幸区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

市政報告 水素社会の実現に向けた川崎水素戦略の広報と施設整備について 民主みらい川崎市議会議員団 山田ますお

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena

 第5回定例会における、一般質問より「水素社会の実現」の質疑について報告します。

 質問―本市におけるこれまでの水素戦略の取り組み経過及び、本市や千代田化工、東芝を初めとした市内各企業による取り組み状況について伺う。あわせて、燃料電池車―FCVの開発・販売状況について伺う。

 答弁―本年3月に水素社会の実現に向けた川崎水素戦略を策定し、多様な主体と連携したリーディングプロジェクトの創出、推進により、水素エネルギーの積極的な導入と利活用による未来型環境・産業都市の実現を目指し、取り組みを進めている。

 リーディングプロジェクトの一つである、海外で安価に製造した水素をトルエンと反応させ、常温常圧の状態で日本に運び、発電や産業に利用する水素ネットワークの構築は、水素社会構築技術開発事業にて、千代田化工建設が提案した有機ケミカルハイドライド法による未利用エネルギー由来水素サプライチェーン実証が本年6月に採択されたことから、まずは第1段階として、運用に必要な基盤技術の検証等を行っていく予定と伺っている。

 太陽光発電の電気で水を電気分解し、水素を製造、貯蔵し、燃料電池から電気と温水を供給する自立型エネルギー供給システム共同実証事業は、本年4月から実証運転を開始し、夏場の電力需要期の施設における効果的なピークカットに活用するとともに、災害時を想定したBCPモードによる運転の実証などを行っている。

 使用済みプラスチック由来の低炭素水素をパイプラインで輸送し、分散型発電設備となる純水素型燃料電池を活用して地域でエネルギー利用する水素の地産地消モデルの実証事業は、本年7月から取り組みを開始している。

 水素ステーションは、11月17日から川崎マリエンにて市内初の移動式水素ステーションの運用を開始した。また、今年度中に燃料電池自動車を本市に導入する予定である。

 燃料電池自動車は、トヨタ自動車が平成26年12月にMIRAIの発売を開始し、平成27年の年間販売台数は700台、平成28年には2000台、平成29年には3000台まで拡大をさせる計画となっている。また、ホンダも平成28年3月から、現在開発中の平成27年クラリティフューエルセルのリース販売を開始する予定となっている。

山田ますお

神奈川県川崎市幸区幸町3-555-4-1102

TEL:044-544-9788

http://www.ma1126.jp/

幸区版の意見広告・議会報告最新6

少子高齢化対策充実を!

平成28年第4回定例会 本会議一般質問(続き) 公明党川崎市議団レポートVOL.13

少子高齢化対策充実を!

川崎市議会議員(公明) かわの忠正

2月24日号

大規模地震での電気火災発生を抑える「感震ブレーカー」普及促進を強く要望

市政リポート

大規模地震での電気火災発生を抑える「感震ブレーカー」普及促進を強く要望

川崎市議会議員 まちづくり委員会副委員長 野田まさゆき

2月10日号

交通改善と経済活性化を!

平成28年第4回定例会 本会議一般質問(抜粋) 公明党川崎市議団レポートVOL.12

交通改善と経済活性化を!

川崎市議会議員(公明) かわの忠正

1月27日号

大型工事(大手向け)の過度な入札制度年間数億円にのぼるムダをなくせ!

市政リポート

大型工事(大手向け)の過度な入札制度年間数億円にのぼるムダをなくせ!

川崎市議会議員 まちづくり委員会副委員長 野田まさゆき

1月20日号

川崎フロンターレが目指すACLファン・チームにベストな環境を!

市政リポート

川崎フロンターレが目指すACLファン・チームにベストな環境を!

川崎市議会議員 まちづくり委員会副委員長 野田まさゆき

10月14日号

密集市街地不燃化の取り組み強化を!

見るのだ!聴くのだ!実行するのだ!! 市政リポート

密集市街地不燃化の取り組み強化を!

川崎市議会議員 野田まさゆき 自民党

7月8日号