川崎区・幸区版 掲載号:2020年4月17日号 エリアトップへ

3Dマスク、プリンターで データ無償公開

社会

掲載号:2020年4月17日号

  • LINE
  • hatena
3Dマスクを手にする吉澤さんと早村さん(左から)
3Dマスクを手にする吉澤さんと早村さん(左から)

 3Dプリンター事業などを展開する株式会社イグアス(幸区堀川町・矢花達也代表取締役社長)は3月23日から、自社製品を活用して開発した「3Dマスク」の設計データを同社のHPで無償公開している。同社は「マスクが入手できず不安を感じている方々にご活用頂ければ」と同マスクの普及を呼びかける。

 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を受け「困っている方の力になれないか」と矢花社長が同社の設備を生かしたマスクの開発を発案。3月初旬に設計に取りかかり、試験的に装着した社員たちの意見をもとに改良を重ねた。3Dシステム営業部部長の吉澤岳明さんは「隙間を無くし、顔に自然にフィットする形を作るのに試行錯誤しました」と語る。

 材料にはナイロン粉末を使用。中心に呼吸用の穴が開いており、そこに内側からガーゼや任意の素材を挟んで装着する。

 設計データは1万ダウンロードを超え、自社で制作した3Dマスクを社員に配布している企業や、家族のために個人で制作している人もいる。

 マーケティング部部長の早村文宏さんは「対応機種のプリンターがあればどなたでも制作できるので、咳エチケットを守るために使っていただければ」と話す。

株式会社サニクリーン東京

【契約社員募集中】女性が大活躍中の職場です!お気軽にお問合せください

https://www.sanikleen-tokyo-recruit.info/contact.html

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ

【Web限定記事】

市立小学校8校で新入学児童に交通安全呼びかけ 社会

川崎区中央地区交通安全母の会がキャンペーン

4月16日号

篠山選手 2千得点

【Web限定記事】川崎BT

篠山選手 2千得点 スポーツ

B1通算、とどろきで達成

4月16日号

特殊詐欺を未然に防いだ2人に川崎警察署が感謝状贈呈

事故ゼロめざし、啓発

事故ゼロめざし、啓発 社会

春の交通安全運動

4月16日号

初めてのラグビー体験

初めてのラグビー体験 スポーツ

4月24日、富士通スタで

4月16日号

「上乗せ徴収」基準示す

「上乗せ徴収」基準示す 社会

市、認可園に通知

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter