さがみはら南区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

10月に開催された「2015わかやま国体」空手道競技女子個人で優勝した 出町(でまち) さくらさん 光明学園相模原高等学校 17歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

「五輪で金」夢へ一歩

 ○…1試合2分。突き、蹴りなどで得点を稼ぐ空手競技で、得意とする「攻撃型」の勝負展開が見事にはまった。「その日起きた時から勝つイメージしかなくて。今思えば会場に入る前に決まっていたのかも」。言葉通り、圧倒的な点差をつけ順調に勝ち進み、決勝でも大差で国体優勝。全国の頂点に立ったのはこれが初めてだった。「自分の目指している試合が出来てきている。あらゆる経験をさせてくださる先生方に感謝しています」

 ○…青森県生まれ。3人兄弟の末っ子、人見知りな少女だった。7つ離れた一番上の兄の通う道場へ、付き添いの母についていく日々。師範には度々「やってみないか」と誘われたが、いつものように断っていた。その日も首を横に振り自宅へと戻ったが、口をついて出た言葉は「明日やるから。道着を用意しておいて」。何故そう口にしたのか今でも謎だと笑う。そしてあくる日から空手に没頭する人生が始まった。「弱気になったら許さない」という厳しい師範の下、中学を卒業するまで道場では精神面を鍛えてもらった。

 ○…高校進学で光明学園へ。青森出身で同じ道場に通っていた女性の先輩が進んだ道を、同じように辿る形になった。空手部のメンバーと過ごす寮生活は、食事や掃除、洗濯も当番制。寝食共にする仲間と夜な夜な励む自主練はもう日課となっている。

 ○…「勇気をもらった。自分も頑張ろうと思った」。全国優勝を受けたくさんの声が届いた。「自分の試合で人を笑顔にできるんだなって」。一心に続けてきた空手の新しい喜びを見出した。来月には世界大会。そして来年夏、高校生活の総仕上げとしてインターハイ優勝をめざす。さらにその先は「東京五輪で金メダル」と笑顔で即答だった。「でも種目(候補)になったの最近なんですね」と苦笑い。選手として成熟するであろう2020年夏、きっと日本中を笑顔にしてくれるはず。

住まいの大相談会

5/18・19 相模大野ステーションスクエア3Fアトリウム広場

https://www.odakyu-chukai.com/branch/sagamiono/

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

高木 琢也さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督を務める

高木 琢也さん

東京都在住 53歳

8月26日号

安田 純子(すみこ)さん

相模原法人会女性部会の部会長に就任した

安田 純子(すみこ)さん

南台在住 68歳

8月19日号

田中 和亜(かずあ)さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

田中 和亜(かずあ)さん

中央区陽光台在住 48歳

8月12日号

佐々木 春美さん

今年4月から市立博物館の館長を務めている

佐々木 春美さん

中央区在住 57歳

8月5日号

笹野 章央さん

社会福祉法人 相模原市社会福祉協議会の会長となった

笹野 章央さん

緑区下九沢在住 63歳

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook