多摩区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 800年 思い途絶えず

    菅獅子舞保存会

    800年 思い途絶えず 文化

    開催中止も、西菅小に伝授

     菅薬師堂で800年以上続く県指定文化財「菅の獅子舞」。今年は9月13日が開催日だったが、コロナ禍を受け中止に。逆境の中、菅獅子舞保存会(金子敦会長)は伝統を絶...(続きを読む)

    9月18日号

  • バスケで挑め「SDGs」

    Bリーグ川崎BT

    バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

    市と協定 健康など3本柱

     バスケットボールを通じてSDGs(持続可能な開発目標)を実現しようと、B1・川崎ブレイブサンダース(BT)は新企画を発表。9月14日、推進に向けた協定を川崎市...(続きを読む)

    9月18日号

  • 子ども向けに動画制作

    ワガママSUNバンド

    子ども向けに動画制作 教育

    市制定「権利の日」理解を

     子育て中の父母らで活動する「ワガママSUNバンド」が、11月20日の「かわさき子どもの権利の日」に向けて啓発動画を制作している。12月に参加する関連イベントの...(続きを読む)

    9月11日号

  • 標識設置 3割どまり

    防災農地

    標識設置 3割どまり 社会

    市、年間30カ所増で周知へ

     大震災時の一時避難場所として活用しようと、川崎市が登録を推進する「市民防災農地」の標識設置が進んでいない。登録農地のうち設置数は全体の約3割にとどまっており、...(続きを読む)

    9月11日号

  • 体制整え、リスク減へ

    区内避難所

    体制整え、リスク減へ 社会

    昨年台風とコロナ念頭に

     大規模な自然災害に備え、多摩区は感染症対策を考慮した避難所運営の体制づくりを進めている。令和元年東日本台風の検証を踏まえた風水害時のマニュアルとあわせて、感染...(続きを読む)

    9月4日号

  • 浸水対策 移転も視野

    川崎市市民ミュージアム

    浸水対策 移転も視野 社会

    低地盤、収蔵庫上階は困難

     東日本台風で浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアム(中原区)の将来像について、外部の有識者らが移転も視野に入れた検討を始めた。地盤が低く浸水しやすい立地に加え...(続きを読む)

    9月4日号

  • 「多摩川梨」 医療従事者へ

    「多摩川梨」 医療従事者へ 社会

    JAと市、多摩病院を応援

     大切に育てた農産物で、医療従事者にエールを--。セレサ川崎農業協同組合(JA・原修一組合長)と川崎市は8月18日、宿河原の市立多摩病院(長島悟郎病院...(続きを読む)

    8月28日号

  • 困難越え 全国準V

    百合高ダンス部

    困難越え 全国準V スポーツ

    動画共有し、振り付け練習

     高校ダンス部の甲子園「ダンススタジアム」と称される、第13回「日本高校ダンス部選手権」全国大会のスモールクラスで今月18日、南生田の県立百合丘高校が...(続きを読む)

    8月28日号

  • 初の楽曲、川崎F応援

    カワサキまるこ

    初の楽曲、川崎F応援 文化

    多摩高出身「yucat」が企画

     県立多摩高校出身のシンガーソングライター「yucat」(ユキャット)が、サッカーJ1・川崎フロンターレ公認キャラクター「カワサキまるこ」の歌手デビューをプロデ...(続きを読む)

    8月21日号

  • 「缶持ち去り」抑制へ条例

    川崎市

    「缶持ち去り」抑制へ条例 社会

    生活困窮者の支援、課題に

     資源ごみの一つ、アルミ缶の持ち去りが川崎市内で深刻化している。2018年度の被害想定額は約2790万円で、過去5年間で約1億1千万円もの市の収入源が流出。市は...(続きを読む)

    8月21日号

  • 収集・発信 重ね10年

    登戸研究所資料館

    収集・発信 重ね10年 社会

    記憶承継、「未知」に挑む

     今春に開館10周年を迎え、累計来館者数が8万人を突破した明治大学平和教育登戸研究所資料館(山田朗館長=人物風土記で紹介)。終戦75年をあす8月15日に控え、山...(続きを読む)

    8月14日号

  • 販売数、見込みの5割

    川崎じもと応援券

    販売数、見込みの5割 経済

       商店主ら「大型店も対象に」

     地域経済の復興策として川崎市が発行するプレミアム商品券「川崎じもと応援券」の購入申し込みが、今月6日時点で想定の5割にとどまっている。商店側からは「大型店を対...(続きを読む)

    8月14日号

  • オンライン稽古で成果

    剣桜会

    オンライン稽古で成果 コミュニティスポーツ

    「基礎」着々と、週1回継続

     菅地区を中心に活動する剣道クラブ「剣桜会」(佐藤英世会長)は、コロナ禍で取りやめていた稽古をオンラインで実現。会員児童向けに、5月から週1回ペースで...(続きを読む)

    8月7日号

  • 街路灯「維持費に重荷」

    市商連

    街路灯「維持費に重荷」 社会

    補助金増額、市へ求め

     会員が減少傾向にある川崎市内の商店会では、街路灯維持に苦慮する声が上がっている。財源が先細りする中、電気代や修繕費など維持管理費が運営を圧迫するケースも。市商...(続きを読む)

    8月7日号

  • 10月、緑地・水辺つなぐ

    多摩区観光協会

    10月、緑地・水辺つなぐ 社会

    初の催し 周遊で商店活性

     コロナ禍で数々のイベントが中止になり、飲食店等の売り上げが落ち込む中、地域活性を図ろうと多摩区観光協会(末吉一夫会長)が新たな催しを計画している。開...(続きを読む)

    7月31日号

  • 「マスク不着用、理解を」

    「マスク不着用、理解を」 社会

    友人グループ 意思表示バッジ配布

     長沢在住のイラストレーター・渡邉和子さん(51)=人物風土記で紹介=と友人らによるグループ「わけがありますくプロジェクト」は、疾患等でやむを得ずマスクが着用で...(続きを読む)

    7月31日号

  • 銭湯絵師が創作実演

    読売ランド前どろんこ保育園

    銭湯絵師が創作実演 文化

    丸山清人さん 「富士山」描く

     日本で3人といわれる銭湯背景画絵師で現役最年長の丸山清人さん(84)を招き、読売ランド前どろんこ保育園は7月18日、ライブペインティングを開催。園内の子育て支...(続きを読む)

    7月24日号

  • 市、農地保全へ分岐点

    生産緑地22年問題

    市、農地保全へ分岐点 社会

    「特定」申請 周知進め

     市街地の農地を守ることを目的に、市からの指定で税金が減免される「生産緑地」。2022年にはその多くが指定から30年の期限を迎え、宅地化が懸念される。川崎市は農...(続きを読む)

    7月24日号

  • 菅稲田堤・堰に土のう設置

    菅稲田堤・堰に土のう設置 社会

    多摩区初の 「ステーション」

     多摩区道路公園センターは7月13日、台風や豪雨の浸水対策として自由に利用できる「土のうステーション」を菅稲田堤と堰に設置した。令和元年東日本台風(台風19号)...(続きを読む)

    7月17日号

  • 「ユリの花」 愛で10年

    百合丘高

    「ユリの花」 愛で10年 社会

    PTAら有志が植栽・管理

     南生田の県立百合丘高校(今田浩二校長)の正門横で、名物のヤマユリが今年も咲き誇っている。同校と地域が連携し、「百合の花咲く丘プロジェクト」として続けてきたユリ...(続きを読む)

    7月17日号

  • 「まちのひろば」見本示す

    多摩SDC

    「まちのひろば」見本示す 社会

    子ども食堂や音楽ライブ

     多摩区総合庁舎1階で今年3月にプレオープンし、中間支援機関として市民活動に関する相談受付等を行ってきた「多摩区ソーシャルデザインセンター」(多摩SDC)。その...(続きを読む)

    7月10日号

  • 生田東高 2人が受賞

    万引き防止ピクトグラム

    生田東高 2人が受賞 教育

    県警ら初のコンテスト

     神奈川県警察本部らによる初の万引き防止ピクトグラム(視覚記号)コンテストで、県立生田東高校3年の吾妻杏里さん(17)=宮前区在住=が最優秀賞、高津兵悟さん(1...(続きを読む)

    7月10日号

  • 実施校 目標の3分の1

    川崎市寺子屋

    実施校 目標の3分の1 教育

    計画7年目、新設進まず

     川崎市が市立小中学校165校での開設を目指してきた放課後学習支援「地域の寺子屋」が、事業7年目で56校にとどまっている。市は今年度計画に新設33校を掲げるが、...(続きを読む)

    7月3日号

  • 生田緑地 区域変更へ

    遊園跡地都市計画

    生田緑地 区域変更へ 経済

    説明会に50人超、意見交換

     向ヶ丘遊園(長尾)跡地利用に関する、川崎市による都市計画の素案説明会が先月25日に開かれ、生田緑地の区域変更が示された。この変更は小田急電鉄と市が2004年に...(続きを読む)

    7月3日号

  • レジ袋有料化で転機

    商店会エコポイント

    レジ袋有料化で転機 経済

    新たに「SDGs」啓発へ

     国が義務付ける「レジ袋有料化」が7月1日に始まる。これを受け、区内4商店会で運用されてきたエコポイントカードで、取り扱い店の約6割を占めていた「レジ袋不要」は...(続きを読む)

    6月26日号

  • 熱中症・コロナ 対策両立を

    熱中症・コロナ 対策両立を 社会

    市、ツイッターで注意喚起

     新型コロナウイルス対策としてマスク着用が日常化する中、厚生労働省は熱中症のリスクが高まる恐れがあるとして、「新しい生活様式」における熱中症の予防行動を発表。川...(続きを読む)

    6月26日号

  • 枡中・稲中 初の合同開講

    川崎市寺子屋

    枡中・稲中 初の合同開講 教育

    15日に活動再開、一番乗り

     枡形中学校の生徒を対象にした「地域の寺子屋事業」が6月15日に運営を再開。今回から稲田中学校が新たに加わり、市内初の2校受け入れ体制で始動した。市内各所の同事...(続きを読む)

    6月19日号

  • 向ヶ丘店 9月末閉店

    ダイエー

    向ヶ丘店 9月末閉店 経済

    「再出店」へ調整、計画は未定

     登戸の大型商業施設「ダイエー向ヶ丘店」が9月30日に営業を終了する。店舗設備の老朽化に対応するためで、土地や建物は今年2月に野村不動産へ売却。(株)ダイエーに...(続きを読む)

    6月19日号

  • 豪雨に備え 暫定運用

    五反田川放水路

    豪雨に備え 暫定運用 社会

    最大13万㎥貯め、被害減

     川崎市は6月1日、洪水被害の軽減に向けて整備を進める「五反田川放水路」の暫定運用を開始した。近年の豪雨災害を鑑み、一部完成した施設を活用。川の水位が上昇した際...(続きを読む)

    6月12日号

  • LINEで児童虐待防げ

    川崎市

    LINEで児童虐待防げ 教育

    相談体制拡充へ、導入検討

     児童虐待を防ごうと、川崎市は子どもからの相談窓口として無料通信アプリ「LINE(ライン)」の導入を検討。他都市の先行事例を踏まえ、早急に実現したい考えだ。一方...(続きを読む)

    6月12日号

「バンバンなら私もいける!」

9/23(水)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

「バンバンなら私もいける!」

9/23(水)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク