さがみはら南区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

元サッカー日本代表で、現在SC相模原でストライカーとして活躍する 高原直泰(なおひろ)さん 都内在住 35歳

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

世界知る稀代の点取り屋

 ○…2000年アジア杯ベストイレブン、2002年Jリーグ最優秀選手・最年少得点王―。輝かしい実績を持つ元日本代表FWは今年、新天地にSC相模原を選んだ。移籍後初先発となった秋田戦では早速ゴールを決め、ファンの期待に応えてみせた。ここまで、チーム最多タイの得点数を記録。世界を知る天性のストライカーは、得点力不足に悩まされていたチームをゴールという最高の結果で力強くけん引している。

 ○…静岡県出身。物心ついた頃からサッカーを始め、各年代の日本代表に選出されると、1998年にジュビロ磐田に入団。実力が認められ、アルゼンチンやドイツリーグへ移籍した。日本に復帰後、数クラブを転籍し、昨年は東京ヴェルディに所属。チーム最多の得点を挙げるも、チーム事情により今年は出場機会が激減。活躍の場を求め新天地を模索していた最中、かつての日本代表のチームメートである望月重良氏(現SC相模原代表)から声が掛かった。「ウチのチームの力になってくれ」。試合に出場できない現状を打破したいと、迷わず移籍を決断した。

 ○…今年35歳を迎えたベテランは、クラブを渡り歩くとともに様々な街の姿を目にしてきた。現在は都内在住。今回の移籍を契機に、初めて訪れた相模原は「大きい町だなと感じました。落ち着いていて、居心地は良いですよ」。基本的には練習場と自宅を行き来する毎日だが、練習後には座間市内の温泉施設で日々の疲れを癒すことも。「相模原には、お気に入りの洋食屋もありますよ」とほほ笑む。

 ○…今年設立したばかりのJ3リーグへの移籍。自前の練習場やクラブハウスを持たないチームでの挑戦。こうした状況下にも「環境は苦にしない。自分のやるべきことは変わらないから」と意に介さない。これまで同様、こだわるのは得点の二文字。世界を知る稀代の点取り屋がゴールを量産した先には、「優勝」の二文字がはっきりと見えてくる。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

杉山 信義さん

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める

杉山 信義さん

中央区相模原在住 74歳

5月5日号

金子 光史(みつし)さん

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する

金子 光史(みつし)さん

古淵在住

4月28日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook