多摩区版

トップニュースの記事一覧

  • 今春、新運営体制に

    生田緑地

    今春、新運営体制に 社会

    企業特性生かし PR強化

     生田緑地と敷地内3施設を運営する指定管理者が、次年度から交代することがこのほど決まった。期間は2018年4月から23年3月。(株)日比谷花壇を代表企業に、自社...(続きを読む)

  • 病床、在宅医療に重点

    かわさき保健医療プラン

    病床、在宅医療に重点 社会

    新計画、3月末策定へ

     川崎市は現在、2018年度から6年間の川崎市医療、保健の基本指針になる「(仮称)かわさき保健医療プラン」の策定を進めている。団塊の世代が75歳以上になる202...(続きを読む)

  • 手づくり郷土(ふるさと)で大賞

    多摩川エコミュージアム

    手づくり郷土(ふるさと)で大賞 社会

    国交省、28日にグランプリ

     二ヶ領せせらぎ館(宿河原)を拠点に活動するNPO法人多摩川エコミュージアムが2017年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」の大賞に選定された。今月28日に行われる...(続きを読む)

  • 防災・都市整備に注力

    防災・都市整備に注力 政治

    石本区長、2018年を語る

     本紙では昨年4月に就任した多摩区の石本孝弘区長(58)に、恒例の新春インタビューを行った。石本区長は災害に強いまちづくりや、地域包括ケアシステムの推進など柱の...(続きを読む)

  • 門松に感謝込めて

    西生田在住田渕さん

    門松に感謝込めて 文化

    趣味から製作20年

     福の神を迎え入れる依代として正月に飾られる門松。西生田在住の田渕誠さん(67)は、そんな門松に魅せられ20年。年末に訪ねると、自宅車庫で黙々と門松づくりに勤し...(続きを読む)

  • 150万人都市 躍進へ

    150万人都市 躍進へ 政治

    福田市長 新年の展望語る

     2018年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。2期目を迎えた福田市長は、子育て支援や力強い産業都市づくり、ヘイトスピー...(続きを読む)

  • 工事再開 35億円増に

    等々力硬式野球場

    工事再開 35億円増に 経済

    土壌改良 3年後完成へ

     廃棄物混じりの土などが見つかり改築工事が中断している等々力硬式野球場(中原区)について、川崎市は土壌改良などに対する費用として約35億9千万円の増額...(続きを読む)

  • 「全員参加」で児童守る

    菅小父母と先生の会

    「全員参加」で児童守る 教育

    40年ぶり、文科大臣表彰

     2017年度優良PTA文部科学大臣表彰を受賞した川崎市立菅小学校(國武信行校長)父母と先生の会。災害を想定した「自助袋」の取り組みや全世帯参加の下校パトロール...(続きを読む)

  • 緑化・保全計画改定へ

    川崎市

    緑化・保全計画改定へ 社会

    10年で200ha増めざす

     川崎市内緑化推進と緑保全を掲げた10カ年の基本計画案を、市が公表した。1995年の策定以来、2度目の改定。緑化や保全活動の後継者不足など課題を踏まえ、市は20...(続きを読む)

  • 「協働」で多摩区2団体

    文部科学大臣表彰

    「協働」で多摩区2団体 教育

    中野島・宿河原から受賞

     中野島小学校の地域の寺子屋事業「遊びと学びの寺子屋」と宿河原幼稚園の保護者有志らによる「宿幼くまもと応援地域本部」の活動が、2017年度の「地域学校協働活動」...(続きを読む)

  • 川崎F、奇跡の逆転初V

    川崎F、奇跡の逆転初V スポーツ

    創設21年目で悲願達成

     サッカーJ1の最終節が今月2日に各地で行われ、地元・川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初のJ1タイトルを獲得。試合が行われた...(続きを読む)

  • 35年重ね、藍綬褒章

    多摩消防団増田副団長

    35年重ね、藍綬褒章 社会

    井田団長に続き2年連続

     2017年秋の褒章で藍綬(らんじゅ)褒章を受章した、多摩消防団副団長の増田朝光さん(65)=写真。菅馬場で生まれ育ち、1983年に入団して30年以上、消防活動...(続きを読む)

  • 待機児童374人、3倍超

    待機児童374人、3倍超 社会

    市内申請者 初の3万台に

     認可保育所に入れない川崎市内の待機児童が、10月1日時点で374人だったと市が公表した。利用申請者数は前年比2234人増の3万1527人で、初めて3万台に到達...(続きを読む)

  • 子ども食堂 半数が「居場所」

    子ども食堂 半数が「居場所」 社会

    専大生ら 市内18カ所調査

     川崎市内で活動中の子ども食堂を対象に、市民団体と専修大学の学生が協力して行った実態調査の結果がこのほど明らかになった。貧困家庭をはじめ多様な子どもの居場所づく...(続きを読む)

  • 自転車放置 禁止指定へ

    宿河原駅周辺

    自転車放置 禁止指定へ 社会

    市、駐輪場増やし581台に

     放置自転車対策として宿河原駅周辺を禁止区域に来春指定しようと、川崎市は今月16日からパブリックコメント(意見公募)を実施している。駐輪場不足の解消に向け、12...(続きを読む)

  • 12月に完全給食化

    北部市立中学校

    12月に完全給食化 社会

    センター稼働、1日6千食

     川崎市北部学校給食センター(麻生区)が12月1日、多摩区と麻生区の市立中学校への給食提供を開始する。1日6000食を提供する同センターでは、本格稼働を前に事業...(続きを読む)

  • 「健康遊具」公園に増加

    「健康遊具」公園に増加 社会

    市、4年間で44基設置

     川崎市内の公園や緑地で今、ぶら下がり器などの健康遊具が増えている。市が2016年度までに設置した健康遊具は、市内77施設に229基。少子高齢化を背景に高まる住...(続きを読む)

  • インフル 市内半数超え

    多摩区

    インフル 市内半数超え 社会

    6週で80件、流行の兆し

     川崎市が発表する感染症発生動向で、第39週(9月25日〜10月1日)から第44週(10月30日〜11月5日)の間に多摩区内のインフルエンザ患者報告数が80件に...(続きを読む)

  • 奇跡の逆転リーグ制覇へ

    ルヴァン杯準V川崎F

    奇跡の逆転リーグ制覇へ スポーツ

    サポーター「信じて応援を」 

     JリーグYBCルヴァンカップ決勝が11月4日、埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレは準優勝で大会を終えた。悲願の優勝はならなかったが、ま...(続きを読む)

  • 登戸に快速停車へ

    小田急電鉄

    登戸に快速停車へ 経済

    「複々線化」生かし、新ダイヤ

     小田急電鉄(東京都新宿区)は来年3月からの新ダイヤを1日に発表し、登戸が快速急行の停車駅に追加された。ラッシュピーク時は登戸から新宿まで最大9分短縮され、最速...(続きを読む)

  • 水曜ノー残業9割超

    川崎市職員

    水曜ノー残業9割超 社会

    長時間勤務 実態とズレも

     川崎市は今年5月から水曜日の完全定時退庁を実施するなど、働き方改革として市職員の長時間勤務の是正に本腰を入れている。6月の水曜日は9割超の職員が定時退庁した。...(続きを読む)

  • 高橋投手 福岡SBへ

    専大

    高橋投手 福岡SBへ スポーツ

    2位指名、生田で喜び語る

     プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が先月26日に都内で行われ、専修大学商学部4年の高橋礼投手(22)が福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた。高橋投...(続きを読む)

  • 福田氏 40万票で再選

    川崎市長選

    福田氏 40万票で再選 政治

    歴代最多得票、2氏破る

     任期満了に伴う川崎市長選挙が10月22日に投開票され、無所属で現職の福田紀彦氏(45)が川崎市長選挙過去最多の得票数となる40万票超を獲得し、いずれ...(続きを読む)

  • 古新聞で精巧模型

    向の岡工業高3年生9人

    古新聞で精巧模型 教育

    「レインボーブリッジ」再現

     県立向の岡工業高校(堰)建設科都市工学コースの3年生グループが、新聞紙でレインボーブリッジの模型を作り上げた。実物の250分の1、全長約3・5メートル。週3時...(続きを読む)

  • 風船爆弾 証言者集う

    明治大登戸研究所

    風船爆弾 証言者集う 社会

    元・製造動員女子生徒、あす

     明治大学平和教育登戸研究所資料館(山田朗館長)が10月21日、戦時中に風船爆弾製造に動員された女性7人(予定)を招き、証言会を開く。同館展示専門委員の渡辺賢二...(続きを読む)

  • 食育推進に987万円

    川崎市補正予算

    食育推進に987万円 政治

    国の補助523万円活用へ

     都市農業を生かした食育を推進しようと、川崎市は農林水産省による補助金制度の活用を見込み、9月補正予算で農林業振興費に約771万円、教育費に216万円の計987...(続きを読む)

  • 「キティちゃん」とコラボ

    JAセレサモス

    「キティちゃん」とコラボ 経済

    全国初、直売所に登場

     JAセレサ川崎の大型農産物直売所「セレサモス」と(株)サンリオが10月から共同企画を実施。全国初の試みで直売所の販促物等に人気キャラクター「ハローキティ」が登...(続きを読む)

  • 70周年の太鼓 初修復

    中野島有志団体

    70周年の太鼓 初修復 文化

    地元260人が寄付金

     中野島で70年受け継がれる大太鼓が初めて修理され、今月7日の中野島稲荷神社例大祭で披露された。地元の有志による太鼓修理の実行委員長を務めた田村忠蔵さん(68)...(続きを読む)

  • 新定義導入で 増加へ

    川崎市待機児童

    新定義導入で 増加へ 教育

    産休・育休中331人対象に

     川崎市内で保育を希望する待機児童について、市は10月1日時点の集計に厚生労働省が通知した「新定義」の適用を検討している。育児休業中でも復職の意思があれば、待機...(続きを読む)

  • 2日間で7千人超

    バスケB1サンダース

    2日間で7千人超 スポーツ

    ホーム開幕、前年比1割増

     バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は、2季目の2017―18シーズンが9月29日に開幕した。川崎市を拠点にする川崎ブレイブサンダースは29日と30日、...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本民家園でオペラ

日本民家園でオペラ

50周年記念コンサート

3月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク