さがみはら南区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

相模原演劇鑑賞会の会長を務める 馬渡(まわたり)憲三郎(けんざぶろう)さん 麻溝台在住 75歳

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena

「文化の成熟」に思い馳せ

 ○…年5回ほど行われる定例観劇会の前後に、自身が講師となり「演劇と文学の関わり」について解説する公演関連イベントを開いている。「芝居の原作について考えるという感じ。同じ題材でも言語芸術と芝居とでは、スポットの当て方も違う。皆で考えて、観て、語り合うこと。それが文化になっていくのだと思う」と意義を語る。

 〇…政令指定都市となった相模原市。様ざまな面で他自治体の指標となっていかなくてはならない。だが、文化においては「未成熟」と憂える。文化会館など芸術を享受する環境はあるが、市民が参加し、発信していく土壌がない。そういった意味では、演者の選定から会場設営まで皆で手がける演劇鑑賞会の活動は「文化の手作り」であると自負する。「ジムで運動もいいけど、心の健康も考えないと。精神は自分で努力をしないと鍛えられないものだから」

 〇…佐賀県生まれ。小学1年生の8月15日、玉音放送を聞いた。その日を境に、日本の教育は変わった。今まで使っていた教科書は「黒塗り」になった。違和感を覚えた。「納得がいかなかった。何が本当で何を信じられるのか。自分で考えるしかない」。物事を額面通りに受け取ることへの抵抗を、少年ながらにも感じた。

 ○…多忙な「年金受給者」だ。日本の近現代文学を専門に執筆活動に勤しむ文士であり、現代詩を書くサークルの講師でもある。また書道関係誌で文学者の筆跡を鑑賞し、活字には表れない筆者の心境や思考を読み取り論述。さらに日本ペンクラブ会員の顔も持つ。息抜きは散歩。毎日7、8千歩は歩く。近所の公園で井戸端会議にも興じる。「高齢者は会話を求めている。老人の居場所がない」と、身の回りの事象に必ず自身の意見を述べ、社会の歪みを指摘する。「本当のことを言って死んでいきたい」。何事も自分のことのように考え、正しいと思ったことをする。それが信念だ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

永野 昴(すばる)さん

日本のトッププロが集うボウリング公式戦3大会を連続優勝した

永野 昴(すばる)さん

中央区在住 36歳

1月21日号

永保 固紀(もとのり)さん

2020年度市民文化表彰を受賞した

永保 固紀(もとのり)さん

中央区水郷田名在住 77歳

1月14日号

飯塚 侑さん

1月1日付で公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の新理事長に就任した

飯塚 侑さん

緑区大島在住 36歳

1月7日号

秋山 太郎さん

4人組お笑いユニット「ガーリィレコードチャンネル」として活動する

秋山 太郎さん

南区相模台出身 28歳

1月1日号

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

ボランティアで培った歌唱を動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信する

でえぬのよすこさん(本名:米田好子)

相模大野在住 79歳

12月10日号

大野 幸治さん

このたび相模原市少年鼓笛バンド連盟の会長に就任した

大野 幸治さん

旭町在住 49歳

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク