幸区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

今年度から幸図書館の館長を務める 小島 久和さん 東京都在住 50歳

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena

図書館を身近な存在に

 ○…幸図書館の館長就任から2カ月が経過。会議など慌ただしい日々を過ごすが「図書館としての基本を忘れず、住民の生活に自然と浸透する図書館にしたい」と意気込む。初めて図書館に勤務した幸図書館に館長として戻ってきた。「とても懐かしく感じています」。また、7年間勤務と、他に比べ一番長く勤めた思い出の場所。「当時利用していた方も何人か見かけて、地元に密着しているんだなと感じています」

 〇…大学時代に司書の資格を取得、図書館勤務を望み、川崎市役所に入庁。各区の図書館のほか、本庁では社会教育施設の整備といった業務に従事。新機能を導入して2年前にオープンした中原図書館の整備や設計などの立ち上げにも携わった。「今後は電子書籍などの普及も増えていく一方、高齢者の利用も増えるでしょう。ニーズに合わせた図書館にしていく必要がある」と常に図書館のあり方を追求する。

 〇…1964年、大田区生まれ。図書館の思い出は、子どものころ友達と遊んだり、待ち合わせ場所にしたりと、「日常生活の中に自然とあった」こと。学生時代、シェイクスピアの戯曲をほとんど読み「主役、脇役に関わらず、その時の自分と置きかえることができるから、何年たっても飽きない」と熱弁する。休日の楽しみは温泉めぐり。最初に幸図書館で勤務した仲間とは未だに交流が続き、一緒に飲食店に行くのも楽しみの一つだ。

 〇…1980年の開館以来、建物の老朽化が進み再来年にかけてメンテナンスを行う。「区民の方々に迷惑をかけず、安全でサービスの質を落とさないようにするのが私の役目」。区民にとって身近な存在でいつづける図書館像を描く。「新しい住民の方にも通っていただき、幸区の郷土愛を育めるようなイベントなどを企画していきたい」と瞳を輝かせる。「そして一人でも多く、大好きな本に巡りあってほしいですね」

幸区版の人物風土記最新6

鬼木 達(とおる)さん

今シーズン、川崎フロンターレの監督に就任した

鬼木 達(とおる)さん

川崎市在住 42歳

2月24日号

曽我 小百合さん

NFLチアリーダーのオーディション合格をめざし渡米する

曽我 小百合さん

高津区在住 34歳

2月10日号

大須賀 敦さん

「かわさきFM」の番組でメインパーソナリティを務める

大須賀 敦さん

川崎区在住 36歳

2月3日号

鈴木 隆司さん

西宮神社開門神事「福男選び」で10日、一番福を勝ち取った

鈴木 隆司さん

麻生区在住 21歳

1月27日号

庄司 佳子(よしこ)さん

日吉地区の魅力を伝える、日吉の「わッ」実行委員会の委員長を務める

庄司 佳子(よしこ)さん

南加瀬在住 64歳

1月20日号

小林 由紀子さん

幸区薬剤師会会長を約10年にわたり務める

小林 由紀子さん

戸手在住 73歳

1月13日号