中原区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 「空き巣」の増加続く

    中原区内

    「空き巣」の増加続く 社会

    県内では、ほぼ半減も

     中原区内で空き巣被害が増加している。昨年1年間は、前年比8件増の32件。今年もすでに、7件(前年比1件増)が報告されている。外出自粛によるテレワーク...(続きを読む)

    3月5日号

  • 実験拡大、武蔵小杉でも

    市シェアサイクル

    実験拡大、武蔵小杉でも 社会

    4月から 区役所付近を検討

     地域活性化や公共交通機能の補完などの課題解決に向け、川崎市が2019年から2エリアで取り組んできた「シェアサイクル実証実験」。市は先月16日、武蔵小...(続きを読む)

    3月5日号

  • 「内水」で2割浸水予測

    中原区内

    「内水」で2割浸水予測 社会

    市、最大規模想定 マップ公表

     川崎市は2月12日、最大規模の降雨時に浸水する区域と深さを示す「内水ハザードマップ」を公表した。中原区では面積の約2割の浸水が予測され、これまでに浸...(続きを読む)

    2月26日号

  • 「区民会議」刷新 案示す

    川崎市

    「区民会議」刷新 案示す 社会

    2024年度、本格始動へ

     区民主体による地域の課題解決を掲げ、2006年から6期12年にわたり実施後、廃止された「区民会議」。市民が区政に参加する新たな場づくりに向け、川崎市は「考え方...(続きを読む)

    2月26日号

  • 市内初の宿泊療養施設に

    【Web限定記事】リッチモンドホテル

    市内初の宿泊療養施設に 社会

    25日から受け入れ開始

     神奈川県は、新型コロナウイルス感染症の軽症者らを受け入れる宿泊療養施設として、リッチモンドホテルプレミア武蔵小杉(新丸子東)を2月25日から利用開始すると発表...(続きを読む)

    2月19日号

  • 青色回転灯、15台に増設

    【Web限定記事】中原区予算案

    青色回転灯、15台に増設 社会

    パトロール体制強化へ

     川崎市は中原区の2021年度予算案を今月発表。前年比約7460万円増の12億9260万2千円を計上した。公用車に装着する青色回転灯を15台に増やし、青色防犯パ...(続きを読む)

    2月19日号

  • 農業で交流育む場に

    総合自治会館跡地

    農業で交流育む場に 社会

    市、東レ建設と協定締結

     川崎市総合自治会館跡地(小杉町3丁目)の土地活用を行う事業者が東レ建設(株)に決定。川崎市は2月2日、同社と基本協定を締結した。高床式栽培台を使った...(続きを読む)

    2月12日号

  • コロナ対策に217億円

    川崎市予算案

    コロナ対策に217億円 社会

    追加予算見据え、経営支援

     川崎市は2月8日、2021年度当初予算案を発表。一般会計は7年連続過去最高の8208億円となった。最優先課題として新型コロナ対策に約217億3千万円を計上し、...(続きを読む)

    2月12日号

  • 「危険な塀」 撤去進まず

    川崎市内通学路

    「危険な塀」 撤去進まず 社会

    市、助成継続で促進へ

     川崎市内にある小学校の通学路で、危険なブロック塀の撤去が滞っている。3年前に大阪府北部地震で発生した倒壊による死亡事故を受け、市は点検を実施。把握し...(続きを読む)

    2月5日号

  • 道路調査にAI試用

    中原区内

    道路調査にAI試用 社会

    市、NECの技術を活用

     川崎市は今月1日から、道路の劣化診断にAIを導入する実証実験を中原区で始めた。現状は目視での見回りに留まるため、正確性と効率性を上げるために日本電気株式会社(...(続きを読む)

    2月5日号

  • 区内巡る散策マップ発行

    中原歩こう会

    区内巡る散策マップ発行 コミュニティ社会

    「コロナ下の運動不足解消に」

     健康増進や友人作りを目的に活動する「中原歩こう会」が今月、個人のウオーキングに役立ててほしいと中原区内を巡るコースを紹介する散策マップを発行した。区...(続きを読む)

    1月29日号

  • 植物由来のごみ袋配布

    木月一丁目町会

    植物由来のごみ袋配布 社会

    2300世帯へ「環境保全考えて」

     木月一丁目町会(内田治彦会長)は、環境保全の観点から主原料の100%がサトウキビの廃糖蜜でできたビニール袋の全戸配布を始める。今年度内をめどに、全2300世帯...(続きを読む)

    1月29日号

  • 被災記録、動画で公開

    川崎市市民ミュージアム

    被災記録、動画で公開 文化

    文化財の防災 考える機会に

     令和元年東日本台風で被災し、現在も休館中の川崎市市民ミュージアムがこのほど、復旧・復興へ向けた1年間の活動記録を動画にまとめて公開した。水没した約23万点の収...(続きを読む)

    1月22日号

  • 防災対策望む声 6割

    中原区民アンケート

    防災対策望む声 6割 社会

    「住み続けたい」意向は強く

     中原区は1月13日、区民アンケートの調査結果を公表した。定住意向に関する問いでは、「これからも住んでいたい」と答えた人が全体の75・5%に上った。一方、生活環...(続きを読む)

    1月22日号

  • 平間小が 「特別賞」

    SDGsアワード

    平間小が 「特別賞」 社会

    全国3校目、地域活動に評価

     平間小学校(佐川昌広校長)が先月21日、第4回ジャパンSDGsアワードの特別賞「SDGsパートナーシップ賞」を受賞した。政府がSDGs(持続可能な開...(続きを読む)

    1月15日号

  • 市立小へ導入足踏み

    フッ化物洗口

    市立小へ導入足踏み 社会

    市教委、コロナ対応優先で

     川崎市教育委員会は、むし歯予防に有効とされる「フッ化物洗口」の市立小学校への導入に向け、年度内に予定していた歯科医らからの意見聴取を見送る方針を示した。コロナ...(続きを読む)

    1月15日号

  • 「新化(しんか)」のまちづくりを

    「新化(しんか)」のまちづくりを 社会

    永山区長、2021年を語る

     新年にあたり、本紙では永山実幸中原区長にインタビューを行った。昨年の区政運営などを振り返るとともに、新しい生活様式に合わせたまちづくりの展望などを語...(続きを読む)

    1月8日号

  • 児童自ら「安全マップ」

    井田共和会第4町会

    児童自ら「安全マップ」 社会

    登戸の事件受け、区と連携

     井田共和会第4町会の児童らが先月19日、犯罪が起こりやすい場所を自ら調べてまとめた「安全マップ」を作成した。多摩区登戸で児童らが殺傷された2019年の事件を教...(続きを読む)

    1月8日号

  • 「利他」の心 好循環へ

    「利他」の心 好循環へ 社会

    福田市長、2021年を語る

     2021年の幕開けにあたり、本紙は福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。脱炭素やSDGsなど今後の戦略を示すとともに、感染症対策や自然災害への取り...(続きを読む)

    1月1日号

  • 史跡に案内板を設置

    宮内自治会

    史跡に案内板を設置 文化

    地域の記憶を後世へ

     宮内自治会(田村二三夫会長)が、地域の史跡や旧地名の由来を残そうと先月、独自に案内板を設置した。これは2019年から続く活動で、3年間かけて約19の候補地に設...(続きを読む)

    1月1日号

  • 八百八橋を庭園風に

    神明神社

    八百八橋を庭園風に 文化

    氏子ら有志が整備

     上小田中の神明神社に保存されていた川崎市地域有形文化財の「八百八橋(はっぴゃくやばし)」を使った庭園風の憩いの場が完成した。今年4月から計画を進めていた氏子崇...(続きを読む)

    12月25日号

  • 聖地・川崎から世界へ

    ブレイキン

    聖地・川崎から世界へ スポーツ

    中原区・石川さん パリ五輪決定で会見

     中原区在住の石川勝之さん(39)が本部長を務める公益社団法人日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス本部は14日、川崎区で記者会見を行った。主に一対一でダンスを披...(続きを読む)

    12月25日号

  • 950人に「防犯教室」

    上丸子小学校

    950人に「防犯教室」 教育

    中原警察署が4日かけ

     上丸子小学校(中西憲子校長)で12月1日から4日間にわたり、全児童950人を対象に中原警察署による防犯教室が実施された。学年ごとにテーマを設けて行うことで、参...(続きを読む)

    12月18日号

  • 区制50周年、動画作成へ

    まちづくり推進委員会

    区制50周年、動画作成へ 社会

    活動20年の集大成

     中原区まちづくり推進委員会(関口清委員長)は今月3日、2022年に迎える区制50周年に向けて区のPR動画を作成すると発表した。年明けから準備を始め、22年春ご...(続きを読む)

    12月18日号

  • 駐輪禁止を呼びかけ

    小杉新複合施設周辺

    駐輪禁止を呼びかけ 社会

    先月、対象区域に

     川崎市は先月6日、武蔵小杉駅周辺の「自転車等放置禁止区域」を拡張した。施行から1カ月経ち放置自転車が見られており、同施設の関係者は周知に努めている。拡張は複合...(続きを読む)

    12月11日号

  • 市広報誌、謝金見込めず

    自治会町内会

    市広報誌、謝金見込めず 社会

    配布作業休止 財源に影響

     川崎市は感染症対策として、主に自治会・町内会が担ってきた「かわさき市政だより」の一部配布について、依頼を見合わせている。配布謝礼金が途絶えた多くの自治会・町内...(続きを読む)

    12月11日号

  • 災害備え、多言語で訓練

    国際交流協会

    災害備え、多言語で訓練 社会

    外国人支援、情報伝達を確認

     川崎市国際交流協会は11月29日、大規模災害発生時に外国人を支援するための訓練を同センターで行った。協会職員のほか、外国人市民や留学生、木月一丁目町会、通訳ボ...(続きを読む)

    12月4日号

  • 「おめでとうフロンターレ」

    「おめでとうフロンターレ」 スポーツ

    市内で祝福ムード広まる

     川崎フロンターレは11月25日、等々力陸上競技場でガンバ大阪を5対0で下し、サッカーJ1史上最速、2年ぶり3度目のリーグ優勝を果たした。市や商店街で...(続きを読む)

    12月4日号

  • 30年後、「脱炭素」実現へ

    川崎市

    30年後、「脱炭素」実現へ 経済

    排出量ゼロへ戦略策定

     川崎市は12日、2050年の二酸化炭素(CO2)排出量の実質ゼロを目指す脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定した。政令市の中で...(続きを読む)

    11月27日号

  • 「応援券」利用で活気

    「応援券」利用で活気 経済

    区内1169店舗が登録

     新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ市内経済の活性化を図るため、市が発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」。10月末に販売終了して以降、区内の商店でも徐...(続きを読む)

    11月27日号

中原区役所よりお知らせ

中原区保育・子育て総合支援センターがオープン

https://www.city.kawasaki.jp/450/page/0000124044.html

<PR>

働くなら地元!正社員募集中

今年創業100年の㈱横滝では販売営業、配送スタッフを募集しています

http://www.yokotaki.co.jp/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク