中原区版 エリアトップへ

トップニュースの記事一覧

  • 会員店舗に一律5万円

    新丸子東口商店街

    会員店舗に一律5万円 経済

    コロナ支援で、会長即決

     外出自粛で来店客激減などの影響を受けている会員店舗を応援しようと、新丸子駅前東口の商店街「東栄会(川連昌久会長)」が5月12日、新型コロナ対策支援金として、会...(続きを読む)

    5月22日号

  • 「お子様カレー」で支援

    【Web限定記事】川崎中ロータリークラブ

    「お子様カレー」で支援 社会

    新日本学園の80人に

     川崎中ロータリークラブ(萩原ひとみ会長)が5月18日、児童養護施設・新日本学園の子どもたちや職員ら約80人にビーフカレーを振る舞った。新型コロナウイルスの影響...(続きを読む)

    5月22日号

  • 歩行デッキ整備へ

    小杉駅北口

    歩行デッキ整備へ 社会

    市、まちづくり案示す

     川崎市は先月末、「小杉駅北口駅前まちづくり方針」案を示した。駅前広場の再編整備を周辺の民間の土地開発と連携して行うとし、ペデストリアンデッキの整備を明記。市コ...(続きを読む)

    5月15日号

  • 休校延長、学習に格差

    川崎市立校

    休校延長、学習に格差 社会

    代替案急務も現場頼み

     川崎市は5月8日までとしていた市立学校の臨時休校期間を、31日まで延長した。授業の補てんは教科書に基づく課題を中心とした一方向の学習指導にとどまる。独自策を講...(続きを読む)

    5月15日号

  • 連休、混雑を懸念

    ブレーメン通り商店街

    連休、混雑を懸念 社会

    4月下旬、買い物客2割増

     緊急事態宣言が出され外出自粛が求められる中、モトスミ・ブレーメン通り商店街で連休期間の混雑が懸念されている。神奈川県の発表によると、4月19、26日の両日とも...(続きを読む)

    5月1日号

  • 「不安・危険」4割、対策へ

    市外国人意識調査

    「不安・危険」4割、対策へ 社会

    国籍や治安で実感、増加

     川崎市が外国籍住民に昨年実施した意識実態調査の結果が公表され、差別発言や治安などへの不安や危険を感じたことのある人が約4割いたことが分かった。2014年の前回...(続きを読む)

    5月1日号

  • 8割超が「未登録」

    戸建て空き家

    8割超が「未登録」 社会

    市、見込み5千戸に苦慮

     川崎市が登録している戸建ての空き家は890戸で、統計調査で見込まれる約5200戸の2割以下にとどまっている。放置された空き家は放火や害虫発生などの危険性がある...(続きを読む)

    4月24日号

  • 食料を加盟団体へ

    かわさきこども食堂

    食料を加盟団体へ 教育

    アサヒグループ 6千食寄付

     子どもたちに食事を提供し、地域のつながりを支えようと活動している「かわさきこども食堂ネットワーク」が16日、アサヒグループホールディングス(HD)か...(続きを読む)

    4月24日号

  • 「3密防げ」区内でも

    「3密防げ」区内でも 社会

    業務継続店、工夫こらす

     新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態宣言が7日に発令され、区内でも休業要請を受けた各店舗では営業を自粛。一方、業務継続となった店舗では、「3密」を避けるた...(続きを読む)

    4月17日号

  • 5月から「21日号」のみ

    かわさき市政だより

    5月から「21日号」のみ 教育

    創刊以来初の休刊対応

     川崎市が月2回発行する広報誌「かわさき市政だより」が、5月から8月まで1日号を休刊し、21日号のみ発行されることになった。新型コロナウイルス感染症対策で町内会...(続きを読む)

    4月17日号

  • 「川崎大空襲」 未来への糧に

    「川崎大空襲」 未来への糧に 社会

    75年、梅津さんが初の証言

     川崎大空襲から15日で75年。当時空襲を体験した梅津政之輔さん(89)は、先月川崎市平和館で講演を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。本紙では、...(続きを読む)

    4月10日号

  • 「自粛」の中、1400件減

    市救急出動

    「自粛」の中、1400件減 社会

    新型コロナ対策が影響

     年間の救急出動件数が11年連続で過去最多を記録している川崎市は、救急需要に応えるため今月1日から救急隊を増隊。新体制で始動したものの、新型コロナウイルス感染症...(続きを読む)

    4月10日号

  • パートナー制、7月導入へ

    パートナー制、7月導入へ 社会

    答申受け市長が明示

     福田紀彦川崎市長は25日、同性カップルをパートナーとして公的に認める「同性パートナーシップ制度」を7月1日に導入する方針を示した。川崎市人権施策推進協議会から...(続きを読む)

    4月3日号

  • 入学式 来週実施へ

    市立学校

    入学式 来週実施へ 社会

    授業再開は検討続く

     川崎市教育委員会は、政府の新型コロナ対策専門家会議からの提言(3月19日付)を受け、市立学校の入学式について平常どおり行うと先月、発表した。一方、授業再開につ...(続きを読む)

    4月3日号

  • 新制度に相談急増

    川崎市中小融資

    新制度に相談急増 社会

    コロナ窓口、半月で875件

     新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した中小企業から、川崎市への経営相談が3月に入り、急増している。窓口への相談件数は23日までに900件に迫り、市は支援策と...(続きを読む)

    3月27日号

  • 住宅地の上昇率、県3位

    地価公示中原区

    住宅地の上昇率、県3位 社会

    台風被災地は伸び鈍化

     国土交通省は19日、2020年1月1日時点の地価公示を発表した。中原区の住宅地の平均変動率は8年連続で上昇し、前年からの上昇率は県内33の市区町村別で3番目に...(続きを読む)

    3月27日号

  • 花見行事 中止、縮小も

    花見行事 中止、縮小も 社会

    中原区も新型コロナ受け

     桜の開花時期に区内で例年行われている花見イベントの中止が決まった。3月12日には、市が公園緑地などでの宴会の自粛を要請。新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で...(続きを読む)

    3月20日号

  • 国文化財に正式登録

    二ヶ領用水

    国文化財に正式登録 文化

    川崎市 案内板新設へ補助金申請

     川崎市を流れる二ヶ領用水が3月10日、遺跡関係の文化財として国登録記念物に正式決定。流域に案内板を新設しようと、市教育委員会は文化庁への補助金申請を進める。市...(続きを読む)

    3月20日号

  • レジェンド 最後の騎乗

    川崎競馬場森下騎手

    レジェンド 最後の騎乗 スポーツ

    観客不在も笑顔みせ

     国内最年長騎手の森下博騎手(64・川崎競馬場所属)が今月6日、現役最後の騎乗を果たした。この2日前に最年長勝利記録を更新したレジェンドは、通算2676勝の記録...(続きを読む)

    3月20日号

  • 器物損傷「通報」僅か

    川崎市

    器物損傷「通報」僅か 社会

    3月末まで利用呼びかけ

     川崎市は現在、道路・公園で器物の損傷を見つけたらすぐに通報できる仕組みの実証実験を行っている。受付件数は開始約3カ月で24件に留まっており、効果や課題検証のた...(続きを読む)

    3月13日号

  • 親の会10団体で新組織

    不登校・ひきこもり

    親の会10団体で新組織 社会

    冊子発行、「語る場」提供へ

     不登校やひきこもりの子どもを持ち、孤立しがちな保護者を支援しようと、川崎市内で活動する親の会10団体が組織化。1月に「川崎不登校・ひきこもり親の会ネットワーク...(続きを読む)

    3月13日号

  • 自転車盗、6割「無施錠」

    中原区内

    自転車盗、6割「無施錠」 社会

    署、広報を強化

     中原区内で発生した自転車盗難のうち、6割超が無施錠であることが分かった。一瞬の隙を突いて盗む手口が後を絶たないことから、中原警察署は「自転車盗」を取り締まり強...(続きを読む)

    3月6日号

  • 休校で学習支援 急務

    川崎市立校

    休校で学習支援 急務 社会

    コロナ対応、居場所確保も

     新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全ての川崎市立小中高校で今月4日から臨時休校が始まった。保護者から学習時間の減少を不安視する声が挙がっており、市教育委...(続きを読む)

    3月6日号

  • 大規模災害時にドローン

    中原警察署

    大規模災害時にドローン 社会

    民間企業と協定

     中原警察署(蒲山彰署長)は2月20日、ポポロプラント(株)(新丸子東/前川光久代表)と大規模災害発生時に同社が所有する無人航空機(ドローン)を活用するための協...(続きを読む)

    2月28日号

  • 市民227人が英国支援

    東京五輪ボランティア

    市民227人が英国支援 スポーツ

    キャンプ地・等々力で始動

     東京オリンピック・パラリンピックの英国代表チーム事前キャンプ地になる川崎市で今月、公募で選ばれた市民ボランティア227人が始動。選考後初の研修会が今月、等々力...(続きを読む)

    2月28日号

  • 「前段階」識別に新検査

    認知症対策

    「前段階」識別に新検査 社会

    市、タブレット使い試行へ

     認知症高齢者数の増加を受け、川崎市は認知症の一歩手前となる「軽度認知障害」(MCI)の疑いを簡易検査する取り組みを7月から試験的に実施するとし、2020年度予...(続きを読む)

    2月21日号

  • 避難所に担架・簡易ベッド

    中原区予算案

    避難所に担架・簡易ベッド 社会

    資器材を整備、補充へ

     中原区が2020年度に進める事業の概要がこのほど発表され、予算額は前年比約9200万円増の12億1800万円を計上した。主に、防災力や子どもの見守り強化、武蔵...(続きを読む)

    2月21日号

  • 文化財登録へ一歩前進

    川崎球場遺構

    文化財登録へ一歩前進 文化

    市議会が趣旨採択

     富士通スタジアム川崎に残る川崎球場時代の遺構の市文化財登録を求めた請願審査が今月6日、市議会まちづくり委員会で行われ、全会一致で趣旨採択された。...(続きを読む)

    2月21日号

  • 風水害対策に81.9億円

    川崎市予算案

    風水害対策に81.9億円 経済

    復旧継続、「備え」強化へ

     川崎市は10日、2020年度の予算案を発表し、風水害対策として81・9億円を盛り込んだ。昨年の台風19号で被災した家屋の解体撤去、多摩川緑地の復旧に加え、避難...(続きを読む)

    2月14日号

  • 台風の教訓、400人共有

    丸子6町会

    台風の教訓、400人共有 社会

    防災訓練で対策協議

     丸子6町会合同防災訓練が2月9日、上丸子小学校で行われた。昨年の台風で地域一帯が浸水被害などを受けたことから、水害をメインとした訓練となった。被災住民や避難所...(続きを読む)

    2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク