さがみはら南区版 掲載号:2014年12月25日号 エリアトップへ

上鶴間高校の地域貢献型アイドル「フレア」のリーダーを務める 森野真由(まゆ)さん 南区南台在住 16歳

掲載号:2014年12月25日号

  • LINE
  • hatena

好きなことしてボランティアも

 ○…3代目となるアイドルユニット4人のまとめ役。「リーダーって何?」と頭を抱えながらも、「やるときはやる、頑張り屋さん。責任感が強い」(岡部佳文(よしふみ)校長)と、その仕事を全うしている。昨年冬のイベントでは腰を骨折しながらも痛み止め注射をうち、コルセット姿でステージに立った。「好きなことをやって、ボランティアもできるからいいかな」。ユニットは振り込め詐欺の防止を呼び掛けるオリジナルソングなどを、踊って歌っている。

 ○…父親からフレアの存在を聞き、上鶴間高校に興味を持った。しかし、他に志望校があり比べると後者の方が勝っていた。それでもフレアのメンバーになりたく、最終的には鶴高を選んだ。現在アイドルとして、リーダーとして何より心がけているのは「言葉づかい」。悩みは苦手な運動。踊り(振付)は「覚えるのが一番遅い」そう。好物はいちごと枝豆。「太らない」との噂を聞き、弁当に枝豆だけを持っていったこともある。

 ○…中学生の一時期、学校に通いたくない期間があった。母親が付き添うも、門をくぐれない。ある日、打ち解けられないでいた同級生に話しかけてみると、意外にやさしく、「話題は合わなかったけど楽しかった」。心が開け、笑顔が戻った。ユニットでは作詞も担当する。当時のつらい思い出は、「あなたのみかた」という曲で表現されている。

 ○…クラスでは目立たない存在で、「フレアであることは知らないんじゃないかな」とか。父親はステージのたびに応援に駆け付ける。「皆勤賞ですね」。撮影した映像を見ながら自宅で弟と反省会。「笑っていないじゃない」「なんで○○ちゃんみたいに踊れないの?」と厳しく指摘されるそうだ。「来年はうまく勉強と両立したい」。夢は女優。「ダメだったらピアニストかスケート選手と、小学校の卒アルに書いていました」と苦笑い。ステージにあがれば、カメラをむければ、もうすっかり一人前のアイドルだ。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

緑区下九沢在住 38歳

1月13日号

古見 葵さん

「相模原市はたちのつどい」南区実行委員会の委員長を務める

古見 葵さん

西大沼在住 20歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

大谷 喜一郎さん

相模原市みどりの少年団・大野中地区の団長を務める

大谷 喜一郎さん

鵜野森在住 72歳

11月25日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

相模大野在住 49歳

11月4日号

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月23日0:00更新

  • 12月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook