初めて署長に就...(続きを読む)

    4月19日号

  • 荻原(おぎはら) 圭一さん

    4月1日付で多摩区長に就任した

    荻原(おぎはら) 圭一さん

    大田区在住 58歳

    足でかせぎ、対話重ね ○…川崎市総合企画局の生田緑地担当や、岡本太郎美術館の副館長など多摩区ゆかりの役職を経て、22代目の...(続きを読む)

    4月12日号

  • 相庭 隆さん

    多摩区公園BOOKを編集する市民団体「たまたま子育てネットワーク」の代表

    相庭 隆さん

    中野島在住 63歳

    「子育て」の枠超えて ○…2011年度から編集を担う「多摩区公園BOOK」の第3版が、この春発行された。今回の改訂では団体...(続きを読む)

    4月5日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク