中原区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

川葬協 ろうそくで障害者支援 茨城・取手市と協定

社会

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena
藤井取手市長(中央)と協定を結んだ齋藤組合長(左)=組合提供
藤井取手市長(中央)と協定を結んだ齋藤組合長(左)=組合提供

 市内の葬儀社らが加盟する川崎葬祭具協同組合(齋藤隆理事長)は7月26日、茨城県取手市の障害者福祉施設へ使用済みのろうそく184キロを寄贈した。

 取手市では障害者就労支援の一環として、使用済みろうそくを材料とした「着火剤」を手作業で製造、商品化している。しかし、高需要に見合う分のろうそくが確保できず生産が制限されており、それを知った齋藤理事長が協力を決めた。寄贈されたろうそくは、施設が1年かけて集める量に相当するという。

 取手市で行われた贈呈式には同組合顧問の橋本勝川崎市議会議長や藤井信吾取手市長らも出席。齋藤理事長は「通常、葬儀で使用されたろうそくは廃棄されるもの。それが障害者支援になり、SDGsや循環型社会の取り組みに寄与できるなら」と話し、今後も無償提供する協定を取手市と結んだ。橋本議長は「施設で作った商品を地元市民が購入する一連の流れは、川崎市も見習う必要がある」とコメント。

 同組合は翌27日、関係業者から広くろうそくを募ろうと、川崎市の火葬場に回収ボックスを設置する要望書を市に提出。安定的な供給や新たな需要にも対応していきたい考えだ。

26日、取手市で行われた贈呈式=組合提供
26日、取手市で行われた贈呈式=組合提供
組合情報はこちら
組合情報はこちら

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook