中原区版

トップニュースの記事一覧

  • 改良土 使用再開へ

    川崎市公共工事

    改良土 使用再開へ 社会

    震災後、自粛解除で工費減

     川崎市は東日本大震災直後から使用を控えていた公共工事の埋め戻しで使う改良土について、4月からの使用再開を発表した。震災から7年が経過し、放射性物質濃...(続きを読む)

  • 2カ所で渋滞緩和へ

    区内交差点

    2カ所で渋滞緩和へ 社会

    丸子橋とガス橋、市が対策

     慢性的な交通渋滞の緩和を目的に、川崎市は今月、第3次緊急渋滞対策を発表した。中原区で対象となったのは丸子橋交差点とガス橋交差点の2カ所。道路新設や拡幅工事を伴...(続きを読む)

  • 「空き家」判定に640軒

    川崎市

    「空き家」判定に640軒 社会

    所有者の意向確認、開始へ

     空き家の実態把握のために川崎市が実施した現地調査が先月公表され、昨秋時点で市内に約640軒の空き家があることが分かった。建物の有効活用に向け、市は来年度から所...(続きを読む)

  • 条例制定に向け集会

    反ヘイト市民団体

    条例制定に向け集会 社会

    22日、エポックなかはらで

     市民団体「『ヘイトスピーチを許さない!』かわさき市民ネットワーク」(関田寛雄代表)が結成2周年を迎えた。在日コリアンをはじめとした外国人市民へのヘイトスピーチ...(続きを読む)

  • 子ども、経済活性に注力

    川崎市予算案

    子ども、経済活性に注力 経済

    過去最大規模の7,366億円

     川崎市は2月6日、2018年度の予算案を発表した。一般会計は4年連続で過去最大規模となる7366億円(前年度比278億円増)。福田市長は予算編成の根幹に「成長...(続きを読む)

  • 「町内会長の負担減」大賞に

    中原区役所地域振興課

    「町内会長の負担減」大賞に 社会

    改善大会 3月に全国へ

     川崎市や各区の業務改善の取り組みを評価する「2017年度チャレンジ・かわさきカイゼン発表会」が1月31日に開催され、中原区役所地域振興課の町内会長に関する事例...(続きを読む)

  • 高校生 初の議員体験

    川崎市議会

    高校生 初の議員体験 政治

    「18歳選挙権」意識向上へ

     川崎市議会(松原成文議長)は1月20日、初の取り組みとなる「高校生議会」を開催した。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことに伴い、高校生の主権者教育のため...(続きを読む)

  • 今月、協議会発足へ

    キングスカイフロント

    今月、協議会発足へ 社会

    イノベ創出、地域課題にも着手

     川崎区の殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」に進出した企業や研究機関、大学などが、今月に協議会を立ち上げる。新しいイノベーションや産業の創出に向け、まずは...(続きを読む)

  • 連覇へ「より攻撃的に」

    川崎フロンターレ

    連覇へ「より攻撃的に」 スポーツ

    地元出身・齋藤選手が加入

     昨年、クラブ創設21年目で悲願のリーグ初優勝を遂げた川崎フロンターレ。連覇を狙うチームの2018年新体制発表会が1月21日、市内のカルッツかわさきで開催され、...(続きを読む)

  • 市歌の音をチャイムに

    新城小

    市歌の音をチャイムに 教育

    児童が提案「地元に親しみを」

     市立新城小学校(中臣信丈校長)では、今月からチャイムに川崎市歌のメロディーを導入した。児童が自ら「市歌に慣れ親しむことで地域への愛着を深めていきたい」との思い...(続きを読む)

  • 「在宅」強化 29施設増へ

    川崎市高齢者ケア

    「在宅」強化 29施設増へ 社会

    介護保険法改正で新計画

     川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立...(続きを読む)

  • 那覇・惣之助碑に案内板を

    那覇・惣之助碑に案内板を 社会

    市沖縄県人会などが募金活動

     沖縄県那覇市の虎瀬公園にある川崎市出身の詩人・作詞家の佐藤惣之助詩歌碑の首里城公園への移設が昨年10月、那覇市議会で議決された。市内で移設運動を主導してきた川...(続きを読む)

  • 救急出動 9年連続増

    川崎市

    救急出動 9年連続増 社会

    救急隊、4月に増隊へ

     川崎市内の救急車の出動件数が、昨年1年間で過去最多の6万9318件(前年比879件増)と9年連続して増加した。高齢化や人口増加を見込み、市消防局では来年度から...(続きを読む)

  • 病床、在宅医療に重点

    かわさき保健医療プラン

    病床、在宅医療に重点 社会

    新計画、3月末策定へ

     川崎市は現在、2018年度から6年間の川崎市医療、保健の基本指針となる「(仮称)かわさき保健医療プラン」の策定を進めている。団塊の世代が75歳以上となる202...(続きを読む)

  • いのち輝く社会  実現を

    黒岩知事インタビュー

    いのち輝く社会 実現を 政治

    神奈川モデルを世界に

     年頭にあたり、黒岩祐治神奈川県知事にインタビューを行った。知事は「いのち輝く」をキーワードに施策を展開し、人生100歳時代に向け「未病(ME-BYO...(続きを読む)

  • 「笑顔で暮らせる街づくりを」

    新春インタビュー

    「笑顔で暮らせる街づくりを」 社会

    向坂区長、新年の抱負を語る

     新年にあたり、本紙では向坂光浩中原区長にインタビューを行った。昨年の区役所の取組みや、今年の抱負などについて話を聞いた。(聞き手/本紙・中原区編集室 有賀友彦...(続きを読む)

  • 150万人都市 躍進へ

    150万人都市 躍進へ 政治

    福田市長 新年の展望語る

     2018年の幕開けにあたり、本紙では福田紀彦川崎市長に恒例の新春インタビューを行った。2期目を迎えた福田市長は、子育て支援や力強い産業都市づくり、ヘ...(続きを読む)

  • 13,981人が新成人に

    13,981人が新成人に 文化

    8日、とどろきアリーナでつどい

     川崎市の新成人が一堂に会す「成人の日を祝うつどい」が1月8日(月)、とどろきアリーナで開催される。主催は川崎市、市教育委員会、市選挙管理委員会。...(続きを読む)

  • 工事再開 35億円増に

    等々力硬式野球場

    工事再開 35億円増に 経済

    土壌改良 3年後完成へ

     廃棄物混じりの土などが見つかり改築工事が中断している等々力硬式野球場(中原区)について、川崎市は土壌改良などに対する費用として約35億9千万円の増額...(続きを読む)

  • 若生さん(中原小4年)が全国2位に

    学生音コンバイオリン部門

    若生さん(中原小4年)が全国2位に 文化

    「将来は世界的奏者に」

     中原小4年の若生麻理奈さんが12月3日、横浜市で開催された第71回全日本学生音楽コンクールに出場し、バイオリン部門で2位の快挙を成し遂げた。...(続きを読む)

  • 地区カルテなど新19事業

    地区カルテなど新19事業 社会

    区地域福祉計画 来春始動

     中原区は、第5期中原区地域福祉計画案をこのほど公表した。同案では、社会的弱者とされる子どもや高齢者、障害者らの支援体制をより手厚くするため、地区カルテの作成、...(続きを読む)

  • 緑化・保全計画改定へ

    川崎市

    緑化・保全計画改定へ 社会

    10年で200ha増めざす

     川崎市内緑化推進と緑保全を掲げた10カ年の基本計画案を、市が公表した。1995年の策定以来、2度目の改定。緑化や保全活動の後継者不足など課題を踏まえ、市は20...(続きを読む)

  • 新庁舎 25階建てに

    川崎市

    新庁舎 25階建てに 社会

    各部署を集約

     川崎市は本庁舎等の建て替えについて、新本庁舎の基本設計を先月24日公表した。地下2階、地上25階の構造で、これまで複数の建物に分散していた部署が本庁舎を中心に...(続きを読む)

  • 川崎F、奇跡の逆転初V

    川崎F、奇跡の逆転初V スポーツ

    創設21年目で悲願達成

     サッカーJ1の最終節が今月2日、各地で行われ、地元、川崎フロンターレが奇跡の逆転優勝を果たした。クラブ創設21年目にして初のJ1タイトルを獲得。試合...(続きを読む)

  • 待機児童374人、3倍超

    待機児童374人、3倍超 社会

    市内申請者 初の3万台に

     認可保育所に入れない川崎市内の待機児童が、10月1日時点で374人だったと市が公表した。利用申請者数は前年比2234人増の3万1527人で、初めて3万台に到達...(続きを読む)

  • 問題行動、前年度より増加

    川崎市立小・中学校

    問題行動、前年度より増加 教育

    増加率も全国より高め

     川崎市教育委員会は、平成28年度の「川崎市立小・中学校における児童生徒の問題行動等の状況調査結果」をこのほど発表した。それによると、「暴力行為」「いじめ」「不...(続きを読む)

  • 子ども食堂の状況を調査

    市民団体と専修大生

    子ども食堂の状況を調査 社会

    活動の継続性などに課題

     市民団体と大学生グループが、川崎市内で活動している子ども食堂の情報を収集し、アンケートを実施した。開催規模や活動の内容が集約されたほか、貧困家庭への...(続きを読む)

  • 県駅伝Vで全国へ

    法政二陸上部

    県駅伝Vで全国へ スポーツ

    エース負傷もチーム結束

     11月上旬に行われた神奈川県高校駅伝大会で優勝を果たした法政大学第二高校(木月大町)。大会前、交通事故に遭ったエースの鎌田航生さん(3年)をチーム一丸で支え、...(続きを読む)

  • 「健康遊具」公園に増加

    「健康遊具」公園に増加 社会

    市、4年間で44基設置

     川崎市内の公園や緑地で今、ぶら下がり器などの健康遊具が増えている。市が2016年度までに設置した健康遊具は、市内77施設に229基。少子高齢化を背景に高まる住...(続きを読む)

  • 51年ぶり復活めざす

    丸子多摩川花火大会

    51年ぶり復活めざす 文化

    準備会が署名活動開始

     1967年を最後に開催されなくなった「丸子多摩川花火大会」を復活させようと、準備会が5日、署名活動を開始した。今後は、地元団体や住民と協力して発起人会を発足さ...(続きを読む)

子ども達に「家庭」という環境を

家族と暮らせない子どものための「養育里親」説明会開催。NPO法人キーアセット

http://www.keyassetsnpo.jp/

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

在宅療養について考える

在宅療養について考える

中原区がシンポジウム

2月24日~2月24日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク