中原区版

トップニュースの記事一覧

  • 6年生は1クラスの見込み

    小杉小学校

    6年生は1クラスの見込み 教育

    近隣校からの転入進まず

     4月に新規開校を迎える小杉小学校の新6年生が、初年度は1クラスとなりそうだ。市教委は、学区が重なる近隣校の5、6年生には転入を選択できる方針を取っていたが、慣...(続きを読む)

  • 52校、15人でカバー

    中学校給食栄養士

    52校、15人でカバー 教育

    センター方式は48校、11人

     全52校の川崎市立中学校における完全給食導入から1年以上が経過し、市は栄養士による食育指導の充実に取り組んでいる。48校分の給食を担う市内3カ所の給食センター...(続きを読む)

  • 設置指針 14年ぶり改定

    公共施設AED

    設置指針 14年ぶり改定 社会

    市、活用促進へ基準明確化

     川崎市は公共施設のAED(自動体外式除細動器)取り扱い基準を見直し、14年ぶりに新指針を定めた。今回の指針では設置すべき場所を追加し管理基準を明確にしたほか、...(続きを読む)

  • 災害を視野に連携

    コミュニティーFM3社

    災害を視野に連携 社会

    情報共有し企画検討へ

     かわさきFM(79・1MHz)を運営する「かわさき市民放送(橋本夏代代表取締役社長)」が3月10日、世田谷区と横浜市でコミュニティーFMを放送する3社で連携協...(続きを読む)

  • 真の王者へ「川崎対決」

    ボクシングバンタム級

    真の王者へ「川崎対決」 スポーツ

    中原区出身の齊藤選手、木村選手と

     日本ボクシングコミッション(JBC)のバンタム級王座統一戦で、川崎市出身の選手同士が拳を交える。対戦するのは正規王者の齊藤裕太選手(中原区出身/31歳)と暫定...(続きを読む)

  • 食品ロス対策を強化

    フードバンクかながわ

    食品ロス対策を強化 社会

    今春、川崎労福協と連携

     賞味期限内に廃棄される食品(食品ロス)を回収し、生活困窮者らに無償提供するフードバンク事業が市内でも広がりつつある。発足1年を迎える公益社団法人フードバンクか...(続きを読む)

  • 「健康寿命」解析へ前進

    「健康寿命」解析へ前進 社会

    市と慶大 1,000人基礎調査完了

     健康寿命の延伸や高齢者の生活の質向上を目指し、慶応義塾大学と川崎市が2年前から行っている「高齢者コホート学術研究」。85歳から89歳までの健康な市民を対象に、...(続きを読む)

  • 「白鳳(はくほう)」2本、西中原中に植樹

    二ヶ領用水・桃の会

    「白鳳(はくほう)」2本、西中原中に植樹 社会

    一大産地の歴史を後世に

     二ヶ領用水・桃の会は2月22日、西中原中学校に桃の木「白鳳」2本を寄贈し、植樹式を行った。中学校で植樹を行うのは初めて。最盛期だった1920年から35年頃まで...(続きを読む)

  • 全国初、女性採用から50年

    全国初、女性採用から50年 社会

    式典で初代職員ら語る

     川崎市で全国初の女性消防職員が誕生した1969年から今月で50年。これまで積み重ねてきた女性職員の経験や歴史を次世代に伝えようと、初代の女性消防職員らが今月1...(続きを読む)

  • 市立橘高陸上部3人が躍動

    かながわ駅伝

    市立橘高陸上部3人が躍動 スポーツ

    4年ぶりVに貢献

     県内19市11町の代表が集う「かながわ駅伝」が2月10日、秦野市などで行われ、川崎市が4年ぶりの優勝を果たした。この大会で市立橘高校の陸上部の3人が活躍。日頃...(続きを読む)

  • 10月から運賃値上げ

    市バス

    10月から運賃値上げ 社会

    10円増の220円、コスト増で

     川崎市は市バスの運賃を消費増税と同じ10月に値上げするとし、条例改正案を今月12日開会の市議会定例会に提出した。車両更新や安全器具の費用増加、燃料費の高騰など...(続きを読む)

  • 地域福祉活性化を継続

    中原区次年度予算案

    地域福祉活性化を継続 社会

    11億2500万円超を計上

     川崎市は4日、2019年度予算案を発表した。一般会計総額7591億円のうち、中原区の予算額は11億2557万円で、対前年度比1160万円減(△1・0%)。地域...(続きを読む)

  • 子育て重点、基盤固めへ

    川崎市予算案

    子育て重点、基盤固めへ 社会

    一般会計 5年連続最大 7591億円 

     川崎市は今月4日、総額で7591億円となる2019年度の一般会計予算案を発表した。5年連続の過去最大規模で福田紀彦市長は「新たな基盤づくり予算」と位置づけ、子...(続きを読む)

  • 4冠獲得に向け意気込み

    4冠獲得に向け意気込み スポーツ

    川崎F、新体制発表会見

     サッカーJ1・川崎フロンターレは先月27日、高津区の洗足学園音楽大学「前田ホール」で新体制発表会見を開いた。鬼木達監督をはじめ、元ブラジル代表のFWレアンドロ...(続きを読む)

  • 市内3地区で効果検証

    シェア自転車

    市内3地区で効果検証 社会

    21年度の本格実施めざす

     川崎市は観光施設間の回遊性向上や公共交通機関の補完などを目的に、初めてシェアサイクルの実証実験を市内3地区で開始する。観光や放置自転車対策の効果を調べ、202...(続きを読む)

  • 工場跡地、まちづくりへ構想

    西加瀬

    工場跡地、まちづくりへ構想 社会

    市、民間と方向性を協議

     区内西加瀬にある三菱ふそうトラック・バス(株)第2工場の跡地利用について、川崎市は先月21日、商業や広場の導入など地域課題等に対応した都市機能を誘導するための...(続きを読む)

  • 「市民のステージ」20年

    音楽・ダンス「インユニティ」

    「市民のステージ」20年 文化

    27日、節目に特別企画

     中原区で誕生した音楽とダンスの祭典「インユニティ」が、あさって27日(日)の開催で20年目を迎える。主催する実行委員会(小川竜児委員長)は、川崎ブレイブサンダ...(続きを読む)

  • 学級閉鎖、早めの急増

    インフルエンザ

    学級閉鎖、早めの急増 社会

    該当校患者 2日間で407人

     インフルエンザ患者の増加に伴い、臨時休業措置(学級閉鎖)を行う川崎市立学校が1月3週目から急増している。16、17日の2日間で、小中学校19校53学級が学年・...(続きを読む)

  • 自転車事故が3割超

    川崎市交通事故

    自転車事故が3割超 社会

    利用者の6割「ルール違反」

     2018年の川崎市内の交通事故発生件数は3290件だった。そのうち自転車関係の事故は1000件で30・4%を占める。市はルール違反者にマナーアップ指...(続きを読む)

  • 新たに26店舗が協力へ

    消防団応援事業

    新たに26店舗が協力へ 経済

    団員不足解消の一助に

     消防団員を応援しよう-。そんな動きが区内の商店街などで広がりを見せている。団員が団員手帳を提示すると商店や商業施設などでサービスが受けられる「川崎市消防団応援...(続きを読む)

  • 救急出動 10年連続増加

    川崎市

    救急出動 10年連続増加 社会

    2020年新たに1隊増設へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、2018年は過去最多の7万2854件(前年比3536件増)となり、10年連続で増加した。高齢化や人口増に加えて、厳しい猛暑も影響...(続きを読む)

  • 学校司書、4校に1人

    市立小

    学校司書、4校に1人

    市、全校配置へ年7人増員

     川崎市教育委員会は児童の読書活動を支援する学校司書の全市立小学校への配置を進めている。2015年度から3年間、モデル事業として21校に配置。今年度7人増員した...(続きを読む)

  • 時差通勤、3回目試行へ

    川崎市職員

    時差通勤、3回目試行へ 社会

    市内企業に協力呼びかけ

     川崎市は1月21日から10日間、朝の鉄道通勤ラッシュ対策として、職員のオフピーク通勤に取り組む。東京都が進める「時差Biz(ビズ)」の実施期間に合わせて行い、...(続きを読む)

  • 特色いかした街づくりに注力

    新春インタビュー

    特色いかした街づくりに注力 社会

    向坂区長、新年の抱負を語る

     新年にあたり、本紙では向坂光浩中原区長にインタビューを行った。昨年の振り返りや、今年の区役所の取り組み、抱負などについて話を聞いた。(聞き手/本紙・中原区編集...(続きを読む)

  • 14,153人が新成人に

    14,153人が新成人に 教育

    14日、とどろきアリーナでつどい

     川崎市の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」が1月14日(月・成人の日)、とどろきアリーナで開催される。主催は川崎市、市教育委員会、市選挙管理委員会。中...(続きを読む)

  • 2020へ「川崎力」充実を

    2020へ「川崎力」充実を 社会

    福田市長、今年の展望語る

     2019年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。子育て支援やまちづくりについて方向性を示す一方で、消費増税やふるさと納税...(続きを読む)

  • 有休「年5日取れず」最多

    市内事業所

    有休「年5日取れず」最多 社会

    モデル企業選定で啓発へ

     来年4月に施行される国の働き方改革関連法に伴い、年5日以上の有給休暇取得が義務付けられる。川崎市の2018年度「労働状況実態調査」の速報値では、有休取得率20...(続きを読む)

  • 地域文化財、区内から16件

    地域文化財、区内から16件 文化

    ひとみ座乙女文楽など

     川崎市教育委員会はこのほど、地域に根差した文化財を顕彰・記録する「第1回川崎市地域文化財顕彰制度」において63件を決定した。中原区内からは16件が選ばれた。...(続きを読む)

  • 30〜50代男性 無料に

    風疹抗体検査

    30〜50代男性 無料に 社会

    市、感染抑止へ緊急対策

     川崎市は、市内でも患者数が急増している風疹(ふうしん)の緊急対策として、これまで妊娠を望む女性とパートナーに限定していた抗体検査の無料対象を、30〜50代男性...(続きを読む)

  • 過去最悪の8600万円

    特殊詐欺被害額

    過去最悪の8600万円 社会

    増加傾向の12月に警鐘

     中原警察署によると、区内で発生した振り込め詐欺など特殊詐欺の被害額が今年11月末までに8600万円超となり、過去最悪の被害額になったという。例年年末にかけて件...(続きを読む)

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク