さがみはら南区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

就任から1年を迎える南区“初”の民間企業出身校長 岡部 佳文さん 県立上鶴間高校 校長 51歳

「社会に関心を」  鶴高一新計画

 ○…昭和52年の開校以来、変わらず受け継がれている、“茶色”の制服。「鶴高といえば、それぐらいかな」−。生徒のそんな声が気にかかった。「通常、3年かかるよ」。職員会議でも強い反対の声が飛んだ。それでも、「着ているものだけが唯一の特徴である学校ではなく、もっと誇れるものを」。トレードマークさえもいったん捨て去り、ゼロから始める必要性を感じた。公募による試験を通過、南区の公立高校初の“民間出身校長”として赴任し一年。新しい制服は来月1日、お披露目になる。

 ○…福岡県出身、大学進学を機に上京した。卒業後、有名電機メーカーへ就職。「“定時は夜10時”と言われる会社でした」。営業で得意先を走り回り、午前様は当たり前。休日の出勤も多かった。その後、更なる活躍の場を求め転職、赴任直前は大日本印刷(株)に勤務した。当時の同僚からは、「無免許校長」とからかわれているそうだ。

 ○…学生時代のほとんどを、仏の音楽家レイモン・ルフェーヴルに捧げた。レコード会社公認のファンクラブの代表を務めていたほど。「興味のないことには気が進まないが、ハマるととことん」。集めに集めた知識を基に、ライナーノーツを書くなど、レコード会社からもその存在を重宝された。数年前には、とある楽曲全集にも企画者として携わった。

 ○…子どもが通っていた小中学校のPTAに携わり、教育に関心を持つようになった。生徒らと触れ合ううちに気づいたことがある。親の仕事を尋ねると、決まって返ってくる答えは「お父さんの仕事はサラリーマン」。社会に対する興味が薄いのだ。校長試験の面接では、キャリア教育の必要性をプレゼン。学校と社会とを取り結ぶ役割を期待され、昨年4月就任となった。先月には、県内初の起企業家精神育成授業も開始。ある日、ひとりの生徒が校長室の扉をノックした。「僕、起業してみたいんです」。

さがみはら南区版の人物風土記最新6件

小野寺 彩(ひかり)さん

ユニコムプラザさがみはらで展示中の作品「ゆめうつつ」を制作した

小野寺 彩(ひかり)さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

平岡 亮一さん

市歌「相模原市民の歌」に合わせ、体操をベースにしたオリジナル振付を考案した

平岡 亮一さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

英語劇ミュージカル「A〜主役は“A”」を28日に相模原南市民ホールで開催する

貞苅(さだかり) 玲(れい)さん

1月25日号

とどろきちづこさん

イラストレーターで、桜台美術館で作品の一般公開を行う

とどろきちづこさん

1月18日号

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク