川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

10月31日投開票衆院総選挙 4氏が立候補へ準備 神奈川10区

政治

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 衆議院議員総選挙(10月19日公示、31日投開票)が迫る中、神奈川10区(川崎区・幸区・中原区の一部)では前職、新人計4氏が立候補に向け準備を進めている。

 元復興相で自民党前職の田中和徳氏(72)は党幹事長代理。9期目に向け、党交通安全対策特別委員長として取り組む▽通学路の安全確保と飲酒運転根絶に向け会社でのアルコール検知の義務化▽自転車事故防止に向けたルール遵守指導の徹底化と交通安全教育の徹底▽開かずの踏切解消に向けたJR南武線立体交差事業の予算確保を政策に掲げる。党再犯防止初代委員長を務めた経験から「世界一の犯罪最少国日本の実現」も訴える。

 共産党前職の畑野君枝氏(64)は党中央委員などを歴任。「声をあげれば政治は動く」を信条に、小学校35人学級の実現の実績を強調。多摩川の洪水対策、南武線武蔵小杉駅のホームドア設置、横須賀線のホーム拡張、平間駅の「賢い踏切」の前進もアピールする。3期目に向け「中学、高校35人学級の実現、羽田新ルートの撤回、気候危機打開、ジェンダー平等の実現、JFEのリストラから雇用を守る」ことを訴える。

 日本維新の会新人の金村龍那氏(42)は元衆議院議員で財務相を務めた城島光力氏の秘書を経て13年に児童発達支援室を開業。政治家秘書と経営者としての経験を生かし、個性を活かす子育て・教育▽誰もが働きやすい職場づくり▽安心で持続可能な社会保障▽規制改革でイノベーション▽多様性あふれる優しい社会に加え、身を切る改革で責任と信頼の政治の実行を政策として掲げる。「川崎から日本を変える」と力を込める。

 国民民主党新人の鈴木敦氏(32)は、同党神奈川県第10区総支部長。元衆議院議員・樋高剛氏秘書の経験もある。コロナ対策や中小企業支援の強化、経済格差のギャップの穴埋めを図る政策に意気込みを見せる。モットーに掲げるのは「未来のために今を活かす」。30年近く住む中原区からの視点で平間駅の混雑緩和策や南武線の踏切整備、交通渋滞対策、水道管整備といったインフラ強化を国の後押しが重要と強調する。

    ※10月11日起稿

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

古市場7年ぶりV

古市場7年ぶりV スポーツ

秋季ドッジボール大会

12月3日号

温暖化防止ポスター制作

温暖化防止ポスター制作 社会

川崎大師日曜教苑生ら

12月3日号

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう

韓国・朝鮮舞踊を学ぼう 文化

11日から 市ふれあい館で

12月3日号

薬物乱用の恐さ伝える

川崎東LC

薬物乱用の恐さ伝える 社会

新町小6年生児童に

12月3日号

脱炭素の模範18団体を表彰

川崎市

脱炭素の模範18団体を表彰 経済

最優秀は2団体

12月3日号

市長へ予算要望書提出

市長へ予算要望書提出 政治

川崎区市議団

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook