中原区版 掲載号:2018年3月2日号
  • LINE
  • hatena

新年会 賀詞交歓会

政治

■田中和徳衆議院議員

 衆議院予算委員会を終え会場に姿を現した田中氏は「予算委員会の理事として、野党に審議に応じてもらえるよう責任を持って進めている」と挨拶。日本の成長は税収の伸びにあるとし、「平成30年の税収は59兆円で、ピークだった平成2年の60兆円に次ぐ。アベノミクスをやり遂げ社会保障を充実させ、国民に誇りを感じてもらえる国にしなければならない」と強調した。また、これまで議員立法で成立させてきた、原子力規制委員会設置、酒の安売り規制、再犯防止推進計画などに加え、新たに地籍調査の促進について前向きな姿勢を示した。「川崎をはじめ都市部は地籍調査が進んでおらず、調査には時間も私費もかかる。官民の境界を確定させる必要がある」と訴えた。(2月21日、川崎日航ホテル)

■川本学県議

 地元後援会や関係者が集まり、来賓からの激励を受けあいさつに立った川本氏は、昨年の12月議会で自身が質問した再犯防止推進計画について言及。「一般刑法犯の認知件数は平成14年のピーク時から年々減少傾向にあったが、約99万件と戦後初めて100万件を下回った。この施策の策定が進めば、さらに減少していくという予測もある」と期待感を示した。

 また、老朽化が進んでいた中原養護学校の全面改修が決定したことも報告した。さらに「今年は明治維新より150年目となる節目の年。その精神に倣い、今年1年しっかり地域発展のために尽力したい」と決意を述べた。(2月24日、ホテル精養軒)

■川島雅裕市議

 支援者らが集まる中、川島氏は公明党市議団による予算要望について報告。LED防犯灯や武蔵小杉駅のホームドアの設置、認可保育所の受入れ拡大、保育士の処遇改善など現状の課題に触れながら紹介した。また、防災について議会で質問した小学校の水飲み場の活用について言及。「病院や中学校だけでなく小学校の水道の耐震管整備をすべきと訴え、2023年までに全小中学校で整備が完了する見通し」と報告した。また、看護師不足や医療の高度化などを背景に、市立看護短大が2022年に4年制となる動きや、申込の重複等が課題となっている特養の申込み一元化などの取組みにも触れた。(2月25日、市国際交流センター)

決意をみせる田中氏
決意をみせる田中氏
市政報告する川島氏
市政報告する川島氏
県政報告する川本氏
県政報告する川本氏

関東労災病院 市民公開講座

膵がん・胃がん・貧血について専門医が分かりやすく説明

http://www.kantoh.johas.go.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6件

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月28日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 9月14日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク