さがみはら南区版

トップニュースの記事一覧

  • 初のコラボレーション

    ノジマステラ×タウンニュース

    初のコラボレーション スポーツ

    地元タッグで盛り上げ

     女子サッカー・なでしこリーグの第14節が各地で開催され、地元チームのノジマステラ神奈川相模原はセレッソ大阪堺レディースと相模原ギオンスタジアムで対戦した。試合...(続きを読む)

  • 悲願の東関東代表に

    相模女子大高吹奏楽部

    悲願の東関東代表に 教育

    東日本大会に初出場

     相模女子大学高等部の吹奏楽部が、9月15日に茨城県で行われた「第24回東関東吹奏楽コンクールB部門」(30人以内編成)へ出場し、金賞を獲得した。さらに同部とし...(続きを読む)

  • 伊勢丹 来年9月閉店へ

    伊勢丹 来年9月閉店へ 経済

    地元は驚きと惜しむ声

     長く相模大野のシンボルとして親しまれてきた伊勢丹相模原店が、来年9月30日をもって営業終了することが決定した。イベントなどを通じた地域とのつながりも強く、地元...(続きを読む)

  • 南極から「衛星授業」

    相模女子大中高新井さん

    南極から「衛星授業」 教育

    美術教諭として全国初

     第60次南極地域観測隊の夏隊に、相模女子大学中学部・高等部の芸術科美術教諭、新井啓太さん(34)が同行者として参加する。国立極地研究所が実施している「教員南極...(続きを読む)

  • 強豪来相 充実の調整

    ブラジル女子バレー

    強豪来相 充実の調整 スポーツ

    商店街訪問など交流も

     全国6都市で9月29日から始まる女子バレーボール世界選手権出場に向け、ブラジル女子バレーボール選手団が26日まで相模原市で事前キャンプを行った。同キャンプは2...(続きを読む)

  • アジア3位に貢献

    大野小6年牧原賢汰くん

    アジア3位に貢献 スポーツ

    侍ジャパンU12に選出

     台湾で8月に開催された12歳以下の選手による野球大会「第10回BFA U12アジア選手権」に日本代表として出場し、3位入賞に貢献した大野小学校6年の牧原賢汰君...(続きを読む)

  • パラスポの認知度拡大へ

    市内小学校

    パラスポの認知度拡大へ スポーツ

    五輪も視野に体験会続々

     障害がある人が行うスポーツ「パラスポーツ」の認知度拡大を目的に、相模原市では市内小学校を対象に選手を招いての車いすバスケットボールの体験会を展開している。13...(続きを読む)

  • メダル胸に笑顔で帰国

    相模女子大高伊佐風椰さん

    メダル胸に笑顔で帰国 スポーツ

    アジア大会で2つの銀

     インドネシアのジャカルタでこのほど開催された「第18回アジア競技大会2018」に日本代表として出場した相模女子大学高等部2年の伊佐風椰(いさかや)さんが、ロー...(続きを読む)

  • ジャパンカップで初優勝

    相模女子大高大野純依さん

    ジャパンカップで初優勝 スポーツ

    バトントワリング 個人

     全国のマーチングバンド・バトントワリング選手が集う「ジャパンカップ」が先月、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で行われ、高校個人バトントワリング部門...(続きを読む)

  • 4選へ 出馬を表明

    加山俊夫相模原市長

    4選へ 出馬を表明 政治

    9月議会代表質問で

     加山俊夫市長(73)は8月31日、市議会9月定例会議で、任期満了に伴い2019年4月に行われる相模原市長選挙に立候補し、4期目を目指す意向を表明した。加山市長...(続きを読む)

  • リーグ再開 優勝めざす

    ノジマステラ神奈川相模原

    リーグ再開 優勝めざす スポーツ

    9日 2位神戸と直接対決

     女子サッカー・なでしこリーグ1部は3カ月の中断を経て今週末に第10節が開催される。現在3位につける地元チーム、ノジマステラ神奈川相模原は9月9日(日)、ホーム...(続きを読む)

  • 来年は「新元号」が題字に

    相模の大凧まつり

    来年は「新元号」が題字に 文化

    一般公募は行わず

     毎年5月4日・5日に開催され、「かながわのまつり50選」にも選ばれている相模原市の伝統行事「相模の大凧まつり」。これまで大凧に書かれる題字は公募を行ってきたが...(続きを読む)

  • 危険ブロック塀の対策も

    市9月補正予算案

    危険ブロック塀の対策も 社会

    総額13億6千万円を計上

     市はこのほど、2018年度9月補正予算案を発表した。一般会計では、総額13億6千万円を計上。事業内容では相模原町田線(県道52号)の4車線化等の整備事業に向け...(続きを読む)

  • 「観客の喜びがやりがい」

    相模煙火店出頭さん夫妻

    「観客の喜びがやりがい」 文化

    地元花火師 駆けた40年

     相模原納涼花火大会が8月25日(土)に開催される。今年も約8000発の花火が打ち上がる予定で、花火の打ち上げは煙火店3社が担当する。当日の花火大会を前に、市内...(続きを読む)

  • コース決定、市内走行へ

    東京五輪ロードレース

    コース決定、市内走行へ スポーツ

    スポーツ・観光振興に期待

     2020年東京オリンピック競技大会の自転車ロードレースのコースが決定し、男女ともにその一部が相模原市内を走行することがわかった。市内が同大会の会場となる唯一の...(続きを読む)

  • 市、職員派遣し災害支援

    西日本豪雨被害

    市、職員派遣し災害支援 社会

    広島で指揮系統業務に

     西日本を中心に甚大な被害をもたらした平成30年7月豪雨(以下西日本豪雨)から今日で1カ月半ほどが経過した。死者・行方不明者あわせ230人、負傷者は388人に上...(続きを読む)

  • 市の正答率、平均を下回る

    全国学力テスト

    市の正答率、平均を下回る 教育

    一部教科では数値改善

     子どもの学力把握を目的とした「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の今年度の結果が発表された。相模原市は小学校、中学校ともにすべての調査において全国平均...(続きを読む)

  • 市民とも交流、友好深まる

    ブラジル選手団来相

    市民とも交流、友好深まる スポーツ

    「パンパシ」キャンプで成果

     東京で9日から開催される「パンパシフィック水泳選手権」への出場に向け、ブラジルの競泳選手団が8日まで相模原市で事前キャンプを実施した。市では初となる海外のトッ...(続きを読む)

  • 初の福祉活動交流会

    初の福祉活動交流会 社会

    書家・金澤翔子さんも出演

     ボランティアなどの「市民福祉活動」に対する理解促進と、活動に参加する機会づくりを目的とした「市民福祉活動交流会〜まるまるつながりプロジェクト2018〜」が、8...(続きを読む)

  • ロシアW杯に帯同

    トレーナー久保田さん

    ロシアW杯に帯同 スポーツ

    選手と共に戦った47日間

     2018FIFAワールドカップロシア(以下W杯)で熱戦を演じたサッカー日本代表に帯同し、選手の活躍を支えた「トレーナー」。その中の1人が、相模大野・東林間で接...(続きを読む)

  • 「中学生の甲子園」に初出場

    相模原BC

    「中学生の甲子園」に初出場 スポーツ

    巨人軍主催の全国大会

     読売巨人軍が主催する「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」に、市内で活動するヤング相模原ベースボールクラブ(沼田明幸会長)が初出場する。7月25日には...(続きを読む)

  • 阿波踊りの祭典、今年も

    東林間サマーわぁ!ニバル

    阿波踊りの祭典、今年も 文化

    地域で育んできた文化

     今年も「ヤットサー」の掛け声が響く、阿波踊りの季節がやってきた─。市内外の踊り手約3000人が舞う相模原夏の風物詩のひとつ「東林間サマーわぁ!ニバル...(続きを読む)

  • まぼろしの原爆映画

    まぼろしの原爆映画 社会

    31日 相模大野で上映会

     原爆投下直後の広島の惨状と被爆者らの苦悩を描いた映画「ひろしま」(関川秀雄監督・104分)の上映会が、7月31日(火)に相模女子大学グリーンホールで行われる。...(続きを読む)

  • 「共生」見つめ直す契機に

    「共生」見つめ直す契機に 社会

    市民、大学ら共同で上映会

     「この子は長く生きられない…」、てんかんと知的障がいを持ち、医者にそう宣告された「奈緒ちゃん」とその家族を撮り続けたドキュメンタリー映画『やさしくなあに〜奈緒...(続きを読む)

  • ラップで盛り上げ

    相模大野銀座商店街

    ラップで盛り上げ 社会

    市内初「熱い」動画公開

     全国的な盛り上がりを見せる「ラップ」ブームの中、ご当地ラップで商店街を活気づけようという機運が県で生まれている。区内でも相模大野銀座商店街の店主を中心に活動中...(続きを読む)

  • 「花」から生まれる交流

    相武台団地

    「花」から生まれる交流 社会

    学生と住民で苗植え

     住民の高齢化および過疎化が進む「相武台団地」活性化プロジェクトの一環として、大学との連携が進んでいる。7月4日には東京農業大学・土橋ゼミナールの学生と地域住民...(続きを読む)

  • 自転車保険 どうすれば

    7月から義務化

    自転車保険 どうすれば 社会

    加入済みの保険も要確認

     自転車の安全で適正な利用の促進を図るため、昨年末に施行された「相模原市安全に安心して自転車を利用しようよ条例」に基づき、相模原市では自転車事故に備えた保険等の...(続きを読む)

  • 「住みよい町」 進めた半世紀

    相模原市自治会連合会

    「住みよい町」 進めた半世紀 社会

    市民けん引の活動、次代へ

     相模原市自治会連合会(市連)はこのほど、創立50周年を迎える。全国的に少子高齢化による自治会加入世帯の減少が叫ばれる中、坂本堯則会長はこの節目にあたり「今後も...(続きを読む)

  • 応援ソングが誕生

    ノジマステラ神奈川相模原

    応援ソングが誕生 スポーツ

    地元アーティストが作成

     女子サッカーなでしこリーグ1部に所属するノジマステラ神奈川相模原を盛り上げようと、公認応援ソング「GO FOR IT☆ノジマステラ」が誕生した。歌うのは地元で...(続きを読む)

  • 男女揃って全国へ

    光明相模原ソフトボール部

    男女揃って全国へ スポーツ

    アベック優勝は同校初

     インターハイの予選を兼ねた「平成30年度神奈川県高等学校総合体育大会ソフトボール競技」の決勝戦が、男女とも6月17日に小田原酒匂川スポーツ広場で行われ、光明学...(続きを読む)

横浜商科大学高等学校

学校説明会10月20日(土)・11月23日(金)・12月1日(土)、予約不要

http://www.shodai-h.ed.jp/

日曜日でも健康診断ができます

相模大野駅徒歩3分 ヘルス・サイエンス・センター

http://hscsagami.or.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク