中原区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 現新、一騎打ちか

    川崎市長選

    現新、一騎打ちか 政治

    10月31日投開票へ

     任期満了に伴う川崎市長選挙が10月17日告示、31日に投開票される。立候補を表明しているのは、現職の福田紀彦氏(49)と政治団体代表委員の市古博一氏(73)で...(続きを読む)

    10月15日号

  • 図書館で原画展示

    藤子ミュージアム10周年

    図書館で原画展示 文化

     中原図書館で10月19日(火)から、藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)の巡回展示「ポケットミュージアム」が開催される=写真(多摩図書館での開催時...(続きを読む)

    10月15日号

  • 区制50周年へ企画案

    中原区

    区制50周年へ企画案 社会

    「交流を深める機会に」

     1972年に誕生した中原区が来年50周年を迎えるにあたり、区は今月、記念事業の実施方針を固めた。2000年に封印したタイムカプセルの開封や、区民主催のイベン...(続きを読む)

    10月8日号

  • 子育てパパを主役に

    街ナカアート

    子育てパパを主役に 文化

    参加型企画、大盛況

     コスギアート ラ・ファブリカ実行委員会と川崎パパ塾主催の「街ナカアート」が2日、中原平和公園で開催された。緊急事態宣言が明けて初めての土曜日、台風一過の好天に...(続きを読む)

    10月8日号

  • 資源物持ち去り、罰金も

    川崎市

    資源物持ち去り、罰金も 社会

    来年4月施行目指す

     資源物の持ち去りを禁止する条例改正案が、市議会定例会に先月提出された。可決されれば2022年4月に施行、同年10月から違反者に罰金刑が科せられる。市...(続きを読む)

    10月1日号

  • マラソンコース修復完了

    多摩川

    マラソンコース修復完了 社会

    台風被害から2年

     2019年秋の台風で被害を受けていた多摩川マラソンコースが先月、補修を終えた。台風で冠水した19年度中に仮修復が行われ、その後、アスファルト化とダスト舗装が進...(続きを読む)

    10月1日号

  • 事業期間、5年短縮へ

    南武線立体交差

    事業期間、5年短縮へ 経済

    「開かずの踏切」解消に前進

     川崎市は8月30日、JR南武線連続立体交差事業において、従来計画より低コストかつ工期が短い「別線高架工法」で事業を継続する考えを明らかにした。事業期間は5年短...(続きを読む)

    9月24日号

  • 市独自で年内制定へ

    犯罪被害者等支援条例

    市独自で年内制定へ 社会

    相談窓口に心理職ら配置

     川崎市は、犯罪被害者等に特化した市独自の支援条例を年内に制定しようと準備を進めている。先月末に発表された施策案には、社会福祉士や心理職を配置し被害者等の精神ケ...(続きを読む)

    9月24日号

  • 「4年間の達成度は?」

    福田市長マニフェスト

    「4年間の達成度は?」 政治

    大学准教授ら5人が検証

     福田紀彦川崎市長が4年前に掲げたマニフェスト(選挙公約) の達成状況を評価する検証会が9月12日、川崎市総合自治会館で開催された。自治体政策に詳しい関東学院大...(続きを読む)

    9月17日号

  • 「五輪の経験」児童に披露

    バレー・女子レッドロケッツ

    「五輪の経験」児童に披露 スポーツ

    オンラインで交流

     中原区を本拠地とするバレーボールV1女子・NECレッドロケッツの東京オリンピック出場メンバーらが9月4日、区内の小学生約20人とオンラインで交流した...(続きを読む)

    9月17日号

  • コアパーク、10月開放

    コアパーク、10月開放 社会

    賑わい創出へ、休憩所も

     川崎市と東急(株)は先月31日、武蔵小杉駅南口前の広場「こすぎコアパーク」を10月26日にリニューアルオープンすると発表した。駅との回遊性向上や休憩スペース、...(続きを読む)

    9月10日号

  • 市民ミュージアム取り壊し

    市民ミュージアム取り壊し 文化

    日程は未定 移転再建へ

     川崎市市民ミュージアムが等々力緑地から姿を消す――。令和元年東日本台風で被災し、約2年にわたり休館中の川崎市市民ミュージアムの取り壊しが、8月30日...(続きを読む)

    9月10日号

  • 旧イマイ街路灯、撤去へ

    旧イマイ街路灯、撤去へ 社会

    法政通り商店街が主体に

     旧イマイ通り商店会(今井南町)が維持管理していた約40基の街路灯が、今年度中に撤去されることが決まった。商店会が6年前に事実上の解散となってからも放置されたま...(続きを読む)

    9月3日号

  • 改定へ 骨子を策定

    多摩川へ続く陸橋、整備へ

    改定へ 骨子を策定 スポーツ

     川崎市は8月23日、「等々力緑地再編整備実施計画改定骨子」を策定した。多摩川へ往来できる多摩沿線道路に架かる陸橋の整備や、公文書館などが建つ土地の公園利用の検...(続きを読む)

    9月3日号

  • 雪辱果たし「最高賞」

    宮内中吹奏楽部

    雪辱果たし「最高賞」 教育

    難曲をものにし、東関東へ

     市立宮内中学校の吹奏楽部が8月11日、横浜市で行われた第70回県吹奏楽コンクールの中学B部門(30人以内)で、最高賞の朝日新聞社賞を受賞。9月に水戸...(続きを読む)

    8月27日号

  • 生理用品、支援法を模索

    県立高校

    生理用品、支援法を模索 社会

    大師高 トイレに試験設置

     経済的な理由などで生理用品を購入できない「生理の貧困」が、コロナ禍で浮き彫りになっている。教育現場でも児童・生徒の支援のため対応が模索されており、県立大師高校...(続きを読む)

    8月27日号

  • 母子支援で内閣表彰

    助産師岡本さん

    母子支援で内閣表彰 社会

    切れ目ない活動が評価

     中原区内で助産院などを営む岡本登美子さん(70)=上小田中在住=がこのほど、内閣府の「女性のチャレンジ支援賞」を受賞した。助産院のほか、保育園や産後ケア施設、...(続きを読む)

    8月20日号

  • 新たに2施設が始動

    認知症疾患医療センター

    新たに2施設が始動 社会

    市内4拠点で体制充実へ

     川崎市は認知症に関する医療の中核を担う「認知症疾患医療センター」を、市内2カ所から4カ所に増設。かわさき記念病院(宮前区)と市立川崎病院(川崎区)で8月4日、...(続きを読む)

    8月20日号

  • 「世界3位」で国内大会へ

    キッズチア「バンビーズ」

    「世界3位」で国内大会へ スポーツ

    今月、優勝目指す

     中原区や幸区を拠点に活動するキッズチアリーディングチーム「バンビーズ」が、豪州で行われた世界大会で総合3位に輝き、8月3日に川崎市長を表敬訪問した。...(続きを読む)

    8月13日号

  • 「店舗利用中」自転車に札

    平間銀座商店街

    「店舗利用中」自転車に札 社会

    市「条例踏まえ方法探る」

     平間銀座商店街(石井雄介理事長)で今月から、店舗利用客の自転車に札を掛け、駐輪への理解を呼びかける取り組みが行われている。しかし川崎市の条例では公道...(続きを読む)

    8月13日号

  • 下小田中第一が初優勝

    市子ども会野球大会

    下小田中第一が初優勝 スポーツ

    自主練で磨いた「打撃力」で

     川崎市子ども会連盟野球大会の決勝戦が8月1日、等々力球場で行われ、下小田中第一武蔵野球部が初優勝を果たした。練習で磨いた打撃力で、決勝戦は11―4で...(続きを読む)

    8月6日号

  • 朝食支援の輪 広がる

    平間

    朝食支援の輪 広がる コミュニティ教育

    地域一体で「児童に健康を」

     学校給食のない長期休暇などに共働き世帯や貧困家庭の児童へ朝食を提供しようと、市立平間小学校(佐川昌広校長)で行われている取り組み「おはようバナナ」。...(続きを読む)

    8月6日号

  • 取り壊しに保存求める声

    多摩川スピードウェイ跡地

    取り壊しに保存求める声 社会

    市民団体、築堤工事受け

     日本初の常設サーキット場として戦前、多摩川河川敷に開設された多摩川スピードウェイ。国土交通省が進める河川敷の堤防強化工事の詳細が7月に川崎市へ通達さ...(続きを読む)

    7月30日号

  • 土石流「熱海」で救援

    中原消防隊員9人

    土石流「熱海」で救援 社会

    指揮隊長ら、現場を語る

     静岡県熱海市で7月3日に発生した土石流災害で、川崎市消防局は救助隊員89人を派遣した。中原消防署(飯田康行署長)からは9人が出動し、6日から12日に...(続きを読む)

    7月30日号

  • 区防災訓練 初の生配信

    区防災訓練 初の生配信 コミュニティ社会

    災害時の知恵、120人が試聴

     中原区総合防災訓練が7月17日、市内初の動画配信で行われた。災害時に役立つ情報番組として約2時間、中原区役所にスタジオを設置して放送。一時は約120人が試...(続きを読む)

    7月23日号

  • 市民と50年、歩み続く

    青少年科学館

    市民と50年、歩み続く 教育

    「子どもへ星空を」原点に

     川崎の子どもたちに美しい星空を見せてあげたい--。そんな願いから、1971年8月に開館した川崎市青少年科学館(かわさき宙(そら)と緑の科学館)=多摩区=が今年...(続きを読む)

    7月23日号

  • パラ応援 メッセージ募集

    中原区

    パラ応援 メッセージ募集 スポーツ

    8月の「採火式」で展示

     東京パラリンピック(パラ五輪)の聖火の「採火式」に向け、中原区は区民から代表選手に向けた応援メッセージなどを募集している。集まったメッセージはパネル...(続きを読む)

    7月16日号

  • 渋川の桜、「不健全」14本

    渋川の桜、「不健全」14本 社会

    今年度 6本伐採予定

     桜の名所として親しまれている住吉ざくら。渋川沿いに咲く341本のうち、14本の生育が「不健全」と診断されていたことが先月、分かった。区道路公園管理センターによ...(続きを読む)

    7月16日号

  • ドローンで健康支援

    中原区

    ドローンで健康支援 スポーツ

    「スポフェス」グランツリーに

     中原区が7月22日(木・祝)、23日(金・祝)の2日間、ドローンや新技術を使った非接触型のスポーツなどが体験できるイベントをグランツリー武蔵小杉で開...(続きを読む)

    7月9日号

  • 7割が着替え男女同室

    市立小1、2年生

    7割が着替え男女同室 教育

    市教委、「現場対応」促進へ

     川崎市立小学校の体育の授業などで、1、2年生の約7割が男女同室で着替えていることが、先月の市議会で明らかになった。市教育委員会は時間差で分けるなどしている現場...(続きを読む)

    7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook