川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

川中島中美術部 藤崎こ文に壁画 住民の励まし受け完成

文化

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
最後の仕上げをする美術部員
最後の仕上げをする美術部員

 川中島中学校美術部(顧問・鈴木眞帆教諭)の2年生3人が、藤崎こども文化センター(工藤優子館長)の入り口に手掛けた壁画が11月5日に完成した。約2カ月間の制作期間中、完成を待ち望む地域住民らから応援の声を受けながら作り上げた。

 壁画制作は「古びた塀に地域の中学生に絵を描いてもらいたい」との同センター依頼からスタートした。同中学校美術部は早速、原画案3点を制作。同センターと、併設されている老人いこいの家の利用者らからの投票でデザインを決定した。

 原画を担当した佐藤桃佳さんは「子どもたちが集まる建物。明るく鮮やかなイメージで親しみやすさを出したかった」とカラフルなデザインに。左側には表情豊かな丸みをおびた5体のキャラクターが並び、右側には積みあがった立方体が描かれている。

 キャンバスとなったのは高さ約136センチ、幅約367センチの塀。水に強いアクリル絵の具で7月上旬から制作を開始した。凹凸があり普段描きなれないサイズの作品に戸惑いつつも楽しみながら筆を進めた。

 緊急事態宣言中は作業を一時中断。地域住民や利用者からは完成を待ち望む声が多数聞かれたという。伊東帆希(ほまれ)さんは「道を通る人から『頑張って』と声をかけてもらったり差し入れももらいうれしかった」と振り返る。末藤樹梨さんは「自分が描いた作品がずっと残るのは自慢」と誇らしげに語る。

「居場所知って」

 壁画制作の目的の一つは、同センターの存在の周知。担当した榎本佳世子さんは「奥まっていて場所も分かりづらい。まずは知ってもらうこと」と話す。センターの利用は0歳から18歳までが対象だが、利用者の多くは小学生以下。自分たちも使えることを知らない中学生も多いという。「待ち合わせや勉強など、自由に使える居場所があることを知ってほしい」と榎本さん。同センターの岩井智美さんは「制作を通して職員と住民、中学生などたくさんの方との交流が生まれた」といい、今後も地域と連携した取り組みを進めていきたいと展望を語った。

完成したカラフルな壁画
完成したカラフルな壁画

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

3月、若者のための文化祭

カワハル企画部

3月、若者のための文化祭 文化

学校外の発表の場を提供

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 文化

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

風呂企画で26周年『沸騰』

川崎フロンターレ

風呂企画で26周年『沸騰』 スポーツ

純烈コラボでファン層拡大

1月21日号

「働き方改善」で連携

ラ チッタデッラ

「働き方改善」で連携 社会

地域活性に向け一歩

1月21日号

惣之助の偉業、映像化

映画監督喜屋武さん

惣之助の偉業、映像化 文化

今秋公開目指す

1月14日号

芝がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

芝がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook