さがみはら南区版 掲載号:2015年3月26日号 エリアトップへ

女子美術大学(南区麻溝台)教授で、このほど『静穏の書: 白い街、リスボンへ』(彩流社)を上梓した 杉田 敦さん 大田区在住 57歳

掲載号:2015年3月26日号

  • LINE
  • hatena

創造に求められる大切なこと

 〇…例えばオノ・ヨーコの『天井の絵』。これを創るためには絵を描く必要も、あるいは脚立を作る必要もない。創作に求められるのは「YES」の大切さに気が付くセンス。それを組み立てるのは、絵の技術ではない。このような芸術の理論と実践の必要性を訴え続ける。「芸術=絵」という考え方が浸透しているこの日本では、大学の教員に説明するのさえ難しいそうだ。

 〇…函館生まれの岐阜育ち。高校の時から物理と数学が好きで、名古屋大学理学部物理学科へ進学。物理は「世界の仕組みがわかる」ので興味があったそう。また、「文章を書きたい」という欲求も強かった。尊敬するドイツ文学者、種村季弘(すえひろ)の著作は「全てに驚きがあった」。卒業後、画像解析の研究を経て、フリーの編集者へ。「30歳で本を出したい」との目標に向かい、現代思想関連の論文を書きためた。そして『メカノ』(青弓社)を発表。科学と芸術の両方を見つめた本がきっかけとなり、徐々にアートの道へ進んでいく。

 〇…ポルトガル、なかでも首都のリスボンは、とても好きな場所で20年以上、毎年訪れている。「行くと『帰った』感じがする」。映画『白い町で』(1983年)からの影響が大きい。現地の文化に関する本を出すなどして、「叙勲していただいた」こともあるとか。新著は、そんなリスボンの写真集だ。

 〇…「街が抱えるネガティブな要素は、そのときそこでは人々をつなぎとめる重要な役割を果たすことだろう」(本紙2010年7月22日号、杉田敦『語りあう街へ』より)。「そこ」とは(当時相模大野の)再開発のフリンジ(へり)にある小さなコミュニティのような場所。今もよく南口の立ち飲み屋に足を運ぶ。ギャラリーを営む妻と二人暮らし。趣味はサッカーで、チーム名を「クース(古酒)」とするほどお酒好き。都内の角打ちや、朝から飲める店にも詳しい。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook